ドラムです。

ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、京都大作戦の本戦ならびに前夜祭は断念せざるを得ない運びとなりました。


もうバスにも新幹線にも乗って、宿も取って、現地に着いていた人もいたと思います。本当にごめん。


誰よりも悔しいのは10-FEETと大作戦とライブハウス。どうか誰も攻撃し合わず、温かい言葉をお願いします。


このフェス、何が何でも出たかった俺たちとしては悔しい気持ちが大きすぎて、おかしくなりそうです。


前哨戦という舞台ではありますが、紛れもなく夢見たステージへの一歩でした。



ドラム運転中のため
ここからギターが書きます。


ちょっとだけ経緯を綴ります。


出演予定だった京都GROWLY。

Hybridizeツアーきり行けてないにも関わらず、俺らの普段の動きやカバー動画までチェックしてくれていました。


去年の3月に急遽発表したMV「アンコール」では、お客さん、バンドマン、各ライブハウスから思い出の写真を募りました。京都GROWLYからも写真を提供してもらいました。見つけてみてください↓


京都大作戦に漏れず、各地のフェスやイベントは、コロナ禍に負けず頭と手足を止めずに動いてきた人たちの集大成だと思います。


俺たちのことを応援してくれている人たちは本当に真面目で良い人たちばかりです。


お客さん側のライブを見に行くハードルも格段に高くなって


色んな発表や要請に耐えて、
捻出した時間とお金でフェスやイベントのチケットを取って
その予定が奪われても主催者やバンドに文句ひとつ言わず励ましてくれて。


本当に支えてもらってます。いつもありがとう。



前哨戦出演を発表した時に貰った色んな人たちからの温かい言葉や気持ち。

中止を発表した時自分のことのように悔しがってくれた人たちの言葉や気持ち。

そして広島の地方のルーキーを抜擢してくれた京都GROWLY恭平さんならびに京都大作戦。

この気持ちを絶対忘れずこの先に繋げます。



小さな反撃ではありますが今日の19時から
いつもお世話になっている広島のライブハウスReedとJACK IN THE BEATの力を急遽お借りして配信ライブを行います。

京都で鳴らすはずだった曲をここで供養します。

時間の許す方は是非。