こんにちはお久しぶりです、ロジエの松本です。





ここ最近の近況なんかをだらーっと
書いていきたいと思います。




今年に入ってから本をたくさん読んだり、
YouTubeを始めてみたり






今仕事をしていて、自分に足りないと、思うものを
勉強して、アウトプットしています。



で、どんなときでも1番大事だなと思うのが
自己肯定感だなー

と改めて思っていて
不思議なのが、今こうやって休みの日に
仕事のブログ(といってもブログはゆるくやってるけど)
をやるなんて少し前の自分なら絶対
できなかったしやりたくなかった。
出来ないことで習得したいことは
本で知識を得て学ぼう!なんて思わなかった。



今もずーっとゲームしていたいし、ゴロゴロしたいけど、それって結局未来に不安になるものを
蓋してるだけなので、
結局後で返ってくるんですよね。
そんな怠惰な気持ちと闘いながら
作業に取り組んだりしているんだけど
本を読むの何かは本当に
趣味の一環になっています。
知らないことを知るというのは
とても楽しいです。

そんなことが習慣化してきたと考えたら
もっと自分を褒めてもいいのかなと思います。


今の自分はいわゆる「売れている美容師」とは
数字を見ると言えません。
まだまだひよっこです。

でもだからって「おれはダメなんだ…なんて仕事が出来ないんだ…」とか悲観する意味って
全く無いし、そもそもそれって比較対象を
同職のすごく成功している人に
しちゃってるんですよね。


もちろん「あの人みたいなカリスマになってやる!!」みたいなポジティブな目標にするのはいいと思うけど、比較して落ち込むのはまじで意味ないですよね。


これやってる人多いんだけど
これやるとマジで上には上がいるから
ずっと辛くなると思います。




だからベタな言葉で恥ずかしいけど

「過去の自分より良くなってるかどうか」

でしか無いと思う。


大人になればなるほど、わかってくるけど
歳を重ねて経験を積んだからって
単純にレベルアップって全然していかない。

0って事はないだろうけど
自分が価値のある人になりたいなら
やっぱり時間をうまく使って自分を
+10にも+50にも
していかなきゃいけない。



当たり前なんだけど、これを磨いていこう!
これを学ぼう!って思わないと
レベルアップは全然しない。


はぐれメタルがいる場所に足を運んで
はぐれメタルが出るまでその場所をうろついて
やっと出会って、そこから倒すってところまで
いかないと経験値はもらえないんです。



人生はドラクエですね。←






前の自分と比べて出来るようになったことが
増えていればそれは成長だと思うので、
自分を認めていきながら、これから
もっとがんばっていきたいなと思いましたので
ここに決意表明させていただきます。



はー
早く帰ってエーペックスやりてえ。

(マックでいまこれ書いてます。)







最近改めて思うけど



snsって基本
自分の事を興味持ってくれてる人
しか見ない。

しかもその興味の度合いも差があって

インスタの投稿だけ見る人と
たまーに気になって投稿見る人と
ブログまで読んでくれて動画まで見てくれている
人とか
本当に人それぞれ。




自分も含めてsnsでそんなに
影響力が無いような人って
人目を気にしすぎだなーと投稿を見ながら思う。


気にならない人間からしたら
わからない感覚なのかもしれないけど
僕も人目が気になっちゃうタイプ。

だいぶ克服したけど
やっぱりなかなか完全に消えるものじゃない。




でも毎月髪切りに来てくれてインスタでもフォローしてくれていてっていうお客様でも
全部の投稿見てるわけじゃないし、
ましてやブログも、見てるわけでもない。

(もちろん見てるって言ってくれる人はいるけど)


正直たまに「何でこの人こんなに仲良いのに見てないの?」なんて
痛い事を思っちゃうこともある。笑



まあこれに関してはシンプルに
自分の投稿が面白くないから。
これに尽きると思う。


この講習で
ぼくは奇跡的にゆうこすさんに
自分のインスタを添削してもらい
何とフォローまでしてもらったのだが
インスタのストーリーの閲覧履歴
にゆうこすが乗ったことは一度もない。


そりゃもちろんゆうこすって
たくさんの人フォローしてるし
一般ピープルのお前には
無理でしょ!
って思うかもしれないけど
可能性は諦めたくない。

自分がいいものを作って反響があったりすれば
見てもらえる可能性は、大いにある。

フォローしてもらってる時点で
少なくともされてない人よりはチャンスはあるはず。





ちょっと話がそれました。






まあ、だから本当に
無駄に人目とか、気にする必要無いし、
人目に晒される以上
完璧に仕上げなきゃってついつい思うけど
そこまで気にしてるのって自分だけ。

他の人は気になっても
軽く心の中でツッコミを入れて終わりだと思う。






それに気づくと楽に生きれる

そんなことをふと思いました。



GGlY9ktFwB.jpg

色々と思うところがあり書きたくなりました。
タイトルの通り二つ上の先輩、阿部さんが
本日をもってロジエを去ることになりました。





阿部さんは山形に実家があり
お母さんが美容師をしています。
そのお母さんが腰を痛めて
実家の美容室のお手伝いをすることになったそうです。



ことが事なので仕方ないというか
止めようもないことなので
受け入れるしかありませんでした。



まだ実感が全く湧かないのですが、
色々と思うところはあります。



僕が入社してから約5年
ずっと一緒に仕事してきました。
うちのお店は人数が少なく、僕を含めて
美容師が4人+フロントさんという感じで
阿部さんの上に来る先輩は10年近く上の
店長、オーナーといった感じです。


オーナーも店長も、手のかかる僕みたいな
美容師を指導してくれていて、
もちろん大変お世話になっていて
感謝しているのですが、
既に売り上げもいわゆる
人気美容師と言われるほどの
結果を残しているので
少し遠い存在なのです。



ですが阿部さんは
カットモデルをやったりして
スタイリストになる瞬間を見ていて
僕のカラーモデルのお客様をまだ自分が切れない時に切ってもらったり
つい先日も2人一緒に昇格があり
2つ先輩の阿部さんに
これを言うのはもしかしたら
失礼なのかもしれませんが
「一緒に戦ってきた」って感覚が
すごく強いんですよね。


美容師って本当に今、戦国時代で、
お店を開けてればお客様が来るなんてことは
到底ありえませんし、
日々どうやったらお客様に来てもらえるか
満足してもらえるのかを
スタッフ全員で考えてやってきて
阿部さんも僕も天性のカリスマ性みたいなもののは正直無くて、それでもちょっとずつ
ちょっとずつ地道な努力で結果が出てきて、
辞めていくスタッフもたくさんいて
その中でもぼくらだけ残って
そんな過程があったから
共に戦ってきたなって感覚が強いんです。


よく2人で残って練習しているときなどに
お店のことについて話し合ったりして
一番本音を言い合ったと思っています。





阿部さんのすごいところは
阿部さん本人はそこまで
自覚は無いと思うのですが、
変に先輩ぶったりせず、
わからないことは後輩の僕にでもすぐ聞いたり、僕の意見もしっかり聞いてくれたり
学べるところは学ぶ、
そんな姿勢をすごく尊敬してました。







最終出勤日の今日は予約をしていないお客様が
(阿部さんの担当じゃないお客様も)
最後にと阿部さんに挨拶をしに来てくれていて
本当にたくさんのお客様に
愛されていてすごいなと思いました。


それと同時に自分が辞めるとなったら
こんなに会いに来てくれる
お客様はいるのだろうか。
そんなことを考えていたら
そんな自信はあまり無かったです。

正直少し妬いてしまいました。笑

それだけたくさんの人から
電話や会いに来たりとここ数日凄かったのです。



てゆーかこんな時にも
そんな自分のことばっか考えてる自分にも
少し呆れました…笑




小さいな、人間としてまだまだです。


 



でも
阿部さんのお客様を引き継ぎで
担当もさせて頂くので
僕もやっぱりそんな風に愛される美容師になりたいなと思いました。



阿部さんは直接すごく指導してくれたりすりタイプでは無かったのですが
その背中から学ぶことはたくさんありました。




これからも共に頑張っていきたいですね!
本当にありがとうございました。



↑このページのトップへ