22歳で初めて出た社会は、
音楽業界のど真ん中。
の真裏。
表の仕事を目指して上京して、
何故か裏方業に専念する流れに乗りました。

歌でメシを食うか、
ライブレストランを創るんだ!

と、意気揚々と張り切っていた18の春。
たった4年で表から裏に回る人生は、
その頃から波乱含み。

音楽の世界を見て、
でもやっぱり飲食の世界も見たくて、
25歳で転職を決めた時、
その時一番信頼していた上司に、
忘れられない言葉を頂きました。

「この転職は、僕の転機です」

上司「あんたね、転機ってのは、
いろんな人を巻き込んで、
いろんな人に迷惑かけて、
それを覚悟して初めて起こる出来事なんだよ。
あんたの転職は、
ただの“岐路”だ。
まだまだこれからいろんな事がある。
“転機”が来た時に、
もっと頑張んなさい。」

その時から、
何か起こるたびに、

(これは転機か岐路か)

と考えてきました。
上司の言う通り、
目の前に訪れた分岐点のほとんどは
【岐路】
34年の人生で、
【転機】と思えたのは、

『結婚』『独立』『出産』

の3回。
これが、多いのか少ないのかは分かりません。
そして、
今回の分岐点は、
おそらく、

【転機】

しかも、過去最大級。

この転機を、
しっかり乗り越えたら、
いつか、上司にちゃんと報告したい。
もう10年会ってないけど、
忘れられてるかもしれないけど、
あの時の、あの言葉のお陰で、
様々な分岐点を、
冷静な判断で乗り越えて来れた。
本当に、感謝しています。

【転機】と【岐路】

自分にしか分からない、
その差。その違い。
自分の感覚を信じて、
選択していこうと、
思っています。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1571.JPG
(ヤバイ交差点 in 静岡)

4630