_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2186.JPG
突如姿を現した恐怖に、どうやら人間たちは命を守る為の本性を無意識に顕にしている。嘘の情報に踊らされようが、モラルに欠けようが、生きる為に正当化した感情を乱暴に振り回す。

ライブハウスと楽器を持った人間を無差別に毛嫌いすることは、見えない恐怖から身を守る為の手段だ。それで命が救えるなら乱暴な言動も厭わない。

マスクやトイレットペーパーを買い占めることは、直面した非常事態に対する最もらしい行動だ。こんな時に他人へ親切を提供することは即ち自分の命を提供することに他ならない。

必要物資を高額転売することは、生き抜く為の知恵だ。ビジネスのチャンスと捉える事は、ある意味頭の冴えた閃きかもしれない。

そしてそれらの行動に対して、人々がまた別の正義を引っ提げて火花を散らしてぶつかる。言葉を巧みに連結させ、悪と思うそれを吊るす。
















全部良くないよな、こんなの
















野生動物じゃない
服を着て、言葉を使ってコミュニケーションを取る生命体として生まれてきたからには、協力して困難に立ち向かうパワーも生み出せるはず。


力を合わせて、乗り越えたいよ
俺はそう思う。


納得いかないことは多いし、怖い。
ウイルスも、人間たちも、怖い。
いちバンドマンとしては、ライブハウスをそんなに悪く思わないで欲しいし…

これからもしばらくは続くとは思う。

















俺には、何が出来るだろうか。


























今日は、渋谷で音を鳴らす。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2184.JPG
SUGARLUNGと、見に来てくださる方々に感謝を込めて、鳴らす。



前向きなれるパワーを少しでも与えることができるならそれが本望です。