p4IDf7jXpv.jpg


[MV]REOL - ニュータイプトーキョー



:::


ご無沙汰しておりますお菊です!
この半年くらい色々とドタバタしていたり、他の映像作っていたりしてました!

おまたせ致しましたMV!!!!!
遅くなってしまい申し訳ありませんでした!

ニュータイプトーキョーのMVを制作しました~!
粘土で食べ物のような物を沢山作ってイラストと合わせてみました!
粘土コネコネしてるの楽しかったです
美味しそうなもの沢山作ったんですけど、使ったの一部だけになっちゃったので
お家の玄関に全部飾っておこうかな~って思ってます ワーイ
サビの踊りはラストライブで披露した振り付けと8割同じなので
こんなんだった気がする~って気持ちで見てみてください!

MVをお披露目するまでTwitterとかあんま上げないでおこうって思っていた結果
半年で三回くらいしかツイートしてなかった~!ひぇ~
今後は沢山色々更新したりするので宜しくお願いします~~!


:::


おひさしやっぴ~  ギガんこですv
みんなニュータイプトーキョーのMV見てくれたかな~?ゥチは32回ぐらい見た~A

REOLで最後に上げる動画どれがいいかな~ って思って悩んでたけど
エンドレスラインでしんみり終わるのは自分たちらしくないよねってなって
ニュータイプでブチ上げアゲ美↑↑で締めよってなりましたv
ゥチがこのMVで好きなとこはまず最後のタイトルが出る所 シンプルで
空虚な感じが好きって感じv
あと歩いてるキャラたちがシュールですきv
みんなも好きなとこあったらツイとかに書いてくれよな(拳)


れをげねーやんも菊ねーやんも頑張っとるしゥチもまだまだやったるけん
いっぱい曲書くけん 見といてなvじゃ(^.^)/~~~


:::


こっちではお久し!れをるです。

昨年ユニットREOLとしてリリースした「エンドレスEP」収録リード曲「ニュータイプトーキョー」Music Videoが遂に公開になりました。去年から今日に至るまで粘土とパソコンを弄り倒してくれたお菊先輩に拍手!

オレンジと青は東京という街をあらわす二色だと思っていて、それをお菊がわたしの衣装デザインから汲んでくれました。東京タワーとスカイツリー。温かい想いも冷淡な感情も雑食な街。二人と出会って活動をした、新しくて、特別な街。

解散をしてユニットという形ではなくなったけれど、二人とはこれからも切磋琢磨していけたらいいなと思ってます。それぞれが一緒に作品を作りたくなくなったわけではないので、創作意欲に正直にやりたいことをやりたいだけやっていきます。

常日頃一緒にいるわけではなくなるから公に発信する頻度は少なくなるけれど、関係性もずっと変わらない、ので!諸々ご心配なく!各々の作品作りを今後もどうか温かく見守って頂ければ幸いです。

そしてユニットREOLとして残した作品が、あなたの生活に寄り添ってずっと楽しまれ続けるものでありますように!


ヤミツキになっていく、わ!REOLでした!さらばっ

MXvxoUuDPe.jpg
 

ハッピーハロウィンしましたか?れをるです。10月ももう最終日、時が過ぎるのはあっという間だ。先週頭に解散ライブ「終楽章」を終えてもう一週間が経った。ライブはいつだって非日常で、とても遠い昔のことのように感じる。思い返せばこの5年くらいに起こったことの全てが非日常だった気がするけど。

20日の大阪公演はなんとかもってくれたものの、22日の東京公演は10年に一度の超大型台風がまさかの直撃で、泣く泣く来ることを断念した方々もいたらしい(来ようとしてくれていたことが本当に嬉しいよ)。ので、「終楽章」というライブのコンセプトとか「エンドレスEP」の制作秘話を書いていこうと思います。少しでも多く伝わりますように。


2017年が明けて、酉年生まれのわたしは年女になった。メンバーの二人に年賀状もどきを送ったんだけど(データなくしてしまった)、そこに挿絵を描いてて、わたしが鳥で、二人はそれを支えてくれる両の翼であってほしいと、そんな感じの絵だった。その時の挿絵をギガちゃんが気に入ってくれて、年女ということからインスピレーションを受けたお菊も、鳥居にプロジェクションマッピングしてみたい!と次々アイデアを出してくれて、ライブに昇華したいねという話になった。

ライブテーマは「年女飛翔」。メインモチーフを"鳥"居にして、お立ち台の形も"飛"車の駒の形に。あと東京公演はダイブもしちゃった(飛ぶのが自分のテーマだった)。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2440.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2441.JPG

和を基調としたライブも作ったことがなかったしどんどんやりたい案が溢れてきて、まだ構想段階なのにとても楽しかった。セットリストの前半を和風にして、途中にギガンティックとか自分たちの原点になるボカロオリジナルも組み込んで、後半は和にとらわれず演出できるように鳥居は白くしたり。ヒビカセで初音ミクをゲストボーカルに呼ぶという演出をずっとしたいと思ってて、望月けいちゃんにお願いしてイラストを書き下ろしてもらったり。けいにミクを描いてもらえなかったら叶わないコラボレーションだったから念願叶ってすごく嬉しかった。大阪公演はミクの生みの親、クリプトン・フューチャー・メディアさんも駆けつけてくださって感慨深かった、10周年だし。初音ミクはやっぱり、次元も超える最高の歌姫。自分たちをここまで育ててくれた文化に対する、恩返しのつもりだったけど、届いた?

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2442.JPG

それから10月にワンマンライブの箱が抑えられたよ!となって、それまでは音源制作をしましょうということになり、エンドレスEPを作った。ギガから送られてくるデモの中から、ビビッときたものにメロディをのせて歌詞をつけていく。

自分たちのユニットはわたしとギガ、二人の作曲者がいるけど、ぶつかったことはなかった。ギガちゃんが作曲家として変なプライドの高さを持ってないことと、ユニットでの役割・求められていることを各々が理解しているから、創作部分で争うようなことがなかったのだと思う。曲を作るということにおいて、年上のギガの方がわたしより先輩だけど、わたしのメロディの方がいいと思ったらちゃんと採用してくれた(ラボラトリーのサビとか、宵々古今のサビとか)。

これは本当に、なかなかできないことだと思う。そのくらい音楽を作ることに柔軟で、よい音楽を追求することに貪欲で、だから5年もの間ずっと一緒にやって来れている。昔、ネット慣れしてなかったわたしが趣味でやってることをゴチャゴチャ言われて(敗因:耐性が無かったため)、「別にネットでやる音楽が全てじゃないしめんどくさいからやめてやる」って言った時、「じゃあうちもやめます、、、」って言ってきて、いやなんでだよと思ったけど、ギガちゃんがやめちゃうならわたし絶対やめられないじゃんってなった。この才能が世の中にもっと知られなきゃもったいないし、そのためにわたしができることならなんだってしようと。わたしがボーカルにいることでギガの音楽にもっと日が当たるならそうしたいと思って、ユニットを組んだ(ギガの音のパートナーとして役不足なんじゃないかと自信をなくした時期もあったけど)。この時の出来事は、音楽を続けることの大きなモチベーションになってる。


エンドレスEPで最初に出来上がったトラックは、前回のテンカイ ノ コウシキワンマンで披露したニュータイプトーキョー。その後エンドレスライン、そしてB12を書くことになるんだけど、丁度その前にお菊が辞めたいと言ってきた。何度も説得した。何度も何度も。でも、お菊が抱えてる悩みは(お菊のブログ参照)、続けることで解決するのかはわからなかった。でも続けたかった。色んな人と夢見た次のステージを、三人で踏みたかった。

ここから先はここだけの話にしておきたいんだけど、学生だった2年半前、もうれをるとして人前に立つことはないかもと思いながら極彩色のステージで歌っていた。そもそも極彩色はメジャーデビューといいつつも1枚だけアルバムを作りますという契約だったから、そのまま辞めることを想定して作ってた。最後の思い出にと思ってギガだけじゃなく色んな好きな作家さん呼んだりして。続けていたいなという気持ちもありつつ、その反面就職活動をはじめて、社会に溶け込んでいくだろうと想像してた。だから顔も出さなかった。

17のときに父が突然死んでしまって、その後に進路選択があって、その状況下で音楽をやりたいだなんて言えるわけなかった。長女だし。本当にやりたいことが音楽であることには気付いていたけど、ずっと見て見ぬふりで蓋をしてきた。音楽を生業にしている人も実際に見たことなかったから、選ばれし者しかなれない、自分はそれを憧れながら見ているだけの人生だと。

でもそれは別にすごく悔しいことではなくて、当たり前でしょって感じで、趣味でできたらそれでいいなーって思ってた。そう思いながら高校からずっと金髪だった髪を真っ黒に染めて、就活をはじめた。

もはや覚えていないんだけどその時期お菊とケンカしてて(理由は忘れた)、全然連絡返ってこないから痺れを切らして電話をして、しばらく言い争ったあとに、「わたしはれをる氏と音楽がしたくて東京に来たのに!」って言われて、唖然とした。え、もういるの?って。正直わけがわからなかったんだけど、それが極彩色の制作真っ只中だったから、辞めるモードになってたわたしは物凄く食らった。わたしなんかの為に人生を賭けて東京まで出て来ちゃう人がいるんだ、と思った。その気持ちに応えなきゃとも。


お菊は負けん気が強いというか、できないことでも「できる!」って言って本当にできるようになっちゃうところがある。映像がそう。お菊がひとつひとつの技術を会得するたび感化されて、「きいて!わたしもビブラート効かせられるようになった!」「音域広がった!」「きいて!曲作った!」って、お互いどんどんできることが増えた。人間としてのポテンシャルがとにかく高くて、そこをとても尊敬してる。

でも興味のないことにはとことん興味がないし、興味をひくゾーンもわたしよりは狭いから、たまたまわたしのやりたいことがお菊の興味をひいたのって本当に数奇な巡り合わせだと思う。フーンって言われて終わっても全然おかしくない。わたしは小学校六年間ずっと「協調性がない・物腰が強い」と書かれ続けていたような抜き身な人間だから、長年一緒にいてくれてるお菊のことも何度も傷付けてしまってて、それでもなぜかついてきてくれた。思春期真っ盛りの時期から、父が死んで人生で一番泣いてたときも、しょうもない話から学校の友達に言えないような悩みも全部、お菊が受け止めてくれてた。家族を一人失ったわたしにとって、他人ではじめて家族みたいな相手ができた感覚だった。

話逸れたけど、お菊上京の翌週くらいにギガちゃんも上京してきて、腹が決まった。そこから紆余曲折あり三人でトイズファクトリーの門を叩くことになる。そして今に至るわけだけど。


やってみなきゃわからなかったことって、今回のことに限らずいっぱいある。解散はとても悲しいし本当に残念に思うけど、三人で作ったものの全てと、それを楽しみに聞いてくれる人達がわたしの財産で、それはこうして音楽を続けることで得たかけがえのない対価だった。ちょっとした興味と、なんとなくとったどうってことない行為をきっかけに今こんな経験ができてる。二人がいたから音楽業界に飛び込めた。「れをる」の恩人。

ライブの話をはじめたはずがだいぶ脱線しちゃった。ごめん。ナタリーさんがライブ中の写真もいっぱい載ってるレポートを書いてくださっているのでまだ読んでない方は是非!少しでも臨場感が伝われば。

→http://natalie.mu/music/news/253785

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2443.JPG

REOLのライブに、わたしたちメンバーと同じかそれ以上の熱量を注いでくれたチームREOLライブスタッフの面々。トイズのチームREOLも含めてほんとに大好き。リハが始まるとみんなに会えるから、リハ200回くらいやりたいなーと思ってた。ライブの演出も照明から映像から美術までどれをとっても理想そのもので、この最高の布陣を整えてくれた稲葉さんに大感謝。

お酒が大好きだけど内臓が弱めな女マネージャー1、すた丼が大好きで20kg超えのキャリーをガンガン転がしてる逞しい女マネージャー2、サバサバしていてできる女臭がヤバイスタッフ1、写真を撮る能力に長けており褒め上手だがたまに何を言ってるのかわからないスタッフ2、他にも書ききれないくらい個性に溢れたチームに囲まれていつも楽しかった。

提案するアイデア全部いいねって言ってもらえるから「こんなに全部いいねっていってもらってて大丈夫?ドッキリだったりしない?ドッキリの看板隠されてない?」って帰り道に疑うほど、わたしたちのやりたいことを優先してくれて、その実現のためならどんな大変な作業も厭わずやってくれた。トイズファクトリーが三人の居場所で本当によかったと心の底から思う。


これから各々進んでいく道すがら、また二人と都度再会することもあるでしょう。それぞれがそれぞれの美学を磨いて、ちょっと離れたところで切磋琢磨して、またバッタリ会った時。自分はこんな最高のボーカルとユニットやってたんだなあ!と二人に思ってもらえるように。こんな最高のユニットをリアルタイムで見てたんだなあ!と皆様に思ってもらえるように。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2444.JPG

前に、ただ前に、ただ前に!
ありがとう。そして、これからも。



REOL VOCAL れをる

お菊ですどうも〜〜〜を流行らそうとしたけど
案の定誰に突っ込まれなかったお菊ですどうも〜〜〜!


ギガちゃんがめちゃ良いブログを書いてしまったから私も良い事を書かなきゃというプレッシャーすごいけど
日記みたいにダラダラ〜っと書きたいと思ってます!!
楽しくないネガティブ炸裂し始めたらごめんなさい〜!!
私も出会ってからの事を書こうかな〜〜

まずインターネットをやっていたられをる氏に出会いまして、
動画作って??って言われて最初は謎のフリーソフトを使って作りました。
そこから、えー動画作るのって楽し〜ってなって、After Effectsを唐突に買いました。
私は、ゲームでも何でもそうなんだけど、まず課金してやめないようにするんです
After Effects買ったからには続けるやろっていう考えで買いました。

れをる氏とは最初そこまで仲良し〜って感じではなかったけど
ある日突然毎日話すようになっていって、私の実家に遊びに来てくれて
楽し〜ってなっていきました

その辺りから色んな動画を見て、チュートリアル見て、なるほど〜って思いながら動画を作っていって、
ギガちゃんと出会ったのだけど、ギガちゃんは最初めちゃ喋りにくい人だったからひたすら笑って会話を繋いでた気がする
その時から我ら3人の真ん中はれをる氏で、間にいてくれたからギガちゃんと仲良くなっていけました。

そこから定期的に東京に集結して遊びに行ったり、夏コミでたり、お肉食べたりしていたら
れをる氏がアルバム出す事になって、れをる氏の動画とかは私にしか作らせないで〜って思ってたら
色々お手伝いできるように大人達に話してくれたりして、インストアついて行ったり、ライブにちょろっと出させてもらったりしました
ギガちゃんのお引っ越しも手伝ったの めちゃ懐かし

それで色々あって、色々して、3人で食あたりして、色々あって、色々話し合って、
お菊もギガちゃんもれをるの一部だからって言ってくれて、覚悟を決めてトイズファクトリーに所属させてもらいました。

Σをリリースする時の事を一番良く覚えてて、
衣装とかも夜な夜な3人でSkypeしながら話し合って、こういうの面白いよね〜こういうのやりたいよね〜って決めていって
毎日が新しい事ばかりで楽しかった〜〜

ギミアのMVを作ろうってなった時に、色々と壁にぶつかりました。
今までは私が動画を作っていて、動画をつくるお菊としてREOLにいるのに、
コンテを書くだけであとは周りが作って完成させちゃうっていうもどかしさと力不足を再確認させられて。
けど私が作らない方が良い動画になるし・・・全部私が作ってたらリリースも遅くなるし・・・みたいな。
東京に出てきた時は私以外に作らせないで〜って自信モリモリだったのに、超自信喪失しました。
結果的にはコンテを書いてからの撮影とかシーン選びとか色とか全部見せてもらいながら進めてもらえたので
私も参加できた!って気持ちで完成したので良かったのだけど、
あの動画を初めて見た人は映像クリエイターがメンバーにいるって事はお菊が全部作ったのか!?すげぇ!ってなって
お菊すげぇ!みたいな声を沢山もらって、すごく申し訳ない気持ちで潰れそうでした。
私は何も凄くないのに。周りの人たちが沢山がんばったのに。良い所だけもっていっちゃったって気持ちしか無かったです。

ちるちるやRE:や宵々みたいな、れをる氏本人が出ないMVなら私が作れるんですけど、
やっぱ実写になると知識も技術も無くて全部出来ないんですよね。難しいところでした。

そこからライブの映像を作って、色んな新しい事をして、凄く良いライブになったんですけど、
また照明さん達が頑張ってくれた所とかも私がすごい!ってなってる所とか出てきて、
私はすごくないのに・・・が始まりました。
素直に私ってばすごいかも〜みたいに考えとけば良いのに超ネガティブ炸裂してました。

正直、終楽章での映像も作るのが怖かったです。
私の作った映像がライブを壊すんじゃないかとか、他の人が作った方が絶対に良いライブになるって思ってしまってました。
れをる氏とギガちゃんで完成してる作品に私が入ると壊れていく気がして、どんどん自信が無くなってしまいました。

それでも、二人は支えてくれるし、頼ってくれるし。最後までしっかりやりきって、私にしか出来ない事を頑張ろうって思って、
ラストライブ終楽章の日までやってこれました。
ライブ本当に最高だった〜〜!!ギガちゃんの音に私の映像つけられて、れをる氏が真ん中で歌ってて、
来てくれた人たちがいっぱい声とか出してくれて、すごい光景だったーーー!!
ライブの思い出映像的なのを一番うしろから撮ってもらっていたのだけど、それ見るとほんとすごいの
ここで盛り上がってほしい〜って思ってた所でドッカーンなってくれて最高だった
何気に開演前のみんなの雑談の声とか聞こえてるからね 面白かった 終わった後に帰る姿とかも見ちゃってるからね〜


ちょっと色々とネガティブ炸裂しすぎなのではこれ
唐突に我に返って読み返すとめちゃくちゃやないかこれ うわーーーこれ引くーーーー!!ナーーー!
楽しい気持ちになる為に二人の好きなところ書きまーーーす!!!!

れをるちゃん*
かっこよくて強気で強いけど弱いとこも好き 発言がおかしいとこも好き
笑うツボ似てるとこも好き 色々知ってるところ好き 賢いから好き れをる氏の嫌いな食べ物、私が好きだからくれる所すき
人を喜ばせるプロな所好き 細いのに筋肉あるの好き 一緒に居てくれるから好き

ギガちゃん*
好きなものが一緒な所好き ほんわかしてる所好き 発言がおかしいとこも好き
良く食べるとこ好き 手がキレイなとこも好き 絶対に人を悪く言わないところ好き
笑い声つられるから好き 字が女の子みたいに可愛い所も好き 一緒に居てくれるから好き


二人みたいなお友達みたいな家族みたいな尊敬できる存在ってもう一生現れないと思うから、
これからも一緒に頑張れたいな〜と思うよ
二人がもっともっと凄くなれますように。ずっと追いかけてるけど、私も追いつきます。
沖縄と京都とユニバ 行こうね


トイズの皆さんもめちゃ良い人しかいなくて本当に最高だったの。
ライブのスタッフさん達も最高だったの。
MV作る時の皆さんも最高だったの。
周りの人に恵まれすぎてて居心地良かった。最高だった。


修行して自分に自信持てたら全員に声かけるって決めてる 頑張る


結果、この記事は前置き長過ぎるネガティブな決意表明文という事になりました!!
嫌な気持ちになった方がいたらごめんなさい!!!!!!!!
私ここ5年くらい超ポジティブ女だったんですけど おかしいな〜
能天気お気楽おねぇさん極められるようにも頑張るぞ〜〜〜〜

ちなみにライブで参拝したの私一生忘れない自信はあります!!!!!!!
みんながちゃんと二礼二拍手一礼してるのを、後から映像見てめっちゃわろたの

ライブに来てくれた方が鳥居をみるたびREOLを思い出してくれたら嬉しいな〜〜〜〜


このままだと一生書いちゃうので終わります!

REOLのお菊でした!


あ、れをるちゃん交換ノート止めててごめん〜〜!!!


またね〜!!!!!!!!!!!!!!

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2391.JPG

↑このページのトップへ