自分に何かが足りないからきっとみんなの笑顔を奪ってしまうのかもしれない。
自分に何が足りないのかと言われたら、ぶっちゃけ全ての部分において足りてない。
努力して成長しなきゃいけない所がたくさんある

誰かがこここーした方がいいよとか、ここはダメだねとかここはいいねって教えてくれたらいいのだろうけどそんな簡単な世界ではないから、自分で自分のダメなところもいい所も見つけなくてはいけない。
れもはネガティブな人間なので、褒められてもそーかな?って思っちゃうし自分に1ミリも自信がないから他の子のがいいよねってすごい思ってしまう。



9月23日 (月) 初めての生誕祭をさせてもらいました。毎日胃が痛かったし、毎日泣いてたし毎日不安で押しつぶされそうだった。
きっと前の自分がみたら笑っちゃうぐらい今回人を呼べなかったのは確かだし。これが現実だぞってより思わされた。
現実をみるのが怖くて逃げて避けて言い訳ばっかり言ってた自分が醜くて情けなくなった。
あれが現実であれが本当の結果だ。

けど反対に開き直れた部分もあるし、私は私としてこの先も生きると決めたんだからこの私を好きでいてくれる人を今までよりもっと大切にしなきゃなって思った。
ずっとすがりついていてはダメだし、ずっとは存在しない。いつか今日来てくれてた人が来なくなるそんな未来も覚悟しなきゃいけない。
嫌だけど、これが現実よね。

色々言ったけど、とにかく生誕祭に来てくださった方本当にありがとうございました。
私がステージに立てるのはみんながそこで笑ってくれてれもちゃコールをしてくれるからです。
そして、予定が合わなかったり遠方の方。
いつもたくさんリプをくれたりいいねをくれたりありがとうございます。申し訳なくてリプもいいねもしてこないのは寂しいから遠慮せずしてね。
謝られるのは嫌だからまた今度来てね?
待ってます♡\(*ˊᗜˋ*)/♡






生誕委員🌹のみんなへ
こんな私のために色々動いてくれてありがとう。
幸せものだなって思いました。
ピンチケDDなみんなに金銭面とか含め色々負担をかけちゃったね。ほんとにありがとう。
一人一人全員違って面白くて馬鹿だなと思うけれど、全員れもは大切に思っているのでこれからもよろしくお願いします。
 生誕他界しないでなww


_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1449.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1465.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1466.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1437.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1487.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1475.JPG

新体制になって新しい自分になって毎日不安で毎日泣いている日々を最近過ごしているれもんちゃんです。はじめましての人も多いかもね。
ここはれもんちゃんの心の底の気持ちとか愛とかをつらつらと書いているとこなので気楽に読んでくれ〜よな!





よく分からない風の噂や勝手な価値観で物事を判断したりしている人がいるみたいなので、伝えておこうと思うの。
これから先どんだけ来てくれる人が増えてもそれはあたりまえに嬉しいことだし有難いことで。だからといって君たち一人一人を疎かになんてしたくないし、どれだけフォロワーが増えても監視もリプもできる限界値まではし続けようと思ってる。これが私の特技みたいなものでもあるし、私の毎日の習慣になっていてみんなとの交流の場の一つでもあるから、私はSNSも大切にしていきたいって思ってるの。
もちろんライブに来てくれてチェキを撮ってお話をすることが1番なのは変わらないけどね。
だからこそ会いたいと思ったら会いに来てほしいの。私から会いに行くことができない世界だからずっと待つことしか私は出来ない。れもちゃは君が必要だからいつだってここで歌って踊って煽ってることしかできません。
君の居場所を守り続けているよ。


最近会えてない人のこともbioから名前や絵文字が消えた人の事もあいにく私は嫌いになったり興味をもたなくなったりすることができない性格なので、ずっと君のこと監視しちゃって何回も病んでるwwww
馬鹿だなって思われると思うけど、本当に出会ってしまったその日から君は私の大切な人になってしまって私の情緒を左右しちゃう。
知ってる?
9月23日に生誕祭、11月9日に2ndワンマンライブがあります。
それまでも毎週ライブあるし、いつでもひょっこりと会いに来てくれたらいいなってここで伝えておく。読んでくれるかは別としてね。


最後に、、
いつも来てくれてる人本当にありがとう。私のことずっと見ていてくれるの本当に幸せでありがたいことだなって思ってる。きっとこれからもこんな感じで病み倒すし物販で拗ねちゃうし、嫉妬してしまうかもしれないけどずっと一緒に同じ景色を見続けられたらいいなと思ってます。
絶対に推してて後悔しないような推しメンにもっと頑張ってなるのでよろしくお願いします。


本当は毎回来てほしいって思っちゃうけど無理だってわかってるし、君が学校やお仕事やバイトやリアルでの生活を頑張ってること私は知ってるし、それも含めての君だから君が私に会いたいと思った時や必要と思ってくれた時に会いに来てくれたら嬉しいです。
待ってるね(* 'ᵕ' )

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0629.JPG

1998年9月16日にばぶばぶと生まれました。
3歳から顔は変わっていないそうです。
昔からお友達は多くいませんが、本当に信頼出来るお友達はいます。なので狭く深くお友達を作っていくタイプの人間です。

小学生
まあ一般的に言ういじめにあいました。ちゃんと学校にはいってましたが、私的に人を信じることが苦手になった瞬間でもありました。
その時自分の中で得意だったことが、走ることだったので、思い出作り程度に大会に出たりしてました。

中学生
得意なことが走ることしかなかったので、陸上部に入る気でした。ですが、お友達に連れられて吹奏楽部を見学した時に私は音楽が出来ねええって実感したんですwww
先輩も可愛いから、苦手な音楽を得意にしたくてなぜか吹奏楽部に入りました。
意味がわかりませんね自分でも。

高校生
吹奏楽部に入りました。けどなんか違くて、人とも合わなくて茶道部に切り替えました。
お茶たてれたらカッコイイやん!っていうたったそれだけの理由でww
そこそこ偏差値の高い学校だったんですが、みんなのノリが気持ち悪くて学校が死ぬほど嫌いになりました。出席数もギリギリで卒業しました。

オタク
高校では友達がほぼ出来なかったため、アイドルオタクになりました。
私を友達として仲良くしてくれる人が年代性別関係なしにできて、居場所をみつけました。
それからずっといろんなアイドルさんの現場をぐるぐる回ってましたww
人生を変えてくれたアイドルさんは山ほどいて、感謝しきれないですし可愛くなりたいと思ったのも、お金が大切というのを知ったのも、人生1度きりだよって教えてくれたのもアイドルさん達でした。生きてていいんだと思えたのも、今の推しメンに会えたからだと思ってます。


大学生
自分の夢である職業のために資格を取りたくて入りました。ぶっちゃけ楽しかったです。
けどなぜか急に今の生活がつまらなくなって、刺激がほしくなって今しか出来ないことがしたくなりました。
そして、色々あって大学という空間が嫌いになりました。けど、資格は取りたいと思って今は通信制の大学に通ってます。



アイドル
そしてたった一度きりの人生を変えるために、紅葉れもんとして生きると決めました。
思っていた世界より残酷で辛くて悲しいことばかりでした。元オタクなので情報が入ってきすぎて、人間不信がより増しました。
人の間に挟まれてることも多くて、リーダーという責任に押しつぶされて。
毎日生きる理由を探してました。朝を迎えるのが怖くて寝れない日々も続きました。

けど、そんな時私を助けてくれたのはみんなでした。私を救ってくれたのは私の名前を呼んでくれる人、リプをくれる人、現場に来てくれるみんなでした。ありがとう。
だから半年間も頑張れたのかなとも思います。
精神はズタボロでしたが、私のやりたいこと、試してみたいこと、アイドルというもの、プロデュースの難しさ、大人の闇や現実、色んなことを学べた半年間でもあったので結果的にはよかったなと今では思えます。



そしてこれからアイドルとしての第2章を考えています。ぶっちゃけ自分のアイドルとしての夢はまだ全然叶ってませんが、自分に合う合わないとかは知れたので。
あえて自分っぽいところはこの半年で経験出来たのかなと思ってます。だからびっくり!ワロタ!想像できん!みたいな所に入ろうかなとか思っちゃってる自分がいたりしますww
まだ分からないけどね。アホでごめんww


まあズラズラ書いてきて言いたかったことは、私ってたぶん変だから自分の得意なことより自分の下手なところとか自分の苦手なところに踏み出すのが好きみたいです。ドMなんですかね本当はw
だから私はこれから先も苦しんでアイドル活動していく未来が自分で見えてますが、きっとその苦しみを越えられて得意というか、その自分を好きになれた時に夢が叶うのかなと思ってます。

何年かかるかなんてわからないけど、私は地下アイドルという普通では理解できない世界にこれからも命捧げていこうと思ってるので。
みんなもオタク続けてくれよな!!

あ、けどれもは来世でしかみんなと結婚できないから今世で結婚する人は各それぞれ見つけるんだぞ〜www




↑このページのトップへ