月別アーカイブ / 2020年03月


週が明けましたね。引き続きおこもりLIFEの方も、テレワークの方も出社の方も。
昨日の続きです。お付き合いください!


2018年ロシアW杯
実は私がサッカーをじっくり観るようになったのはロシアW杯からです。直前に日本代表の監督が変わったり"おっさんJAPAN"と大会が始まるまでは揶揄する人もいましたが、昨日も書いたように蘭乃にとっては"肩入れ世代"ですから、私はブラジル大会の雪辱を晴らしてほしいと切に願ってる一人でした。

グループリーグを突破して、ラウンド16で赤い悪魔・ベルギー代表とほぼ互角に戦った日本でしたが「ロストフの14秒」…終了間際に逆転されてしまいましたね。

でも一番応援した、同世代の選手たちが世界の強豪ベルギーを脅かす存在にまでなったのだと大きな感動があったW杯でした。


敵に惚れる
その一方で私は、ベルギー代表のケビン・デ・ブライネという選手に魅了されてしまいます。ロストフの14秒の立役者でもありますが90分の中でのゲームメイク、鬼のように鋭いパス、誰が見てもわかるハードワーク、味方を鼓舞する姿。カッコよすぎる。

そこからベルギー代表の試合は全て見ました。


決勝トーナメント
そしてサッカー界の宝・メッシを観るためにアルゼンチン×フランスを観ていたときでした。センセーショナルなボレーシュートを決めた右サイドバック、ベンジャミン・パヴァールに一目惚れ。フランスが優勝するまで応援することができてW杯かなりエンジョイしました!
bweQPZwJwW.jpg


W杯後
日本代表以外にも好きな選手ができて、なにが変わったかというと、父が観ているサッカーをボンヤリではなくしっかり観るようになりました!昨年度まではプレミアリーグは衛星放送で放映されていたので特にデブライネが所属してるプレミアリーグのマンチェスター・シティの試合はほぼ観ました。


試合前後の楽しみ
W杯翌年のアジアカップの頃にはもっとサッカーを知りたい欲が出てきます。試合の前後でYouTubeを観るのです。色んなメディア媒体の方が配信をして試合を振り返って解説してくれたり感想を共有するのが興味深くて、

スカサカでは清水英斗さん
サッカーキングではみっしーさん
YouTuberではLeo the Football さん

の配信が好きでサッカーについて勉強するようにもなりました。
特に清水英斗さんのコラムや著書は日本語も美しいし愛があってすごく分かりやすいです。
サッカーを観るのがもっと楽しくなりました!

あと、尊敬するのはペナルティのワッキーさん!
すごいんですよ。Jリーグ(J1)の試合全て(一年350試合以上)を観て、観戦ノートをつけている。ワッキーさんがTVなどメディア媒体でサッカーについて語ってらっしゃると知識と愛が溢れていて釘付けです。
そして宝塚の大先輩の小柳ルミ子さんも大のサッカーファンでいらっしゃるので、私も背中を追いかけたいと思います!


DAZNの加入
私を一気に加速させたのはスポーツ観戦アプリの導入。ずっと躊躇してました。だって絶対にそればっかり観ちゃうってわかってたから!でも。。去年のGW前に携帯電話を機種変更したときに、手続きを担当してくれた窓口のお兄さんにオススメされたらもう拒否できなかったです。
「ずっと迷ってたんですよね〜……

 加入します。」


観戦パラダイス
今までは衛星放送で少ししか観られなかった海外リーグやJリーグが、ほぼ全部観られる!夢のよう…!!
ただ全ての試合を90分観る体力がないので、選んでいます。
そして試合を観るようになると好きな選手はどんどん増えます。楽しい!!
今ではなでしこJAPANや育成年代も観戦するようになり、延期にはなってしまいましたが東京五輪も本当に楽しみです!


今はサッカーをはじめ、世界中のスポーツが中止になっていますが、また安心して楽しめるようになる日が早くきますようにと祈るばかりです。



二日にわたる「サッカーとわたし」お楽しみいただけましたか?
のんべんだらりでしたが、おこもりライフのの暇つぶしになっていれば幸いです!


では引き続き、
・手洗いうがい
・マスクの着用
・他者・公共物への接触を避ける
・出来る限り、家にいる

各自できることをして、この困難な状況を乗り越えましょうね。

今日の東京は雪が降っています!
空も自宅待機を推奨している模様。

昨日の中途半端な宣言通り、サッカーについて書きます。

題して、

「サッカーとわたし」

どうぞ、おつき合いください。


なぜサッカーを観るようになったのか?
私が幼い頃、Jリーグが開幕し世の中は空前のサッカーブームでした。毎週のように地上波では試合中継があったり、選手がメディアに取り上げられたり。取っ掛かりはバッチリ!

その上に私の父は未だに草サッカーをやっている程のサッカー好きで、土日に家にいる時はずーっと衛星放送で放映している海外サッカーの試合を見ていたので、家のTVでサッカーを観ることが"普通"だったのです。中学生のとき平日の夜は私たちが宝塚のビデオを見まくってたので土日は譲るという暗黙のスタイルだったのかな?笑


ターニングポイント
私が初めて好きになったサッカー選手は中田浩二選手です。女子の友達に何度「ヒデじゃないよ、浩二だよ」と言ったことか!

キッカケは日韓W杯。普通です。最初はにわかです。
柳沢選手のアシスト・稲本選手のゴールで先制決勝点を決めた日本でしたが、それの起点となったのが中田浩二選手でした。たぶんそれが決定打です。

その時の新聞の折込(なのかな?)は本当に長いこと、たぶん去年くらいまで大切に実家の部屋の壁に貼ってました。
さすがに断捨離をしたので思い出写真です。
MRgpAEfej6.jpg
この時のユニフォーム可愛いよね。
今は解説者として活躍してる戸田和幸選手がこの時は赤毛だ!という再発見。


時を経て
熱心にリーグを観るわけでもなく、家のTVでサッカーがついているとボーッと見てる。応援するのはW杯のときだけ。
長い間そんな観戦スタイルだったし2006年のドイツW杯は予科生活真只中だったので1秒たりとも見られず誰が日本代表だったのかすらも知らず、という感じでした。

2010年南アフリカW杯
去年から2020年W杯の予選が行われているように代表チームは2、3年かけてW杯に臨みます。
2008〜2009年、南アW杯の予選の試合を観ていたのか、深夜のスポーツニュースのダイジェストで観ていたのか…記憶が朧ですが気がついたら内田篤人選手のファンになっていました。

ファンになった瞬間を思い出せない。笑

日韓W杯の時のように切り抜きでもあればどの瞬間に好きになったのか覚えてたのでしょうが…
多分右サイドを駆け上がる姿にクラッときちゃったのでしょうね〜。本当に走るのが早くてフォームも美しく守備もアシストも素晴らしい感性と知性の持ち主。

少なくとも2010年に受けた取材で、趣味を聞かれたときに「実はサッカーが好きで内田選手のファンです、でも顔ファンだと思われるから記事には絶対に書かないでください!」と記者の方にお話ししたことを覚えてます(笑)

いや、あのカッコいい顔も好きなんだから良いじゃないかと今なら思うのですが、何せ10年前なのでね。男役さん以外をカッコイイと言ってはならないと娘役としての謎の拘りもあったのでしょう。

当時、吉田麻也選手のブログによく内田選手が登場していて、写真を見ては彼らが海外で頑張ってるんだから私ももっと頑張ろうと思っていました。
ほぼニュースでしか観られなかったけど2011年にアジア杯で優勝した時もかなり燃えました!

東日本震災があった直後は、多くの方がそうだったと思いますが精神的にかなり辛い日々が続いていて。そんな中、内田選手が当時在籍していたシャルケというドイツのチームの試合でゴールを決めて、その上にピッチ上から日本のファンにメッセージを送ってくれたのです。その感動は今でも忘れられません。私は画像を載せられないので、ぜひネット検索してください!


2014ブラジルW杯
この時にはもうかなり過酷な公演スケジュールを縫って日本代表やシャルケの試合結果やダイジェストをチェックしてましたね。むしろそれがリフレッシュでした。

W杯の期間はちょうど名古屋で公演中でしたが、試合の中継が超早朝なのです。4時とか5時とかだったような。それを観るためには試合の前日はホテルに帰ったらすぐに寝て、朝起きて試合を観ながら持ち帰ったカツラの手入れや洗濯をする…

どうしたら睡眠時間と健康を維持しながら公演と観戦を両立できるだろうかと計画を立てたほどでした。結果は涙涙のグループステージ敗退でしたが、正直言ってザッケローニ監督時代のメンバーへの肩入れ感はハンパないです(笑)


すでにDF好き
中田浩二選手といい内田選手といいディフェンスという守備的ポジションの選手が好き、という趣向が出てきました。

しかし、まだまだこの時点の蘭乃は"にわか"の域を出ません。



思ってたよりも長文になってきたので続きはまた明日!
今日もおつき合いありがとうございます!



みなさん週末はいかがお過ごしですか?

東京を始めとした都市では外出自粛要請により、自宅待機している人が沢山いると思います。私も全ての稽古がなくなったので私もこの数日間は家から出ないつもりで過ごしてます。

自宅で暇を持て余してる方も、家事や育児に追われてる方も、テレワークで仕事に追われてる方も、どうしても外出しなくてはいけなかった方も、まだ感染者数がゼロだという都市にいる方もブログにお付き合いくださいね☆


実は昨日の金曜日の夜には友人の出演している舞台を友人たちと観に行くつもりで昨年から約束して予定していましたが、それもキャンセルしました。上演はされていたし自分一人の問題ではないので前日の夜まで皆で悩みました。


ドタキャンだったのでチケット代は既に振込みましたが、お金を払ったからそれで良いというわけではなく、本来失礼にあたる行為であることや演者側としての見てもらいたいという気持ちも同業者として痛いほどわかるので、決断したのは自分でしたが消化しきれないやり切れなさもあってしばらく落ち込みました。


でも1月の末からずっとマスクや手洗いやその他の感染予防に努めてきて、仕事以外での外出は極力抑えて、同期の主演舞台も観に行かず、レッスンや勉強に通うのも頻度を減らし、会いたい友人に会うのも控えたりしてきたのに、この局面で自分のポリシーを曲げて、しかも感染拡大に拍車をかける行動を取ってどうすると前夜に踏みとどまりました。


イタリアやスペインでは医療機関がパンクし、65歳以上の感染者からは人工呼吸器が外され新たに発症した若者たちに回されている、という悲しいニュースも耳に入ってきて、涙が出てきます。他国からの教えを無駄にしないためにも日本は感染拡大を食い止めたいですよね。


毎年、友人たちと桜の見えるレストランや出身校近くの桜の名所でお花見していたのですが、それも今年はすべて中止。また来年だね〜と。


一方で、去年イベントでご一緒した元Aqua Timezのまゆちゃんの出身地である富山県は未だ感染者ゼロを保っているらしく、昨夜は「富山県"四天王"にランクインおめでとう〜」と感染予防の素晴らしさを讃えるLINEをまゆちゃんに送ったり(笑)


私も友人に教えてもらいましたが、皆さんご存知?巷ではコロナ未感染県は順番にこう呼ばれてるらしいですよ〜。
ベスト8 神セブン 六武衆 五虎将 四天王 御三家 二大巨頭 唯一神


こんな時期だからこそ少しの笑いが心の余裕に繋がりますよね。


そして何度も洗濯したマスクで父がお茶目さを発揮。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2764.HEIC
そんなホッコリな瞬間もあります。


あと個人的に自宅待機で救われたのはマスクをしないで良いこと!
正直なところ長時間着用を免れなかった紙マスク。顔に当たる部分の肌がかなりダメージを受けていて、化粧水は染みるしお化粧もガビガビしちゃうしで、どんなにケアしてもマスクを着けると当たってしまうので、かれこれ一ヶ月以上どうしたものかと思ってました(泣)
少なくとも3日間はマスクレスで過ごせるのでこれを機に肌を回復させたいと思います!


コロナ待機も悪いことばかりではないなと。
あ、もともと引きこもり系なので自宅で過ごすのはそんなに苦じゃないんだった〜あはは。


と、こんな感じでコロナにまつわる私のあれこれを皆さんに聞いていただきました。
いつもより長い文章を書きましたが、皆さんおつき合いありがとうございます!


明日は何について書こうかな?やっぱりサッカーかな?(笑)

↑このページのトップへ