月別アーカイブ / 2021年06月


今日、発表になりましたが、11月に黒木瞳さん企画・演出のお芝居に出演させて頂きます。


出演者の一人に選んでいただいた事とても光栄ですし、宝塚の後輩として身が引き締まる思いです。


良い舞台にできるようしっかり準備していきたいと思いますので、皆さま是非!劇場にお越しくださいね!!!

よろしくお願いします!!!


そして、
せっかく書いてるので、軽く昨日の欧州選手権の感想を…


イングランドvsドイツ…私はドイツが手堅く勝つのではないかと思っていたので…ことごとく予想が外れる今回のEuro。
実際に前半はドイツが試合をコントロールしているように感じて見ていました。イングランドにボールを持たせて、カウンターを狙う、と言うような。


イングランドの得点シーンはウォーカーからのスターリングが起点となりマンチェスターシティラインの躍動が嬉しくて。
ゴールを決めたスターリングは今季マンCでは昨年ほど得点があげられず不振だと言われていましたが代表では活躍していて嬉しいです。

そしてケインもEuroで初得点!良かった〜。
追いかける展開になってからは今度はドイツがボールを持たされて、2失点目は辛かったですね…。
復活したミュラーが代表にいるドイツも、もっと見ていたかったチームです。


連日の深夜観戦で、正直かなりキツかったのがウクライナvsスウェーデンでしたが…
拮抗した試合で、どちらのチームも丁寧にボールを繋げるサッカーでしたね。正直PKまで行くかなと思ってました。

しかし普段マンCを観ている身としてはデ・ブライネの弟ジンチェンコ(違)が大活躍で嬉しい!ジンチェンコもマンCではやんちゃな弟キャラですがウクライナではエースを張っている姿を謎の母心で見てしまいます。

番狂わせのEuro2020、引き続き楽しみます!

準々決勝の日程が朗読劇の本番と被ってしまうので、WOWOWのリアルタイムで観られない…オンデマンドを登録しようと模索中。できるかな。やってみる!!

朗読劇、今日は劇場で場当たり!
明日はゲネです♪

【注釈】
ジンチェンコとデ・ブライネは見た目が似てるから公式によくイジられているのです。デ・ブライネが子供たちの写真をあげるとコメント欄で「ジンチェンコはどこ??」と言われたり(笑)



いつも蘭乃はなに応援賜りありがとうございます。この度、『甘くない話〜ノン・ドサージュ〜』への出演が決定いたしました。

ぜひ劇場に足をお運び頂きますようお願い申し上げます。


公演概要は以下の通りです。


■ 公演名
甘くない話〜ノン・ドサージュ〜

■ 公演日・会場
*東京公演
2021年11月3日(水祝)〜11月7日(日)
日経ホール

*大阪公演
2021年11月13日(土)
松下IMPホール


■出演者
村井良太
高崎翔太 馬場良馬 西野太盛 蘭乃はな
市川九團次

■企画・演出
黒木瞳


■主催HP
http://www.zen-a.co.jp/



なおFCにてチケット先行受付を行う予定です。
FC会員様向けメールマガジンにてご案内いたしますので、FC会員の皆様は今しばらくお待ちください。

その際、お手元の携帯端末等のセキュリティ設定を改めてご確認いただき、以下のアドレスからメールを受信できるよう(迷惑メールに振り分けられないよう) ご準備ください。
info@rannohana-official-fc.jp


◼️蘭乃はなオフィシャルファンクラブ
http://www.rannohana-official-fc.jp/




普段、「レアル・マドリードの天使」だなんて呼ばれているルカ・モドリッチ…
あんなに猛々しいモドリッチが見られるのはクロアチア代表だけなのではないかと思いますね。本当にカッコ良かったなぁ…反芻。

昨晩も観ました。Euro2020ラウンド16。
まずはクロアチアvsスペイン。
まさかのオウンゴールでクロアチアが先制したものの、スペインが盛り返して1-3になった時には「やっぱりスペインか〜ブスケツいるもんね」となってました。
そして最後の10分。クロアチアの猛攻により同点に追いつき延長戦までもつれ込みましたが、モラタの決勝点でスペインが勝ち越し…。
そりゃ足も上がらずトラップ大きくなっちゃうよモドリッチも…だってあんなに動いて動かして…運動量半端ないもん。
それでも最後まで裏を狙い続けたクロアチア本当にカッコ良かったです。
スコットランド戦のモドリッチのアウトサイドミドルと共に、サッカーの歴史に語り継がれると思います。
改めて、モドリッチは素晴らしいサッカー選手だと思いました。(レアル・マドリードではカゼミロ推しですが、やっぱりモドリッチも好き!!)


フランスvsスイスも凄かった〜。
延長戦でも決まらずPK。制したのはスイス。4人目のキッカーまで全員成功、5人目、まさかフランスの神童ムバッペがゾマーに止められるとは!!

優勝候補のフランスが負けるという番狂わせ、面白い。ですよ。

個人的にはフランス右SBパヴァール推しなのですが、攻撃的な彼の個性があまり活きていませんでした。チーム事情で、昨日は珍しく3バックで始まりパヴァールはウィングバックでしたが、高くて外の位置取りすぎだったような…(画角に入らなかったので実際の位置は見えなかったですが)
右バックからもボランチからも遠すぎてパスが来ないから右サイドが、もはや存在しないのではないかという…。
PKを取られてしまったのも、高い位置取りすぎて裏を取られたのがキッカケだったと思います。
そのPKをロリスが止めたところからベンゼマ2発は最高にドラマティックでしたね!

前半途中で4バックに戻って、守備は安定したものの、パヴァールの走り出すタイミングが悪いのかパスも来ないしオトリにもなれてない時があって。右サイドがもっと使えてたらフランスももっと楽だったのではないかと思ってしまいます。
この現象がどんな時も起きてしまうのか確かめるためにもフランスには勝ち進んでほしかったなぁ。

が、スイスも蘭乃的楽しみがあります!
エースのシャキリ。彼もモドリッチ同様、クラブチームでのキャラクターと違うんです。
リヴァプールでいつもクロップ監督に色々と指示を出されてテンパり顔のシャキリが可愛くて仕方ないのですが、スイス代表では「俺に全部任せとけ!」っていう表情になっててギャップ萌えです。


準々決勝も楽しみです♪


ではお稽古行ってきます。
今日は最終稽古です!!

この明るい髪色も朗読劇までかな。

↑このページのトップへ