ロケチキ通信20 (これはスタッフ向けに書いたLINEをコピペしたものです)
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4981.JPG

無知の知

Ignorant knowledge って言葉知ってますか? これをざっくり説明すると『いかに自分が無知であるかを知っていること』みたいな。あのソクラテスが残したらしい有名な言葉です。


以下Wikipediaより一部抜粋
———————————-
知恵者と評判の人物との対話を通して、自分の知識が完全ではないことに気がついている、言い換えれば無知であることを知っている点において、知恵者と自認する相手よりわずかに優れていると考えた。また知らないことを知っていると考えるよりも、知らないことは知らないと考えるほうが優れていること
—————————————

自分も34歳になりオッサンですが、若くして経営者になったこともあり、大した人間でもないし無学者でありながら、人に教えるということがとっても増えました。すると、様々な忖度や表面的な地位の向上により、あたかも自分が優れた人間だなと勘違いしそうになる時があります。

一生懸命謙虚にいようとしても、社会に出てやることなすこと怒られていだ時代からすると、かなーり偉そうにしている自分がいることに気づきます。(それでみんなに嫌な思いをさせていたら本当にごめんなさい)

きっとこれを見ている皆さんはまだ何にも知りません。自然とは?歴史とは?社会とは?お金とは?自分とは?生きるとは?人間とは?喜びとは?

だけど、少し人生を重ねると色々知っているかのようにおもってきてしまうもんです。

自分が『いかに何も知らないか』に気付いたのは、海外に行ってからでした。
 
世界遺産のアンコールワット遺跡群で隠れんぼして遊んでる子供達と仲良くなったり。
ポルポト派時代に埋められた地雷を踏んで胴体に顔面と右腕しか残ってない状態で生き延びてしまった青年と出会ったり。
正義の味方であるはずの警察官にカツアゲされそうになったり。
『お前の仲間だ』といって渡された段ボールの中身が第二次大戦時の日本兵士の骨だったり。
日本では目が大きくて顔が小さい方が良いのに、違う国に行ったら目が小さくて顔がでかい自分がやたらモテたり。
お祭りの時に目の前で豚を殺してて、そしたら子供がバーっと寄ってきて、豚から出たばかりの血を救ってみんなで取り合いながら血を一気飲みしてたり。

まだまだ無限にあります。

『自分の中の常識ってマジでなんの役にも立たないんだな』って思ったことばかりでした。

そんな話してたら、思い出した。ファクトフルネスって本読みました?本当読んだ方がいいっす。

この『いかに自分が何も知らないか』
ってことを、若いうちに体感してほしいです!

おやすみなさーい🎅