月別アーカイブ / 2017年01月

今私は福岡でNBIのチームトレーナー&所属モデルの福井千聖さんとNBI ACADENY寮で一緒に生活しています。

食事は基本的にNBI FOOD ACADEMYの
山縣トレーナーが作ってくれますが、
山縣トレーナー指導のもと皆が作れるように勉強しています。

日々クリエイトされ増えて行く山縣さんのレパートリーに圧倒されつつ知識と経験に基づいた指導を受けているんです。

食材の栄養価を損なわない調理法や、組み合わせによってお互いの栄養素を吸収し易い食材の合わせ方、
サラダ🥗がモグモグ食べれる手作りドレッシング…などなど毎日の食事が楽しみになるお料理を勉強中です✨

私の体はここでの生活を始めた11ヵ月前からメキメキと変わり出し、腹筋は割れ、毎日美味しいものをお腹いっぱい食べながら
ずっと悩んでいた数々の体や内臓の悩みがすっかりなくなり健康を手に入れることができました。

毎日のトレーニングのせいで毎朝目覚めると筋肉痛だが、筋肉痛には筋肉痛をかぶせると治る、いや、どんどん体が強くなっていくと言われ、動きを見て怪我しそうな恐れがあれば言うから、とにかく体力をつけるため、正しい体幹の強さを手に入れるまでとにかくオールアウトを毎日続けること、と北川さんから指導受けて
日々をかれこれずっとトレーニングし続けても疲労が溜まることはない。

これも山縣飯のお陰。

で、
今日は私が作りました。
色鮮やかにブロッコリーの茎まで入れたヒジキ煮に、サラダ、蒸し鶏とほうれん草のネギニラダレがけ、ラー油がアクセント✨。
あとチゲ風味噌汁。

今日は福岡は朝から雪が降り寒かったので、ピリ辛にしました。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8763.JPG

NBIチームの毎日の野菜摂取量はすごいですよ。
こんなに野菜や海藻を食べるようになったのは人生で初めて。

そしてこんなに肌のツヤが良くなって
自分の肌を触ると気持ち良くなったのも
初めて。
水もよく飲んでます。
あと、発酵食品めちゃ食べます。
納豆めちゃ食べます。

朝からすごい食べます。
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8499.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8474.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8214.JPG全部朝ごはんの写真です。
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8502.JPGポヨポヨお腹に筋肉が浮いてきました。
無添加で、自然治癒力を最大限高める食事のパワーすごいです。




_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8705.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8647.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8654.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8656.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8616.JPG
ブログ再開しました。

LINEブログ見易くて、毎日書き綴り易そうで。
はじめました。

週末は雪の中北陸にジュニア指導に行ってきました。コートは室内でした。

所属先の北日本物産テニス教室🎾校長を務めさせていただいてます。
怪我してた一昨年は月2回ほど行けましたが
去年は大会復帰し始めて
私が行ける回数は減ってしまいました。

土曜日は富山県強化ジュニアメンバー、
日曜は石川県強化ジュニアメンバー。

教え始めた一昨年は自分の経験と自分が教えてもらってた方法を伝える感じを
情熱と勢いで伝えよう頑張ってたけど、

去年からNBIで毎日勉強してることを基に
まず、ジュニア達が自分自身でどんな
動きをしてるか認識してもらうことの大切さ
を伝えたり、
体の正しい使い方、それを強化するための
体幹トレ指導や、
動画で見せたり、私との動きの違いは体のどんな能力の違いから来てるのか、
また事前にどんな情報が入っているから準備や予測できるのかを
子供達に論理的に伝えられる能力がアップしてからは子供達への響き方が明らかに良くなった。
子供達がもっと知りたいって意欲的な目に変わるのを、毎回感じられる。
感動。自分ができるようになるより嬉しい。

子供達を伸ばせるのは周りの人間と環境だ。

教えることができれば、
確実に誰でも相当伸びる。
現時点で目標は北信越で優勝!って言って
くれた子も
もっと全然上を目指せる。

って指導してる動画を
全部撮ってるんだけど、それを指導してもらってる北川トレーナーに見せたら、
この子達すぐプロと打てるようになれますね。って。
本当に私もそう思う。
北川さんは子どものが体も脳も素直だから
プロより直ぐ伸びるっていつも言う。
私はそれを悔しいって嫉妬心持ちながらも
伸びやかなジュニアに負けないぞ、
ってモチベーションにしてる。笑

子供達が世界で活躍してるその国のトップと同じ環境でいつでも打てる環境があって

ジュニア達は強い人と練習してれば、
ある程度動きやその姿勢をコピーしてうまくなる。

だからプロジュニアの交流ができる場がいつでもあれば、日本のレベルはもっと勝手に上がってくと思う。

私の怪我を、北川トレーナーが全部治してくれて試合にどんどん出れるようになっちゃって北陸の皆を見れる機会は減ったけど、
北陸の子達も一緒に練習してた同世代の新潟の内藤祐希ちゃんと安藤証券オープンで優勝したり、より良い形で刺激を与えられるはず。

そして何より。私自身が私の能力に対する認識力を上げてそれに対して日常のあらゆる
ことで脳の使い方から、行動を変え、習慣を改善していくアプローチをし、体の使い方をより勉強し、多くのひとの体のトラブルも
見通し
どんな人のテニスも改善できるようになれば、
長く付き合ってる自分のトラブルなんて簡単に解決できるようになる。理論的には。

その為に北川さんと言う人の
体のエキスパートから、毎日学んでる。
北川さんとはテニスの試合をよく一緒に見て研究してるけど、北川さんがそのテニス選手の予備知識がない状態でも、フェデラー選手の膝手術する前の試合の動画なら、
それを私は全くわからなかったけど、
プレー振りからフェデラーさん、膝緩いですね、って見抜いちゃうし、

フェデラーの体の使い方が良い時、悪い時の傾向、ジョコビッチの1番勝っていた時の
体の使い方と現在の違い。
錦織圭選手の特徴など、
私が知らなかったことをどんどん教えてくれる。

北川さんと初めて出会ったころは私に
体の知識が無さ過ぎて。
また北川さんがアドバイスするポイントは
どのトレーナーの方とも違うから、
言われた言葉にポカン😶とすることが多かったけど毎日体のことを一緒に勉強させてもらってるうちにいろいろなひとの体を見てわかることが増えたし、テニス選手の調子や体のバランスや動きからわかる情報も増えた。

まだまだだけど、以前の自分からは比べ物にならないレベルアップ。
単純計算すると、世界ランクシングルス84位
ダブルス13位は更新できると思う。
知識が増えて、戦略的になれて、あとは体力が
徹底的に鍛えて自信ついたら。

北川さん曰く、体年齢は中学生、精神年齢も良い意味で中学生、らしい。良い意味で…ね。フレッシュ。

ま、自分の認識でもテニス以外の勉強を中学生以降おざなりにして来た分、伸び代は多い…と…思って新しいことに日々チャレンジしてる。

語学は遠征で必要だったから英語と中国語を独学で勉強してある程度は話せるけど、せっかくなら中途半端で終わらせないで外国語でも日本語と同じくらいの質で指導できるくらいに能力上げたい!

まずは、目下、目標は来月京都で行なわれる、島津全日本室内テニス選手権大会で、以前の自分より数段高いパフォーマンスをすること。
そしてダブルスを組む高畑寿弥選手の能力も上げて一緒にレベルアップしたダブルスを作っていくこと。

ダブルスは1+1だけど、
お互いの武器が生きる陣形を作ったり、
コミュニケーションを綿密に取ることで、
その武器をどういうタイミングでお互いが使うのがベストなのかをきっちり擦り合わせしたり、お互いの走力、打力、能力を毎日レベルアップしていけば、何倍にも強いダブルスが作れる。

それをできるようになってきたから、
安藤証券オープンで内藤祐希ちゃんとも
勝てた。勿論祐希ちゃんの能力があってこそ。だけどね。

試合前からLINEで動画共有して、私がしたいダブルス、祐希ちゃんが得意とする陣形、私が祐希ちゃんにしてもらいたい動き、配球を伝え合い、試合前の練習でそれを実行し、
試合前に相手のやってくるパターンを伝え、対抗策を頭に入れ、あとは考え過ぎないよう、1番大事なのはコート上で伸び伸びプレーしてもらえることだから、笑顔を心がける。

試合中も、1ポイント毎に状況を共有して
良いポジティブなミスをしてるのか、
改善した方が良いポイントなのか、
相手がどういう心境なのかなど、
流れを解説し、もっとどうすれば、
相手にプレッシャーがかかるのか、
勝負所でのプレーなど、常に話し続ける。

最初からランキングの高い強い選手と組んで勝つのも楽しいけど、
どんどん真横で成長していくパートナーと
ダブルスを作る喜びも半端ない。

また、教えたジュニアとも、
どんどんダブルス組んで行きたいし、
福岡で毎日一緒に練習する仲間も募集してる。年齢は小学校高学年以降くらいなら普通にすぐ打ち合えるかな。

東京オリンピックダブルスで金狙えるような。(^-^)v






↑このページのトップへ