ぐっちです

MUTANT CIRCUS
聞いてくれた人
ありがとうございます


🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸
_var_mobile_Media_DCIM_166APPLE_IMG_6615.JPG
/ アリガトウゴザイマス \


さっそくですがライナーノーツ行きます!速








M1.「FRANKEN MUSIC」


「始まった感」を感じます(アホ)


我ながらシンプルかつキャッチーなダンスロック。仕上がってます。



ヘビーさ、音の華やかさ、メロディアスさ、どれをとっても納得の出来になりました。



今作はアレンジャーのYさんに色々アドバイスを頂きながら共に作り上げました。



今回この曲を作るにあたり腰を据えていざ「RED in BLUEのPOPって何だろう」って考えたときに、やっぱりダンスロックは外せないよなと。


GarageBandのBPMを「146」に設定して製作を開始しました。(最終的に142になる)


このアルバム制作でも大いに活躍しましたGarageBand。


ありがとう。

MQpIrNHyEZ.jpg
数多の曲の屍達 いつか陽の目を見ることを願って…合唱




FRANKENのデモができた時、今とは始まり方が違いました。


サビじゃなくてギターのイントロで始まるのです


硬派でテクノっぽいフレーズでかっこいいなーとか思いながらそのままガーッと一番サビ終わりまで作り進めていってたんですが、アレンジャーさんと話してるうちに「サビを頭に持ってきてみようよ」との助言を受けます。


これが今のFRANKENです。



最終形態しか皆さんの耳には届けることはできませんが、この始まり方になって印象がガラッと変わります。


曲が一気に華やかになりました。
構成のマジック。
これが""リード感""。。。





再生したら一発目の一言が
「君にぴったりのミュージック」
この曲のポイントワードの一つ
「MUSIC」


いきなりルーツの話をします
EGG BRAINの「MUZIC」という曲が好きなんですが、冒頭の「ミュー↑ズィック」でズキューンとやられた人は多いはず。僕もそうです。


構成のアレンジ後この始まり方になった時、真っ先にこれが頭に浮かびました。



少し踏み込んでいうと「MUSIC」という言葉の普遍性と主語のデカさに惹かれました。



世界中のアーティストの歌詞の中で度々登場する絶対的なキーワード「MUSIC」に、RED in BLUEもノミネートしたい

のでトライしてみました。

ダサいかも、いや、カッコいいかも、で、ギリギリのライン

結果かなりイケてるでしょ?





今回レコーディングで活躍した機材達です
ヘビーなバッキングはPRSとNavigatorで固めて、リフは緑のEdwardsで

_var_mobile_Media_DCIM_163APPLE_IMG_3131.JPG
我らが尾道BxB 今谷さんのメサです
炎のような音がします

このアルバム全編を通してそのサウンドを聞くことができます
あまりにも良かったのでこのレコーディング後僕はトリプルレクチを買います。最近壊れたけどね。(修理中)

_var_mobile_Media_DCIM_163APPLE_IMG_3099.JPG
壮観です

_var_mobile_Media_DCIM_162APPLE_IMG_2649.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_162APPLE_IMG_2629.JPG
壮観です
_var_mobile_Media_DCIM_162APPLE_IMG_2621.JPG
レコーディング直前にLastrumで髭ダンの大輔くんと会いました

大輔「なんでギターは緑じゃないんですか〜」
僕「これは借り物なんだよ〜」

なんてやりとりをしました



歌詞については聞いての通り。
ジャンクで手軽なのもいいけど、それで楽しさとか忘れちゃってないか。あなたにとって、手間とかまで含めて愉しめるものを見つけてほしいです、
なんて講釈垂れてますが、詰まる所出会ってくれてありがとうと言っています。本当です。
君にぴったりのミュージック。



地下のライブハウスから
でっかい会場まで似合う曲です。





聞いてくれてありがとうございます


他の曲も渾身の曲に仕上がってます
それらのライナーノーツもぼちぼち更新していきますので
それまでよかったら予習がてら聞いてみてください。
‎RED in BLUEの「MUTANT CIRCUS」
‎アルバム・2019年・7曲
music.apple.com



それでは。


ぐっちでした。