セトリ
マリンスノーの花束を
セカイシックに少年少女
盲目少女とグリザイユ
解読不能
メリーバッドエンド(そらる)
ECHO(まふまふ)
inst
林檎花火とソーダの海(そらる)
夢のまた夢(そらる)
雨宿り(そらる)
夏祭り
わすれられんぼ
彗星列車のベルが鳴る
妖のマーチ
朧月(まふまふ)
inst
アンチクロックワイズ
夕立ち
桜花ニ月夜ト袖シグレ
四季折々に揺蕩いて
彷徨う僕らの世界紀行

アンコール
脱法ロック
ロキ(まふまふfeatそらる)
すーぱーぬこになりたい

銀テ有りだがあまり飛ばない。
せいぜい1~15列目くらい

演出がとにかくすごい。
始まる前の映像(マリンスノー風)もとても綺麗。
解読不能で早くも炎がバッと。
林檎花火からは四季折々のPV撮影で使用した着物に着替えての登場。
夢のまた夢からトロッコに乗り込む。そらるさんビビりすぎ。「揺らさないで…」離れ島みたいなステージに到着。
夏祭りの時ステージが上昇し、そらるさん幼女化。体育座りで座り込んだりギリギリの所で外を覗き込んで手を振ったりしていた。「じゅ、じゅうめーとるはある」まふまふさんその間ずっと元気。ぴょんぴょん跳ねたりしていた。今日はファンサがめちゃくちゃ多かった
全てのMCがやばかった。泣いた。
そらるさん「何よりも聞いてくれる皆さん、そしてバンドメンバー、やっぱりまふまふのおかげで」
まふまふさん「この景色を忘れません、最後にこの曲を持ってこれてよかったです聞いてください桜花ニ月夜ト袖シグレ(最後ではない)」
彷徨う僕らの世界紀行はAメロはアカペラ気味なほど伴奏が少なく、お二人のロングトーン、ビブラートが活きてた。歌詞は聴けば聴くほど二人のこと「2人で同じ夢を見て 2人で同じことでつまづいて」
アンコールの脱法ロックはやばい。まふまふさん動画ばりの超高温出しまくる。ロキもがなりというか叫ぶ感じ最高。
すーぱーぬこは耳の付け合いが何ともカップル。(ごめんなさい) そらまふのイチャラブを見せつけられリスナー歓喜。

お二人の歌声や描いてきたドラマ、MCに涙無しでは見られませんでした。ぜひハンカチのご用意を。
ステージ横に2つモニターがあるので席番悪くても全然大丈夫。僕はそんなに双眼鏡の必要は無いと感じました。

物販はえぐい。
でも販売開始時間が9時になり、僕の場合は4時間で買えました(7:30~11:30)

席にはリストバンド?なんかライトが付いてるものが置いてありそれを腕に通します。解読不能でそれのライトが着くようになり、ペンラを使わず拳を使って盛り上げた。しかもそれ回収されない。貰ってきちゃったよ

掛け声とかは恥ずかしくてもやった方がいいと思います。後で後悔する。
特に最後のすーぱーぬこ

とにかく最高のライブでした。
ありがとう、After the Rain。

  こんにちは、そるると申します。

  とても何となくですがブログやってみようかな、なんて思いこれを書いています。
  今回のは完全な思い付きで何にもネタを考えていませんごめんなさい。
  たまアリのレポとか多分見たいって人いらっしゃると思うので、たまアリ終わったらここに書いていこうかなって思います。Twitterだと見たくない人の目にもとまって不快な思いをさせてしまうかも知れませんしね。
  なんの需要もないブログですが誰か1人でも2人でも読んでくだされば嬉しいです。何卒よろしくお願いします。きっとそのうち面白いことも書くと思います(おい)

(っ `-´ c)マッ‼
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5401.JPG

↑このページのトップへ