image

ようこそ 卑弥呼ワールドへ
※この記事はいつも先頭に表示されます

ここは、卑弥呼ことヴァイオリン弾きはらだまほのブログです
放課後ライターもやっています

卑弥呼の航海日誌・目次

1.筆者略歴
2.公演情報
3.最新記事情報
4.ご連絡先

以下卑弥呼の出没先です

1.Twitter@real_sail
2.公式ホームページ
3.オーケストラ・トリプティーク
4.藝大ミュージックアーカイブ
5.記事一覧@Social Trend News
6.記事一覧@街角のクリエイティブ
7.記事一覧@しらべぇ
8.記事一覧@COSMUSICA
9.note@ひみこさま

それでは卑弥呼ワールド、ぜひお楽しみくださいませ

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3832.JPG

最近バイリンガールちかさんの動画にはまっています


ただでさえイギリス英語にもっともっと慣れなきゃいけない環境の中で、アメリカ英語に触れていていいのか!というツッコミもあるのですが

ちかさんの動画は、とにかく見ていて気持ちがいい! ちかさんのほがらかさに魅せられてついつい見てしまいます

いくらイギリス英語アメリカ英語といっても、根幹は同じ部分も多いので、レッスン動画もふつうにタメになるし…

そんなこんな、いろいろな動画を見ているのですが、見ていてふと「あれってイギリス的言い回しだったのか!」みたいに気づいたものがあったので、ブログに書いてみようと思いました

またせっかくなので、それだけでなく、ロンドンに住み始めてから覚えた言葉も載せてみました

思いつきで書いているのでとりとめもないし、実用的かはわかりませんが

イギリス英語のちょっとしたニュアンスを楽しんでいただければ…と思います


レストランでオーダーする

レストランなどでオーダーするとき、ちかさんは「get」を使っています

例)
Can I get たべもの?
I'll get たべもの.

一方、わたしは「have」を使います

例)
Can I have たべもの?
I'd like to have たべもの.

イギリス英語はアメリカ人からすると「かっこつけている」と言われるのは、こういったところかもしれません

ちかさんも「have」バージョンを紹介はしているのですが、動画だと「get」のほうが出てくるので、そちらのが使いやすいのだろうな、と

あえて「have」を使うだけではなくて、わざわざ「I'd like to」なんて敬語のような物言いをしたりするあたりが、イギリス英語の"まわりくどい"と言われる部分でしょう


「hope」と「wish」

大学受験英語のときに、「wish」は叶う可能性が高いものに対して使う、「hope」のほうはわりと非現実的・あまり実現しないニュアンスがある、と習ったものでしたが

イギリス人はむしろ「hope」が頻出です

恐らくアメリカ英語のほうが「wish」を使い、イギリス英語では「hope」のほうが好まれる傾向にあります

アメリカ英語的には「hope」で相手の何かを祈願すると「なんだよあいつ叶わないと思ってんのかよコラ」と思われるシーンがあると、チラッと聞いたのですが(授業でチラッと聞いたことなので、現地の声ではないです)

イギリス英語的にはむしろ「hope」歓迎です


大丈夫だよ!

各ご家庭でその家でしか通じない「方言」があると思うのですが、ところでわたくしの属する「ハラダ家」は、特に誰もバイリンガルではありませんけれど、生活の中にちょっとだけ英語の言い回しを使います

その中で、「No ploblem」問題ないよ!は頻出フレーズですが

これ、イギリスだと「 No worries !」が自然なんです

友達に聞いたところ、たとえば誰かが「ごめん!ちょっと遅れる」と言ったときに「No worries」と返すということです

その友達曰く

「遅刻は『問題がないわけではない』ので『No ploblem』とは言い難いが、遅刻することを許さないわけではないので『心配いらないよ』=『構わないよ』という表現になる」

という見解で、聞いたときに

ほうう…

と思ったのをよく覚えています

遅刻自体は問題じゃないわけではない、それを否定せずに、でもいいよ、と伝える

ある意味で、たとえ腹がたっても「大丈夫だよ!」の言葉ですべて集約して返す日本人的感覚に似ているように思います


ゆっくり

なぜかは知りませんが「ゆっくり」の言い方が違います

例)
アメリカ英語では「slow」
イギリス英語では「slowly」

ほんとになんで




まだまだ、まだまだ知らない言葉はいっぱいだけれども、自分の耳で現地で拾った言葉を自分の口から自然に出せるようになるって、ちょっとだけ誇らしい気持ちです

最近やっと「I can't」をイギリス式に言えるようになったというか、とっさのときでもアメリカ式は出なくなりました

いうてほんとにまだ英語ダメダメな日々なんですけれど……


気が向いたらまたこんなこと書いてみようと思います




SsGsM2wU4F.jpg
加工してたらやたら陰影ついてかっこよくなったとりそぼろ

日本から持ってきたor届いた食材はちびりちびりと小出しに、「ここぞ」と感じたときに食べています

カレーメシ、ずばりその名の通り
うまうま
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3211.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3212.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3213.JPG

うわさの THE Chocolate ! 抹茶味
テンション上がってむだな自撮りをナオミちゃんと
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3788.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3782.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3783.JPG
SJGD_KDlJ4.jpg

パウチのとりそぼろ
たまごのそぼろ作ろうとしたらレンジかけすぎてただのきれいな卵の薄焼きに
SsGsM2wU4F.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3746.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3748.JPG
Z0LemSltQH.jpg

ごはんですよ
わたしには海苔の佃煮で絵を描くっていう謎の決まりがあります
PCvqGqJnjC.jpg
gEDfiaAMLd.jpg

そしてアンパンマンスープ
子供の頃からの圧倒的ヒットなんですがこれを語れる人に会ったことがない…
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3767.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3768.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3769.JPG

今日は写真で語る日でした


↑このページのトップへ