地元佐賀県唐津市にて
唐津ジュニア音楽祭2020というコンテストの
ゲスト枠として出演させて頂きました!

M1.とうきょう
M2.NO REASON
M3.結び目
M4.One
M5.Last Love


バンドを組んだ小学校6年生の時から
事務所が決まるまで
毎年応募して出演していました。


人前で演奏する機会があることで
場数を踏み緊張の解き方とか
練習だけじゃ見つけられない足りないところを
このジュニア音楽祭で鍛えられてきた気がします。


バンドだけでなく以前あったボーカル部門にも
徳久礼奈として3回応募、2回ステージに立たせてもらったのです。


若かったからこそあまり深いところまで
考えられていなかったけど、
こうしてゲストとして帰ってこれたことで

大好きな音楽を聴いてもらえる場所がある、
練習の成果を披露できるところがある、
客観的にアドバイスをしてもらえると機会がある、
一年に一度ということでこの日までのこの曲仕上げよう〜とか
賞を狙ったりだとか、

これが地元の唐津にあること。

本当に誇りに思うし、
何より打ち上げにも参加させてもらって感じました。


大人が素晴らしい。


これに尽きます。


知ってる人も多いと思うけど、
たんこぶちんやがんばれ!Victory(旧Victory)を
0から育ててくださった横井先生も
この唐津ジュニア音楽祭を動かすキーマンなわけで。



先生は時間に厳しい人小学校の先生だった、


でも速弾きを練習してこいだとか、
ツーバスを踏めるようになれとか、
そんなことは言われたことなくて。


譜面のコピーをもらってマーカーで印をつける。
4小節とか8小節を1週間とか2週間、と期限を決めてそこまでに仕上げてくる。

それをみんなで合わせる。


でも顔は下げない、
ステップを練習する、
決めの時に目を合わせる、

本当にそういう形を決めてそれをまずは出来るようになる、そのあとにその形をどうそれぞれの色にしていくかは各々の自由。


だから音楽は楽しむもの、という言葉を
先生の言葉で久しぶりに聴いて
いろんな思いが巻き戻って
そこから見た未来の今は今まで見てた今より
また違った表情を見せるし。


何より続けることが大事、って色んなところで聞くけど、何故かって続けることが大変だから、って話。

それは頑張りすぎて潰れたり、
空回りするから。

ひとつ、軸があったとして、

お金が欲しい、
有名になりたい、
楽器が上手くなりたい、
音楽が楽しい、

これの輪郭がぼやけた時、
私なにやってるんだろうってなって
きっとやめてしまったり
壊れてしまう。



それを先生がいつも私たち生徒が走り続けてる時に伝えてくれてたんだと気付きました。


このイベントもそう。

お世話になったコンテストが今もなお続いて
たくさんの大人の人たちが
音楽っていいね、子供達のいい顔がみたいね、
毎年そうやって言ってる。


そんなに温かい話はないと思う。



だから私もその一員になれてるのなら
幸せだし、
ならば私も何処かの誰かにいつかは
ギター弾くの楽しいっ
歌うの楽しいっ
って思ってもらえるキッカケになりたい。


そのためにはまずは私も私をちゃんと
楽しむこと。


頑張るのは頑張れるだけ頑張りたいし、
気合いはずっと入れ直していたい。
でもそれが自分の大事にしてる気持ちと直結しなくならないように
頑張り方だけは間違えてはいけないと思った。




別になにがあったわけでもないけども
ツイッターには書きましたが
ソロになって1年半かな、お世話になったレーベルさんをやめることになりました。


そこの人たちに出会わなければ
書けなかった曲たちが沢山あって、
打ち込みやってみよう、
ファルセットオンリーの曲作ってみよう、
なんて案を出してくれるスタッフさんがいなかったら
私はNO REASONにもYour Songにも
出会えてないわけです。


ずっと何かに囚われていて
それが面白くないと色んな人に言われてきた。

利口だとか可愛いとか
きっと褒め言葉ではなくて。

だけどその中でも手取り足取り
引っ張ってくれる人がいた。


小学校の先生もそう、
バンドで拾ってくれた事務所もそう、
ソロになって歌えるかも分からない私を救ってくれた今のレーベルもそう、

そして何より、ステージに立った私たちに出会ってくれたみんながいて、


新しい曲を作れて、
歌えて、
弾けて、
ハプニングが起きて、
それカバーしたら面白くなって、


とか。



あ、今日ちょっと長すぎないかな。笑




わかった、終わらせる待ってね。笑





うん。とにかく、今年はライブをやると言ったのもそう。


「あ、がんびくの子か」
「わ〜やってたのか」

その言葉を未だに聞くの。

「声、曲が好みじゃない」
「ライブがよくない」

それならいいの、なんか真っ当に傷つけるんだけど、笑笑


出会えてない人がいることが悔しい。


だから沢山ライブをやりたいのも、
たくさんの人にトクヒサレナっていいます、
こういうライブします、いかがですか?
をやりたい。

まずは。

もちろん最終目標ではないけど
最終目標への第一歩としてこれをやらなきゃって気づいた。


気づかせてくれた人もいたの。
もっと精力的に活動していくべきだって
言ってくれた人もいた。


だから何もかもに感謝だね。



ジュニア音楽祭でいやうまいうまいやめて!ってなった子もいたから。笑

悔しい〜
がんばる〜笑

そうや!トクヒサレナ賞の鶴田純子さん
おめでとうございます☺︎



CD買ってくださったのよ。


声が好きだった、もうストレートにそれ。
どこかでまたお会いできるといいな!




てことで色々混乱招いてすみませんが、今までのようにスプートニクラボさんにて予約が出来なくなりました。


なのでそのライブごとにチケット入手方法を確認お願いいたします!


物販もきっとほら、私のことだから、ね、あの、

頑張りますのでよろしくお願いします😭笑



次は渋谷gee-ge.にて2.11日です!よろしくお願いします!
トクヒサレナ