れをるです。前回の更新時、名前をどこにも書かなかったことを反省して今回はド頭に書いてやりました。前回書き忘れた分も書いておきます。れをるです。


 SNSにて先日情報解禁がされました、櫻木優平監督のオリジナルアニメ「ソウタイセカイ」のオープニング、エンディング主題歌が、私達の楽曲「VIP KID」「ちるちる」に決定致しました。

C9VbLGAUwAA_eBh.jpg


 櫻木監督が巧みに扱う"3DCG"という時代を先駆けるアニメーションの手法が、近年大きな注目を集めているのは記憶に新しいところですが、この度そんな新進気鋭の監督自ら「Σ」をチェック頂いたようで、今楽曲にて是非とのお声がけを頂きました。大変至極です。

 つい先日、「ソウタイセカイ」を試写にて観させていただきました。圧倒的な映像美、グッと引き込まれてしまう深みのあるシナリオ。掴みからやられたー、とても面白いです。色んな感想が溢れてきそうになりますが、公開日までお楽しみということで。

 そんな「ソウタイセカイ」、Huluでの独占配信で4/28日(前編)、5/5日(後編)の公開です。番組公式ホームページはこちらから。


 私達の楽曲と、クラフターさん×櫻木監督のアニメーションの化学反応によって、作品がより一層の盛り上がりを見せてくれることを願って。




 最近の日常はというとひたすら制作をしています。水面下での動きが多いのであまり伝わらないかもしれないけど、今月は今までの人生の中でもかなり上位の忙しさかも。やっと半ばを過ぎたので死なない程度に頑張ろう、華々しく世に送り出すためには地道な努力が必要不可欠ですね。何事も。

 4月といえば東京は桜も見頃を過ぎて、もう葉桜になってきていますね。お花見というお花見を、大人になってからしたことないかもしれない。来年こそは。今年が始まってからアクティブな遊びをしたい欲求がだいぶあって、山とか川とか行きたい。そういえば全然遊んだ記憶がない。これは大分悲しい事実です。巻き返すべく積極的に遊びたい。

 月末は札幌cube gardenでライブ(しかもREOLとしては初対バン!)なのでそれを楽しみに踏ん張ります。来てくださる皆さん、宇宙イチ楽しませますので安心して身を委ねてください。それでは、また。


 突然CDを買いに行きたくなって真夜中にTSUTAYAへ走った。こんなに眠くて明日も朝が早いというのに、なぜ今息を切らしているのか。夜が更ければ更けるほど増すわくわく感たるや、大変なものだった。恐れ入った。自制できない。


 ツイッターを眺めることはあれど、ツイートをしようと思う瞬間が以前に比べとても減った。語数が足りず、思ったことの一部分しかフォーカスできなかったりして、なんというか上手いこと吐露できない。可愛い絵文字で終わらせてしまう。可愛い絵文字は可愛いのでそれはそれでまあよしとする。ツイッターというコンテンツは、"れをる"という存在の活動の軌跡としてはとても重宝しているのだけど、昨今の自分が吐き出したい脳の中身は、思いの外ごちゃごちゃしていて、蛇足だと感じた言葉を削っているうちになくなってしまう。今のこの感情がタイムラインに流れ出すと視覚的に浮くな、と感じて、ブログを開設してもらったことを思い出して、特にお知らせごともないのだけど、書き記しておく。3月31日、時刻は24時を回った頃。多分、これこそが本来の用途だ。



 先月頭にかけてのワンマンライブで、セットリストに新曲を組んだ。ニュータイプトーキョー。ライブで初めて曲を披露するということが初の試みで、この曲に限ってはとにかく歌詞を伝えることに照準を定めて歌った。当社比。断片的にでも、拾えたでしょうか。そうだといいな。
 
 人間の体というのは入れ物で、わたしたちは今まで生きてきた時間の中で色々なものを取捨選択し、それらによって構成されていると思っている。完全に持論だが、云わば本来の意味でオリジナルと呼べる人間は多分もう生きていない。西暦だけでももう2017年、無理もない。言葉の意味は時代背景で移ろいゆくんだと知る。

 活動に公な動きがあると、様々な媒体やラジオでインタビューをして頂くのだが、オリジナリティだとか個性といった言葉がよく出るし、わたしも使う。全然そんなんじゃないよ、と思うけど、分かりやすく伝わりやすく便利だ。「わたしの体はただの入れ物であって、わたしたちの個性っていうものは本当のところ存在しないんです」なんて言い出すボーカル面倒くさすぎる。面倒くさすぎるんだけど、結構常日頃からそう思っている。

 ニュータイプトーキョーはわたしの脳みその中を横行するそういう考えを基盤にできた曲で、空っぽな入れ物の人間と、都会という生き物がシンクロしているように感じ、それを題材に書き進めた。東京に住みはじめて数年が経つが、人や物で溢れる街を歩くたび何処かがらんどうだと思うのは、その密度に比例して入れ物の容量も増えているからだ。山手線、渋谷、雑踏、わたしたちは街に食われてく。

 好きなものや譲れない主義主張や時代の流行をおしなべて、自分が構成されていく。それらは全部細胞である。かくいう自分もまた、東京23区というひとつの街を構成する細胞である。明日からのわたしは何を選ぶだろう。何を断捨離し、何で腹を満たすだろうか。

 さよならの感覚は快感と呼ぶに相応しい。昔はそう思うことを悪いことだと思っていたし、どこか後ろめたかった。情に厚いことこそが正義であるとされていた。それでも、腐ったものや汚れたものを捨てずにとっておくと、みるみるその分がキャパオーバーしていく。入れ物の体に、新しいものが取り込まれかさを増す。溢れた灰汁をすくって捨てることはいけないことではないと思えるようになって、それを悲しむことをやめた。別れは必然であるし、常に背中合わせだ。抗えない。



 ワンマン公演を終えて暫し休息をとって、制作も次へとシフトした。先日はそれの皮切りのミーティングで、今週もまたある。家に篭って黙々と言葉を書き連ねては削って、捨てて、拾い上げて、整頓して、形になる。新しいことが始まろうとしている。やりたいことが山ほどあるし、きっと当分退屈しない。"新しい"は未知だから楽しい。

脳がトリップしている。知らない次元までとびたい。

やっぴ~ー~ギガごんでーーーーーs
曲を作るよりも大変なブログを書くということをやります~


最近はライブが終わって久しぶりの休みみたいなやつを過ごしております~  おりました~
実家にもちょっと帰ってぽよぽよ過ごして、東京に戻る新幹線を待つ時間に寄ったゲオに
奇跡的にNintendo Switchが置いてあったので衝動的に買いました
(二人に買ったことを言うと曲作りなさいと確実に言われるので言ってない)
ゼルダたのちい




書くことに困りはじめたので テンカイ ノ コウシキ のために
ギガがやったことを書いていきます~(大変だったアピ)


●まずれをげねーやんとセトリや曲順を決めました* Σの曲をメインに入れたんですけど
もう既にΣの曲順が神だったのでライブの曲順めっちゃ悩んだました でもいい感じに
アゲなゾーンやゆったりゾーン、イケメンゾーンをまとめることができたので
やってやったぜコンチンクショーという所存でございます

●そしてその曲と曲の間を途切れないようにいい感じにくっつけてゆく作業をしました*
なんで繋ぎ合わせたかというと、歌を聞かせるライブというよりかは舞台や映画を見ているような
ライブにしたいというアレが自分たちの中にあったので、次の曲に自然に繋がるように
BGMや効果音を間にくっつけました  頑張りました
VIP KIDからLUVORATORRRRRY!の繋ぎが特にお気に入りで、最初リハで聞いたとき映像も
相まって高まってアゲまってちょっと漏らしました
あとコノヨの前にファミコンのBGM風にアレンジしたコノヨを入れました これもすこ

●それとこのライブのためにREOL MASH UP Remixというやつを作りました*
CDの音源をそのままやるだけだとライブの特別感?みたいなのが弱いかな(全然弱くないけど)
と思ったのでライブだけで聞けるかつノレるみたいなやつを作ってみました
ドロップポップのオケに、オオエドランヴ -TENKA TORITAI remix-・-Opening-・ヒビカセ
・Echo・ラ・タタンのボーカルを混ぜてみました ライブのあの一瞬で全部わかった人いるかな

●そして新曲のニュータイプトーキョーも捻り出してました*
数週間で捻り出しました 寿命が縮んだと思います でもいい曲になったので公開おたのしみに 
ライブの曲以外にもこの間に色々作ってました  猿(仮).mp3ってやつとか

●最後にその曲たちを楽器ごと(ドラムとかシンセとかベースとか)にまとめて書き出しました*
ブログを書くということの次に大変な作業だったでした 朦朧としながらやってましたでした
自分の曲のプロジェクトファイルが自分の部屋のごとく汚すぎて、
楽器ごとにグループがまとまっておらず、ドラムだけの音源にボーカルが入ったまま
書き出しちゃってまたやり直しっみたいな感じのやつを1000000000回ぐらいやりました
新曲でのライブがあるたびにこの書き出し作業をしなくてはならないということなので
とてもいやです  

●~そして伝説へ~


ということをライブの前までやっていました~  全然伝わらないかも~ごめんね~~
でもこんだけ色々やって更によい映像とよい歌がついちゃったからもう最強だった~
やばかったよかったね~~~ 他では見れないライブになったと思うます
自分が一番見たかった~~~よ~
れをげねーやんのライブでよかったとこは、CD音源とは全然違った感情を乗せた歌い方
をしてたとこです とくに404とVIORAがすこかったです  すごいよかったです  助かりました
菊げねーやんのよかったとこは、既存のPVをそのまま映し出さずにちライブに映えるように
編集したり、あとMASH UPで人の動きに合わせて映像も動く みたいなやつ
すごいよかったです 助かりました

こんな感じで、家で動画を見たりCDを聞いたりするだけじゃ体験できないようなことをやって
行きたいと思っている所存なのでぜひライブにきてね~~~~やった~~V(^_^)v




最後に今後のライブの宣伝と、適当な画像コーナーして終わるよ~~

◎4/28(金)に開催のAIR-G'(FM北海道)のライブイベント、
「AIR-G’ 35th Anniversary New Music Lab 2」にREOLの出演が決定!
◎7/14-16にイギリス・ロンドンで開催される「HYPER JAPAN Festival2017」にREOLが出演決定!
やった!!!!!!(インフォのコピペ)



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1070.JPG
「リハーサルの和やかな休憩時間の様子」




じゃあまたね~~~~~~~~~~~~

↑このページのトップへ