月別アーカイブ / 2017年01月

この五日間くらい、本当に家に帰るのが楽しみでした。

この本のおかげで。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1198.PNG

池井戸潤さんの『空飛ぶタイヤ』。当時はかなり話題になっていたけど、読んでませんでした。上下二巻を五日間で読んだのは多分自己新記録っす、読むの遅いんで。

池井戸潤さんといえば皆さんご存知のこれ
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1199.PNG
下町ロケットが有名ですね。自分も下町ロケット読んでから、この著者の本他にも読んでみたいなーと思ってました。

空飛ぶタイヤは、2002年に起きた三菱製トラックの脱輪によって、歩道を歩いていた子連れの母親にタイヤが直撃し、死亡事故となった事件を題材にしたお話です。

そのトラックを運転していた運送会社が、脱輪した原因は自社の整備不良と決めつけられてしまいました。

それに納得できるはずもない運送会社の社長(赤松)が、超巨大企業であるホープ自動車(三菱)に戦いを挑むといったストーリーです。

こーゆうノンフィクションの話を読むとどこからどこまでが本当なのか?っていつも思うんですが、とにかく面白く読めました。

そんで、なにより勉強になりました。
なにが勉強になったかというと

ロケットチキンもビックになりたい気持ち満々で毎日頑張ってるんですが、組織が大きくなればなるほど『お客様』への気持ちが薄れていく可能性があるということ。

自分は起業前は『良い飲食のモデル、良い商品』ばかり考えていました。んでロケットチキンは出来上がったんですが、結局は商品やシステムだけではお客さんを振り向かせられなかったんですね。

飲食の場合は『維持でもお客さんに喜んでもらいたい!!』って気持ちが現場になければ、良いモデル、良い商品があっても意味ないんだなと思いました。

今後がどうかは分かりません、テクノロジーはそこを超えてくるとも思います。しかしテクノロジーだけでもダメなんだと思います。

この五日間、本当寝不足で読み続けたので、今日は早く寝ます。おやすみなさいましー

ロケットチキンのホームページも見てやってくださいな






今年もこの布の時期が来ました、三枚目です。六会日大前の本店は学生のお客様ばかり。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1175.JPG
将来、立派な社会人になって、ふと学生時代を思い出した時に、ロケットのことも思い出してくれたら嬉しいなと思って始めた『卒業生が寄せ書きをする布』です。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1176.JPG
何年後かに、ひさびさ六会に来て、学生時代の想い出にひたりながら、ロケットキッチンに寄って、自分の学生時代の寄せ書きがまだ残ってたら嬉しいですよね、きっと!

完全学生オンリーのような話をしましたが、近所の幼稚園生などで、来年から小学生!という子だって、めっちゃ寄せ書きしてくれます。
六会にかけてあるので、是非一度ご覧くださいな笑。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1174.JPG
縦横2メートルの巨大な布を、毎年、毎年、上から新しい布を垂らして、重ねていきます。去年も、おととしもたくさんの寄せ書きが集まりました。今年はどんな寄せ書きを書いてくれるんだろうなー。と今から楽しみっす。

真ん中の部分は、今年卒業するロケットの学生スタッフが筆入れをしました。とっしー、がく、ミキティ、ありがとう!

ホームページもみてね〜



ってゆう題名付けましたが、僕らはまだ成功企業ではないので、あくまで推論です…笑

コアコンピタンス!

他社が真似できない、強み!

これを飲食店に置き換えて、ぱっと思いつくのはこれですよね。

そのお店の名物料理!

名物料理を作って売り出す店は、たーくさんあります!なので店側が謳う『名物』だけでは、パワーないんですよね。

ですが、コアコンピタンスは『他社が真似できない』がミソですよね。

そこを追求して、名物の開発に力を集中すべきと思うんです。

サブレはいっぱい世の中にあるのに、味はたいして変わらないのに、『鳩サブレー』は他の『サブレ』とは一緒にできませんよね…。

ま、鳩サブレーの場合は歴史がつよいですが。

ほかにも、日々使ってる物とかで『なんでこれって、このブランドを買いたくなるんだろ?』

みたいなことを『常に考える』ことがスタートだと思います。

コアコンピタンスがあるお店を追求すべきだと思います。

その追求からのロケットチキンなんです。🤔🤔🤔🤔
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0735.JPG


ホームページも見てね



↑このページのトップへ