RIN

月別アーカイブ / 2020年02月


はざま!

ここずっとバタバタ…!
りんです!

近状について残しておこうと思う








2020.02.21
イオンモール高知定期公演
はや、第31回!
私にとってかなり特別な場所、
イオンモール高知…

私が転勤から帰ってきてまもなく
改めて高知での仕事を始めたときに
目標の一つでもあった場所

商業施設でのイベントは
なかなか難しく、厳しいんです

お店側からも許可頂かなくちゃいけないし

そもそも、企画を持ち込むところから
普通ははねられるから
当時は本当に夢のまた夢…って
感じでした

でもある時、きっかけがあって
お話することができ、定期イベントすることが
とんとんと決まって
そして、今に至ります

イオンでのイベントは
色々と決まり事があって
皆さんのお力をお借りしないと
ライブすらできんので
そういった意味でもやっぱり私の中では
本当に特別な場所なんです

今、イオンモール高知は
春からパワーアップするため
各所を工事しています

その関係でもしかしたら
3月はできんかも!と言われていました
でも私たちが解散、ラストの定期公演と
いうことでお気遣いから
3月もぜひと言っていただき開催決定

その時はほんと、
胸がいっぱいでした

32回目も滞りなく
みんなと迎えたいと思っています
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2253.HEIC






  



2020.02.22
たびひろ定期公演

こちらの定期公演も
もう、ラストやね
まだ9回しかやってないのに
なんだか、ずっと、あの場所にいたような
ホームのような暖かさがあるたびひろ

たびひろもひょんなことから
定期公演させていただくことが決まって
たびひろをきっかけに様々なイベントや
お祭りにも使っていただけるようになって

スタッフさんも、いつも、りんちゃん♪って
声かけてくれて、手伝ってくれて
あったかい場所やったな
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2274.JPG










2020.02.24
プチみんなの会
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2345.HEIC
写真におさまってない人もおるけど笑
ガヤガヤ盛り上がって
笑顔溢れる、そんな1日
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2359.JPG
RAMUちゃん
出会ったころからポテンシャル高くって
お互いが現役バリバリのときは
たぶんお互いがライバルだったと思う笑
伝えたことないけど笑

ラムちゃんが引退するとき
先にいくなよ!!!ってめっちゃ思った
寂しくて悔しくてめちゃくちゃ泣いた

またこうして一緒にステージを作れたのは
ほんま、奇跡でね笑
遠いところ、ありがとう!


MEGUこと白川夢華ちゃん
ONEだったころは、いつもあたふたしてて
ほっとけない子だった笑
ダンスも歌も最初はうまくいかなくて
よく泣いてたね

そんなメグちゃんが今では1人で
ステージ立って、新たな夢に向かって
走っているとは…!!
想像してなかったなぁ…笑

忙しい中、駆けつけてくれて
ほんま、ありがとね










魔苦選手も来てくださいました!
変わらずエクスタシィ全開のトークで
ほんま、笑いがたえんかった笑
男子のほうが若干引いてたwwww
ついてきてwwww

お忙しい中、ありがとうございました!
大阪の試合、頑張ってください💜







ステージでは
りんズファミリーの余興
ヤラナイカから始まり

ラム&メグを迎えて
We are the ONE を披露

魔苦選手との下世話なトークショー笑

そして最後に
蒼い鳥と光速⭐︎Driveを披露

蒼い鳥は、アイドルマスター(アニメ)の
如月千早のキャラソンながやけど
前回の大人の会での特典ボイス、
蒼い鳥の続編というイメージでした!

ボイス台本のほうで、鳥は
自分の知らない世界を知って飛び込むんだよね
でも長い時の中で
閉鎖された鳥籠から見える景色が
うらやましくなってしまうの

それで籠から飛び立つ、という内容でした

その鳥がなぜ飛んだのか、
飛んでどこにいったのか、
そんなイメージで選曲しました笑

今は、前しか見てないよ、と
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2262.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2241.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2210.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1784.JPG
蒼い鳥
自由と孤独 2つの翼で
あの天へ私は飛ぶ はるかな夢へと
この翼もがれて 生きてゆけない私だから
iIYY4Vwh1N.JPG





私しか知らないことがあって
私しか見えないものがあるけど
それを他人にあえて見せることは
私の美学ではない。

どうも、こんばんわ、りんです。

年が明け、なんやかんやとしているうちに
ワンマンライブが終わり、
暦は春に向かっております。










2020.01.25
HONOKA生誕&りりワンマン
どうでしたか???
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1964.HEIC
ほのの頑張りはすごいなと感じた日でもあり
嬉しく、悔しい日でもありました

昔、ライブしたあと、失敗や後悔をして
泣けるうちはまだ大丈夫。
それだけかけてきたという証明。
でも何も感じなくなったら終わりだよ。
という話を聞いたことがあります。

昔は事あるごとによく泣いていたけど
いつのまにか泣かなくなっていました。

でも、りりのワンマンの日は
実は途中で悔しくって
こっそり泣きました笑
ライブは続いている中
トイレで密かに笑

悔しくて苦しくて、やっぱり自分は
歌は無理なんじゃないかなとか
歌うことが怖くて
情けない自分に腹が立って
どう処理していいのかわからない気持ちに
一生懸命蓋をしました

でも、帰るとき、ふと思い出したんです。
泣けるということはこのライブは
私の中ですごく大切だったし
想いが強かったんだって。

頑張るしか、やるしか、道はない。









2020.01.26
ドナシャ!!

前の日にうまくいかなくて
歌に対してさらに苦手意識が
ついてしまった次の日…笑

トークショーは自分の得意分野
客層読んで、空気みて、
私自身もすっごく楽しかった!

この日は一曲弾き語りで
コラボがありまして
ギターに合わせて「会いたかった」を披露

リハの時、まったく出来なくて
やばい!しかなかった

本番、下手やから、みんなも一緒に歌って!
って言ったらお客さんが笑ってくれて
うんうん、って

私のこと初めて知るお客さんが多い中
一緒に会いたかった〜!って
歌い出してくれて
ああ、これ、まぢ、盛り上げなきゃ!
ってスイッチが入って
なんとか、なんとか終えました

空気的には穏やかな空気だったので
本当に救われました。










2020.02.01
とっきーナイト

アニメイベントまぢ久しぶり
この日はアニソン希望ということで
みんなが知ってて盛り上がる曲をセレクト
ただ、自分の空気にするために
恋のミクル伝説を一発目に…

勢いで自分のスイッチ入れないと
たぶんオワルやつだった笑
だからミスしないように!ってことで
カンペも用意してあったのに
楽しすぎて見るのも忘れて笑

まぁ、ちょこっと歌えなかった部分も
あったけどあったかい会場のお陰で
私の懐もあったかかったです。

明日、まぢ大丈夫かなぁ…という
不安がよぎりましたが…









2020.02.02
田中優香復活祭

私にしか見えないものがある

スタートは新しい物語だから
みんなに、みーんなが、
新たな気持ちで進んでほしくて

ソロのお話を頂いたとき
それを伝えたいと思いました

後ろ向きな人や
不安な人に、大丈夫って
空は許してくれるって

私はそう言ってると思うんです。
あくまで、私は、だけど。

それを伝えるために
【約束】という歌を歌いました。

いつも歌は音程を出来るだけ外さない
テンポくずさない、とかとか
基本を重視しているのだけれど笑

この日はもう、気持ちを!とにかく私の気持ちを
届けたくて!伝えたくて!
思い切り歌う、が目標でした。

色んな気持ちがあるなか歌い続けると
決めた優香ちゃんと
それを支える愛の和さんを応援したい
それと、
私もちょー苦手な歌を歌うことを
約束する歌

夢を叶えるって

約束をみんなでするよって
ソラに届けたくて
届けたソラはきっと笑ってるんだよって
みんなに教えたくって

約束の歌やのに
すごく、すごく苦しかった

進むというだけで勇気がいるね
でも約束したからね、
もういやや!と思った歌を
もう少し歌おうかなって思ったよ、わたし。











メンバーの中でも
あと、ライブ何回かなーとか
そんな話が上がります。

あと、いくつ、みんなのやりたいことを
叶えてあげられるかなー…
あと、何回、りんさーん!って
呼ばれるんだろう

あと何回笑顔と会えるかなー

笑顔が涙になっちゃうかなー

その時は思い切り、私を呪って!笑









あと、何回、みんなの名前呼べるかなー



  






泣くな




笑え






選んだのは自分だし!









恨まれる覚悟で
決めたことを忘れるな

しゃんとしろ、胸をはれ!











誇りであることは間違いないのだから


↑このページのトップへ