月別アーカイブ / 2020年05月

最近YOUTUBEに色々動画をアップしています。あと実験的にTiktokもアカウント作ってみました。

もともと新しいサービスを始めるのは早いほうなんですが、それを本気で有効活用しようと考えたことはなかったです。しかし、今動画は真面目にやらないといけないサービスだなと感じています。

YOUTUBEは、検索すればだいたい知りたいこと、学びたいことの動画が見つかります。これは革命です。学校が要らなくなります。

TikTokは、検索せずに好みの動画を次々に見せてくれます。動画を作るのも簡単でそれっぽく出来てしまいます。これまた革命です。


YOUTUBEは検索中心、TikTokはAIによるおすすめ中心です。


20年前、私がパソコン教室でインストラクターをしてた頃、インターネットを教えていた高校生に「検索することなんか無い、面白いことを自動で見せてくれないのか」と言われて知りたいことがない人の存在に驚いたのですが、そもそも能動的に知りたいことを探す人のほうが少数派だということに気がついたのはそれからしばらくたったあとでした。

そして、今その「面白いことを勝手に見せてくれる」サービスが世界を席巻しています。


今後は検索をする「能動タイプ」の人とAIのおすすめを見る「受動タイプ」の人では10代のうちから人生に大きく差が付きそうです。

新型コロナによって世界の常識は変わると言われてますが、私の予想ではひとつだけこれは微妙に定着しないだろうなと思ってるのが「ソーシャルディスタンス」です。

他者との距離を2mとか空けましょうってやつなんですけど、これまでも他者との距離は普通に空いてました。むしろこれまでももうちょい空けたかったけど、スペース的に無理だったからしょうがなく詰めてたようなものです。満員電車なんかは好きでくっついてるわけじゃないですし。

しかし、近しい人、なにか趣向を同じくする人との距離を空けるというのは、人間の本能に反するので無理だと思います。人間は群れる生き物なのです。


そんなこんなで、来年の今頃には距離感は元に戻ってると予想。
当たるかどうか、ここにメモしておきます。 

このGWでガッツリ動いちゃった人たちが批判されてたりしますが、私はどんな状況においても、世の流れに逆らっちゃうヤバめの人って10%ぐらいの割合でいると思ってます。10人にひとり。

私は日々生きてて、その10%のひとたちと極力関わらないように気をつけてます。

車運転中は変な運転をする車から距離をとったり、格好はしっかりしたスーツなのに異様に酔って動きがおかしい人を避けたり。(このスーツの人は、私の野生の勘が当たり後ろをついてきた。謎。) 

そういう人たちに常識など通用しないので、批判したり正そうとするなんて無意味です。そんなのが影響するならこんな人になってないです。

日本ってなんでも100%とか0%にしたがりますが、この人達がいるので無理です。そういう人がいる前提で計画は立てたほうがいい。

「みんな違ってみんないい 」は結構ですけど、そんな10%とは無限にソーシャルディスタンスをとっていく所存です。

↑このページのトップへ