月別アーカイブ / 2017年07月

結構ダメな時期に


映画をひたすら見続けた過去もありまして

この時期に思い出すのが


スタンドバイミー


ほとんどの人が知ってると思うけど

年齢重ねれば重ねるほど

色褪せない思い出がなお色が加わって

思い出されるって映画


コンプレック抱える少年時代特有の厨二感

大人が理解してくれない 自分を傷つける存在として大人達に反抗するが

たいした力もない12歳の少年達

踏みにじられるプライド 

屈服するしかないくらいの弱さ

そんな日々を過ごしてる少年4人

そんな力のない現実を過ごしてると


名も知らない少年が

電車に轢かれて遺体が野ざらしになってるって噂を聞きつけ

自分達で探してみんなにすげぇって思われよう

遺体探しと言う非日常があらわれ

日頃から溜まった鬱憤を払うかの様に


4人の夏の大冒険が始める

大人達からみればタダのピクニック程度だけど

12歳の頃では大冒険の旅

強がったり

バカやったり

大人の居ない時間を過ごし

強くなろうと

本音で話せる仲間

お前の夢を応援するよって言ってくれる純粋な友

妥協や打算もない純粋な気持ち


そんな大冒険を終えて


また日常に戻る瞬間に


自分達には前から敵わない不良グループ

理不尽な日常として現れるが、、、

仲間の為 自分の為 

大人への成長

理不尽と戦う勇気

恐れながらも不良グループを追い払い

ひと夏の大冒険は幕を閉じる

非日常を過ごして仲間は日常に戻ると

それぞれの道を歩んでいくので

だんだん疎遠になり

映画のはじめと最後

弁護士が刺されと言う新聞

応援してくれた仲間だった





中年になった少年達



純粋さ

大冒険の楽しさ

今ではもう感じれない輝き


友情とは一瞬の思い出の中のものなのか?

思い出のホコリかぶった宝箱の中なのか?

引き出しの中にしまい込んで、また持ち出すものなのか?

夏の思い出とは暑く激しく切ないものなのか?


観てる時の気分にも

観てる人の経験にも語りかけるって言う映画

五年に一回くらいの頻度で観ると

ええかな








6yIxBdZES_.jpg
サクサクサクサクスタイリングして
wORXYkNGxX.jpg
サクサク撮って


夏を楽しむ


それが大事


髪型よければ気分上がるし


楽しいやん


リア充しなくても

髪が決まってれば

自分が楽しく過ごせるって


朝起きて寝癖でも


可愛いスタイルとかが似合う人ら


そんなお客様これからもたくさん来て頂けるように



↑このページのトップへ