yotsu

こんにちは~。Christopher.R のハヤミズです。

さて、今回は腰痛ベルトを自分でつくちゃおう~!!! って話。
最後まで読まないと、返ってバリバリ悪化させるから、ヨロシクね!

前回、ギックリ腰のことを書きましたが、そこまでじゃない、通常の腰痛?も含めて。

その予防のためになるをするかは同じことなんです。

日頃の疲労。→ 放置 → ある日突然のギックリ腰

こういうことなんですね。

ギックリ腰を繰り返している人も、基本的な腰痛対策をすればいーわけ。

で、手っ取り早く、【腰痛ベルト】を自分で作って腰回りに装着しておきましょう~。ってことです。

ん~、ここまで読んでクレーム入れないでね。

ここでいう腰痛ベルトは…。

【あなたが自分で作る天然の腰痛ベルト】ってことです。

ここで特定の商品の写真でも載せると、まずいのでイラストでね。

youtsu-belt
ね! ねっ! そうなんです。 

あなたはちゃんと自前の腰痛ベルトを常に装着しているんですよ。

この右の図、赤とか黒の線は、だいたいなんだか分かるよね。

そう、腹筋なのね。

一般の方は、腹筋というと、「6パック」なんかを想像すると思いますが、それは前側の「腹直筋」ってやつ。

腹筋には、側面にもあって、ヨコ~、斜め上~、斜め下~って、色々な方向に筋肉の繊維が走っていて、これはね。
腹筋といいつつ、側面を通過して、腰の方まで回り込んでいるものがあるんです。

★ 緑の線はちょっと違うものを表現していますが、いずれ…。


で、アルファベッドのエックスの字よりも、もうちょいと複雑で、メッシュ構造みたいな重なり方をしているんよ。

ただ、あなたが、それをちゃんと働かせてない…。
日頃、使っていないから、眠っちゃっているだけなんですよ。
それを叩き起こして、もう一回作り直せばいーわけ。

って、ハードなことしなくても大丈夫なんですよ。

どこぞから、買ってきた腰痛ベルト。
それにずーっと頼っていると、益々あなたの天然腰痛ベルトは、眠って、退化しちゃいますよ。

詳しくは、この後ね。

suwari02

こんにちは。Christopher.R のハヤミズです。

【座り方ワースト3】の2回目です。

前回お話した、① 猫背・没頭型は良くないと知っている女性。
特に姿勢を日常から気にしている「優等生さん」にありがちな姿勢です。

一見すると良い姿勢に見えるかもしませんが…。

まず、腰が反りすぎですね。
そうでなくても、姿勢を気にしすぎる女性は、腰が反り過ぎる傾向があります。
これは骨盤が前傾している場合が多いです。

猫背・没頭型よりもさらに、足の付け根から、腰の骨についている筋肉が縮こまって固まる可能性が大きい。

骨盤が前傾気味になると、内臓が下垂気味となります。
女性にありがちな「下腹ポッコリ」という状況になりますね。

腰痛を引き起こす可能性ばかりでなく、内臓の圧迫の可能性も出てきます。

また、背中の骨は若干後ろに丸みがあるものです。
背すじを必要以上に伸ばす姿勢は、背筋に負荷をかけていることにも通じていきます。
背中のハリや痛みの原因にもなりかねません。

suwari02-02

さらにブルーのバツ印のところ、足の付け根と、膝。
かなり圧迫しているので、やはり足のむくみを引き起こしかねません。


ハヤミズのお客様の中では、こういう状態はOLさんだけでなく。

お茶の先生。
お三味線の先生。

まぁ、正座の人たちですけどね。そういう方々も同様な傾向があります。

一見、非常に良い姿勢と見えますが…。
無理してこの姿勢を作っているので、疲労しやすい姿勢だと思います。
★ 慣れてしまうと違和感は感じないかもしれませんが、筋肉に負担が掛かっている事には変わりないと思います。 

背筋を必要以上に伸ばすのではなく、本来の丸みを保ちつつ、デスクワークで前に行きがちな左右の肩甲骨を少し(ホンの少しですよ) 後ろに引けば、見た目にも自然でキレイ&疲れにく座り姿勢となるはずです。

自然体が一番、美しく、また疲れにくい姿勢なんですよ。

ただ、これが案外難しい~。(汗)
 

腹直筋6p02.png

こんにちは~。Christopher.Rのハヤミズです。

今回は腹筋の実情についてお話しますね。

最近若い女子でも腹筋の6パックに憧れる人も多いようですね。

男子も含めて、多くの人が勘違いしているので、一言。


健全な筋肉は本来柔らかいんです。 


だからカチカチの筋肉は実はヤバいってことになります。 

もちろん、腹筋に力を入れれば、 盛り上がって、硬くなるのは自然なことなんですけどね。


今問題にしているのは、 力を入れていないにも関わらず、 カッチカチな人たち。


カッチカチやで!

って自慢しているような人たち。


もう~、鍛えるばかりでケアの意識が皆無なんですよ~。

スポーツ選手はトレーニング後にちゃんとケアをしてもらっているから、 非常に弾力性がある筋肉を持っています。

ゴムまりみたいな弾力性があるんです。

ただ一旦力をいれれば、カチカチになります。

力を入れなくても、カチカチの人は…、 おそらく…、 トレーニングしている際に筋肉に微細な損傷が起きて、 そのままケアもせずに、放置しているから、カルシウムなどが沈着したままなんだと思います。

これを繰り返していると確かに、四六時中カチカチになると思います。

あなたの腹筋はどう?

細かく 触れてみると、幅1cm位の筋張りが、縦に走っていない?

それヤバい筋肉ですから…。 鍛えっぱなしで、四六時中、カチカチの腹筋は返って身体を壊すよ。


さて、


今目の前に、筋トレ命みたいなお客様がいたとしましょう。

こちらが腹筋に少し圧を入れた瞬間に、

「イテェ~!!!」

と激痛に顔をしかめ、のたうち回る人も少なくないんです。

これはもう、硬くなって、腹直筋の血管なんかを圧迫して、血流不足になっている証拠みたいなもんです。


腹筋…、詳しくいうと腹直筋クンは多くの人が筋トレの対象にはしても、ケアの対象とは考えていません。

「鍛えっぱなし」状態ですね。


一番気の毒なのが、そもそも腰痛持ちで、どこぞで「腰痛には腹筋を鍛えるとイー」なんてのを鵜呑みにして、一生懸命、腹筋運動して、カチカチにしたにも拘わらず、腰痛は楽にならず、返って悪化させちゃう人…(汗)

結構、テレビでもネットでも大雑把な情報が出てますから注意しましょう。

腰痛の原因にもなり得るってことです。

そもそも姿勢が崩れてきます。身体を反らすのは苦手になるでしょう。

ちゃんと労わってあげましょうね。あなたの腹筋。
過度な筋トレは ×××

ある程度の年になったら、週二が限界。
それ以上やっても無駄に疲労が蓄積していくだけですよ!


↑このページのトップへ