71.png

72.png

73.png

74.png

-----

どうも、副鼻腔炎が爆発した話第14話です!


手術後3日目、なぜか部屋が移動になり、おじいちゃんたちに囲まれた部屋(第9話参照)から、おじさんたちに囲まれた部屋に移ってきました。

まだ働いている世代の人たちなので、早く帰りたいけど体調的になかなか戻れない…ともどかしい気持ちが垣間見えることが多々ありました。(キリンさんは倒れて担ぎこまれたばっかりだったみたいなので比較的日は浅いみたいでした)


次回は手術後4日目、いよいよ退院までもうすぐです!


前回の話

66.png

67.png

68.png

69.png

70.png


-----

どうも、副鼻腔炎が爆発した話第13話です。


手術が終わって次の日です。

お腹ぐうぐう鳴らしながら寝て、ついに待望の朝ごはんです。

手術前にいただいたものよりだいぶ質素。。

お腹の調子を考慮したものだとは思いますが、かなり味気ない。。

というわけでこの後おやつを買いに行きましたw


手術の後はとにかく安静に体力を回復しなきゃいけないので寝てるのをオススメされるんですが、ご飯の時間以外は看護師さんが点滴を取り換えに来てくれるくらいなので、かなりヒマなんですよね。

とにかく空いた時間はYouTube三昧でしたw(格安SIMにしといてよかった!)


朝の診察開始前にお医者さんが調子を確認しに来るんですが、私を担当している耳鼻科の先生は

普段子供の患者が多いからか子供を相手にするみたいな話し方で、まぁそれは別に何とも思わないんですが、同じ部屋に入院しているおじいちゃんたちの担当の脳外科の先生は、早口で勝手にボケて自分で笑っているというなかなか変な感じでしたねwそのボケもちょっとハラスメントすれすれなこともあり…ちょっとアブナイ感じでした。。


もうすぐ退院を迎えそうな次回、お楽しみに。ではまた。

次回の話
前回の話


61.png

62.png

63.png

64.png

65.png

-----

はい、副鼻腔炎が爆発した話第12話です。


手術の痛みは思っていたよりも感じなく、それよりも鼻呼吸ができないわずらわしさや点滴などのチューブが繋がってる邪魔臭さがイヤでしたね~。。

意識的には全身麻酔が解けているものの、内臓が本調子でないというか微妙なコンディションで、元々予定してあったとはいえ絶食継続もしょうがないんだろうなぁと思いました。空腹紛らしにちびちびスポーツ飲料を流し込んでいた感じです。(たぶん栄養的には点滴バンバン入れられてたので足りてるんでしょう)


そんな本調子でない状態のところに家族がお見舞いに来てくれました。晩御飯をがっつり食べる子供たちを微妙な顔で見つめていた私でした。。


では次回、術後1日目のお話です。

次回の話
前回の話

↑このページのトップへ