お店をやっていると、
いろんな人の人生に触れます。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0779.JPG

同世代のひと。
少しだけ年の離れたひと。
人生の大先輩。
上京したてで夢しか抱いてない若者。
これから出産を控えているご夫婦。
親の介護がそろそろ必要な40代。
etc...

老若男女、それぞれに人生がある事を、
日々知れるのは、
バーテンダーの特権かもしれません。

人は、うまれてから死ぬまで、
数えきれない数の人と、
関わって生きていく。

その人生の中で、

【あの時ああしておけば良かった】

と、
自分の選択を悔いる事ほど、
残念な事はないんじゃないかと、
常々思っています。

とある飲食企業の社長さんが、
とある番組で、

『人は絶対、志半ばで死ぬ。
どうせやりきれない中で死ぬなら、
出来る限りやりたい事を貫きたい。』

と話していました。

その話を聞くまでは、

「死ぬときに満足していれば、
日々の後悔や反省は仕方ない。」

なんて思ったりしてたけど、
確かに満足して死ぬ事はないだろうなと、
目から鱗が落ちたわけで、
だったら日々の選択を、
悔いる事なく、力強く判断したいと、
今は、常にに集中して、
一挙手一投足を、大事にしています。



揺り籠から墓場まで。



振り返れば、
あっという間な人生を、
どんな状況でも、
楽しめる心を、
持ち続けたいと、
思っています。


4630