_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0778.JPG

友達は、多い方だと思う。
友達と言えるかどうか分からないけど、
とにかく知人は多いと、
よく言われる。

『私達は先に死ぬから、
あなたは周りの人を大事にしなさい』

と、
子供の頃から親に言われて育って来て、
意識したわけじゃないのに、
多くの人が、関わるようになってくれた。


昔、ちょっと苦手な人と、
ラーメン屋に行った事があった。
一生懸命、会話の糸口を探したのを、
今でも覚えている。
後から陰で、
『アイツは知り合いの話ばっかだな。自分の話しなくてつまんねえ。』
と言われていた。
思えば、昔から、人の事ばかり考えて生きて来た気がする。

そんな人間が、
独立して店を出した。
早いもので6年目になる。

知識も経験も浅い。
勢いだけで出した店は、
順風満帆なわけはなく、
人に頭を下げ続けた時間を過ごし続けて来た。

明日は誰か来る かもしれない
誰も来ない かもしれない。
来月は儲かる かもしれない。
誰が助けてくれる かもしれない。

その、

かもしれない

の世界は、
理想とは程遠い世界で、
そこに幻滅する事さえあった。
しかし、
広く世の中を見渡せば、
比べたらキリがないほどに、
マイナスの情報は溢れている。

かもしれない

の世界は、
上手くいかない現実の、
逃避する場所ではなかったのだ。
ただ想像力が足りなかった、
言い訳の世界。
だから、マイナスを受け入れて、

しかたない

の世界に、自分で勝手に変えてしまう。
未来を変えるのは、
自分の力なのにも関わらず。

マイナスの、
かもしれないワールドには、
人を頼りすぎる自分がいた。
頼るというか、依存だな。
それは、自分の心の弱さが招いた、
招かれざる世界。

数えきれない仲間がいる事を、
もっとプラスに捉えられたら、
もしかしたら、
未来は変わる。
かもしれない。

僕らが生きるこの世界は、
予測出来ないからこそ面白い。

その事に、
気付けただけでも、
努力した意味があった。

のかもしれない。



どんな未来も受け入れる。
ただ、
最善を尽くしてからだ。


4630


人それぞれ、
考え方も違うし、
モノの見え方も違うし、
もしかしたら、
目に見えている色さえも、
同じではないのかもしれない。

長く生きれば生きるほど、
なんとなく、
『世の中分かった風』になってくる。
自分が見えてる世界が一番正しくて、
その世界にいない他人を否定したりして。

時代は流れ、
人と繋がる手段も変化し、
日々の連絡は、
携帯電話1つで出来るようになり、
メールやLINEの、
既読未読で、人間性まで判断されるようになった。

『既読スルー』

なんて言葉まで生まれて、
連絡が一方通行であることに、
一喜一憂する事は、
人によっては大事だし、
人によっては小事である。

ようは優先順位が違うのだ。

大事だと思う事は、
考えなしに優先するし、
そうじゃない事は、
無意識のうちに後回しになる。

それが、
人それぞれに違えば、
ボタンのかけ違いが起きるのは当然で、
当然である事を前提に、
物事を見極めないと上手く回らない。

かけ違えたボタンは、
そう簡単には元には戻らないけれど、
次のボタンは、
上手く付けられるかもしれない。

その、
かもしれない
の繰り返しで、
人生は出来ている。
ネタバレは無い。
予測出来ない事が、
生きる面白味なんじゃないだろうか。

生きる環境が変われば、
優先順位も変わる。
家族が出来れば、
自分優先ではいられない状況も多々ある。
それでも、
大事なのは、
普通
と呼ばれる生活が、
当たり前
に営める事。
そこに優先性があれば、
欲をかかずに、
とにかく笑えれば、
人生の、
優先順位のつけ方は、
たぶんきっと、
間違えていない。



4630

10年前までは、
飲食業ではなく、
音楽の仕事で、
下っ端をやっていました。

その頃よく言われていたのが、

『お前は勘が悪い』

か、勘??

その頃の若かりし私には、
その言葉の意味が理解出来ず、
理解出来ない時点で、
やっぱり勘が悪かったのだと、
今になって痛感するわけで。

目の前に広がる世界には、
いろんなモノや生き物がいて、
歴史を刻んだり、文化を生み出したり、
時代の1つ1つを、その時代にある事象全てが、
時間をかけて築き上げているわけですが、
自分ひとりの脳みそで、
理解出来ていることなんか、
ほんとに大したことない物量で、
そこに甘んじて、
自分の考えが全てだなんて思い込んだ日には、
そりゃ勘違い甚だしいわけで。



共存共栄。


相手の気持ちを重んじるとか、
相手の立場に立って物事考えるとか、
年配者から言われた事を、
自分なりにひたすら頭狂うほどやってみて、
やり続けた上で、
それでもやっぱり自分の考えがしっくり来る場合、
そこに、


が働いているのかなと、
10年、いろんな事を経験した上で、
思うわけでございます。

今、まさに、



が働いている。
この感覚、是非、大切に。


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1458.JPG

4630

↑このページのトップへ