月別アーカイブ / 2019年04月


訃報を聞いて言葉が見つかりません。


舞台でご一緒したのは一作品だけでした。


ただ、10年くらい前から舞台を拝見していて。


普段のひょうきんなお兄ちゃんキャラ


踊り・振付・演出家としての芸術性


仕事に対する真摯な姿


今でも鮮明に目に浮かびます。


最後にお会いしたのはたしか


ドリアングレイの肖像の公演中


博品館の楽屋でした。


二、三言葉を交わして


またね〜〜と手を振りました。


それが森くんとの最期でした。


この世ではもう会えないんだなぁと思うと


またね、という言葉の本当の意味を思うと


涙が出てきます。


今はただ、ただ、ご冥福をお祈りします。


森くんと写ってる唯一の写真
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6726.JPG
森くん、ありがとうございました。


「令和」

と発表がありましたね。

歴代の元号は中国の古典からの出典で

この「令和」は

初めて日本の古典である万葉集から

出典されたとのことで。

初春の令月にして 気淑く風和ぎ
梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす

歌の現代語訳を調べました。

初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている。

梅の花の歌、との事でしたが

蘭も出てきている!!

嬉しいな〜。

それぞれの花を美しく咲かせる

という願いもあるそうで。

令和の和は昭和の和

元号にも何度か使われていて

令という字は元号には初選出だそうで

私は昭和に生まれ、平成で育ちました。

令和、という新しい時代に

私自身も、

蘭乃はなの歴史も大切にしつつ

新しい世界に飛び込んで

蘭乃はなを

咲かせたいと思います!!

そして皆さんと一緒に

日本を愛し平和を願いたいです。

あと1カ月の平成、そして令和も

よろしくお願いします。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0299.JPG


↑このページのトップへ