日本は絶賛、
梅雨真っ只中である。


広島は今日も雨。雨ったら雨。
雨の音は地味に好きだったりするが、
じとじとしてるのはあまり好きではない。


だが何とこのタイミングで、
沖縄はもう梅雨明けしたらしい。


早い。


早い。



沖縄、早い。




{9F3C759F-B24D-4278-94F8-B68E24A1EC4F:01}


こちらは沖縄のシーサーくん。
友達に似てると思ったが、
俺に似ているかも知れないよ。



{4754F271-AAFF-4DFB-A76B-05CB68A7372C:01}


何だか楽しそうなシーサーくん。
Wピース。

{0103C28E-1634-4D46-8FD2-06D33EB1B8C5:01}


2015.03.15 in 広島CAVE BE
1st single.フラストリレイション
リリースパーティー

俺、まさかのWピース。




そう。



沖縄は小学生の時に
野球の親善試合で
一度だけ行ったことがある。


当時、ユーキ少年は
クラブチームで野球をやっていたのだが。


将来を嘱望されるガタイ、
何処までも飛ぶ打球、
6年生時には4番を任される
そんなことが確定的であった。

が、現実は甘くはなく
試合で文字通り死ぬ程緊張してしまい
ボールがバットに当たらない。

そして小心者のユーキ少年、
ポジションはキャッチャーだったが

「ツーアウト~!」

的な、声を出すのも
恥ずかしがっていた。
そのためアウトをとっても、
試合は死ぬ程淡々と進んでいた。
(少年野球では考えられない)


速攻、クビ。
打順は7番まで下げられ、
ファーストとして
小学生野球の生涯を閉じたのである。

※後に中学生になり、大覚醒するのだが
※それはまたいつか


今となっては大好きだが、
そんな小学生当時は
野球をあまり楽しめて居なかった。

そんな中、
話は戻り、
沖縄へ行ったわけだ。



沖縄のクラブチームと試合をしよう!
という名目。

小学生の謎の
コミュニケーション能力を持ってすれば
地元の人たちと仲良くなるのは
容易かった。

今の俺からすれば羨ましい。

2泊3日、
試合と観光をつめつめで行う
スケジュール。

琉球水族館、
ひめゆりの塔、
首里城?
ブルースカイな海
他にも盛りだくさん。



確かそれは小学5年生の時だったが、
当時の我々の中で、
とてつもなくカッコいい
達成することが大人の勲章と呼べる
ミッションがあった。


「夜更かし」


である。
夜眠くならないなんて、
なんと大人なのだろう。
夜起きて居られるなんて
なんとカッコいいのだろう。
なんと他人とは違うのだろう。


そんな風潮があったわけだ。
あったよね?



そんな風潮の中、
ユーキ少年と仲間たちは、
夜通しトランプをするという
寝落ち耐久レース
いわばバトルロワイアルを
2泊3日にわたり繰り広げたのだ。

数々の仲間、
いやライバルたちが脱落していく中、
2日目には夢遊病で
大捜索が行われる者まで現れた。

ホテルの廊下に
小さなう○ちが落ちていたりもした。


だがそんな中、
ユーキ少年大勝利。

皆に讃えられ、
尋常じゃなく大富豪が強くなった。

ユーキ少年大歓喜。


しかしまたもや、
現実は甘くはなかった。



2日目、3日目とかけて行われる
試合の記憶が一切ない。
なんの記憶もない。
エラーをしたらしい。

同時進行で繰り広げられた、
観光の記憶も一切ない。
全く覚えていない。


どうやら、
眠りながら歩いていたらしい。


まるでウチのドラム、
ザッキーである。



そんなこんなで、
沖縄のことは全くもって覚えていない。
また沖縄に行かなければ。
あつかったことくらいしか
覚えていない。


沖縄にツアーで行けるのは
いつになるだろう。


梅雨からの、
沖縄の話。



ジャンジャン降って、
農作物が育って、
爺さん婆さんたちが
喜べばいいと思うけど、



梅雨、早く終わってくれ。


今日はほんとにくだらないことを
書いたが、
そんな日こそ大切だと思う次第。
明日もまた。



おわり