月別アーカイブ / 2017年02月


考えれば当たり前の話なんだけども。

自分『今日キッチンやってみようか』
学生スタッフ『やったことないので、できません』 

いやいや…

自分『あの仕込みやってみて』
学生スタッフ『分かりません』

いやいやいや…

できないから、分からないからって…

そしたら、君はどーやって鉛筆持てるようになったんですか!?

どーやって靴ヒモの結び方覚えたんですか!?

どーやってチャリ乗れるようになったんですか?!

『できなかったことを、やってみたから、できるようになったんでしょーが!?』

『やらせてください!教えてください!』ってくるスタッフは成長スピード8倍くらいだなと思いました。

これについて、以前からずっと思っていることは『英語』についてです。
自分もなんとかカタコトの日常会話くらいですが、英語で外人と話したりはします。

自分『海外行ってみな、たのしいよー!』
だれか『行きたいです!でも英語できないからな〜』

いや違うでしょと。いや、別にいいんですけども。英語なんも分からないまま、どうしてもスケートボードの本場を見てみたくて1人でLAに行ったのが最初の海外でした。マジで困りまくりましたけど、それが良かった。

『できないからやる』これの真髄を教わったのはスケートボードです。
スケートボードは今までのスポーツとは(スポーツとはそもそも思ってないですが)なにが違うかというと、

スケートボードはルールのない中で『できないからやる』を繰り返し続けるものです。

野球や、サッカーは、ルールの中で地道に同じ動作の、ベストパフォーマンスを作り上げることですよね。これはこれでほんとにすごいこと。

スケートボードは、
オーリー(ジャンプ)で一段の階段飛びおりれたら、次は二段、その次は三段を飛ぶ。それもできたら、フリップ(板を回転させる技)で一段、二段、三段とやってみる。
ジャンプできたから、レールに乗って滑ってみよう、レール滑れたから、今度はレールの乗り方を変えてみよう、傾斜のついたレールでやってみよう。
みたいな。

この複合系を何億回練習し続けた人だけが、今トップにいるんだと思います。

野球なら、もっと打球を飛ばしたい!ということには選手のリスクはあまりありませんが、スケートボードは次の技やってみよう!今度はレールに挑戦してみよう!というひとつひとつの挑戦にけっこう強めなリスクがかかります。リスクとは『転ぶこと』です。アスファルトに。

不確実性に対して勇気ひとつで『やってみる』ことを、永遠に続けるのがスケートボード
だと思います。そー考えると『できないからやる』をずーっと10数年間続けてきたんだなって思います。

それが自分に生かされているかどーかはすごく謎ですが…汗。
まーやれるだけやってみます!ビビってる場合じゃないっつーの(自分へ)。弱い。がんばります!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1412.JPG
昔テルに撮ってもらった写真











_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1406.JPG

なん年ぶりに来たんだろ?横浜中華街。

相変わらずいい空気感出してますね〜、この異国感たまりません。
今は海外にいったりする暇もないので、こーゆうところで異国感を感じておかないと。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1405.JPG

屋台のおばちゃんに聞いたら、京華楼の刀削麺が有名とのことで、ここに来ました。

実は食べるの初めてっす!

もちもちで、辛い牛肉の角煮が乗っていて、とてもうまかった。
でもマジで辛かったです。

自分が食べたのは唐辛子マークが2つで、横にあった担々麺は唐辛子マークが3つだったので、本当にそれ頼まなくて良かったーと思いました。
担々麺大好きなので。

今度は中華街に飲みに行こうと思いましたー。

でもやっばりロケットチキン!

大したことじゃないんですが。

昔はwhat do you do?(何してる人ですか?)と聞かれた時に、スケーターです。とかスケートボードやってますって答えてた記憶があります。

でも社会人になってからな『料理人です』とか、今は『飲食店経営者です』って言うようになった。

『自分が何者であるか』のベクトルが社会人になると『何で稼いでいるか?』に変わる。

良いのか、悪いのか分かりませんが、みんなそこばかり聞いてくる。TINDERやってみて、ふと思いました笑。 良い出会いありませんかね〜。

今はロケットチキンを飛躍させることだけ集中、そのうちいい人と出会えることを信じて!笑
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1272.JPG
写真は先日友達が来たので湘南案内した時の一枚。

ホームページもみてください!


↑このページのトップへ