月別アーカイブ / 2019年08月

ZrwqXISd0W.jpg
このブログ、少し続けては飽きを繰り返してるのですが、またなんとなく再開してます。
理由は、Amazonのレビューが役に立たないから。
そもそも、レビューって誰にでもできるものではないんですよ。「文才」とまでいかなくとも、人に読まれることを意識して書くぐらいはしないといけない。
それが、製品品質と関係ない販売店への不満とか、レビュアーの勘違いとか、大量のサクラとかノイズが多すぎる。
集合知は敗北しました。こうなったら推しレビュアーを探したい。
そして私が気に入ったものもブログに蓄積していきたくなりました。

私と嗜好が近い人は参考になると思う。

iuv5_hfc5k.jpg
EVOから帰ってきて、予想通り体重増えました。アメリカやばい。
いい機会なのでアニメ「ダンベル何キロ持てる?」に感化されに行きます。
すぐ影響される人ってあんまり良く言われなかったりしますが、私からすれば非常に羨ましい。けいおん!で見てギター始めたりゆるキャン△見てキャンプ始めるぐらいフットワークなりたい。だってこれってアニメを好きになるのさらに先のステージじゃないですか。
私は「さあこれから影響受けるぞ!」って頭を強引に動かさないとできないのです。メタに考えすぎてホントだめです。
すでにフィッネスクラブには入会してますが、月一行く程度で現状10800円の銭湯。

まずは「ダンベル何キロ持てる?」全部見て、週2はフィッネスクラブ通います。

cAFg2s_AxS.jpg
ミユキ蜜蜂さんのマンガ「なまいきざかり。」が好きすぎで3回読み返し、今出てる著者の単行本全て買ってしまった。
短編集「ピンクスクラップ」の絵柄の初々しさとキャラへの愛情、上達の速さにまたもやられ、何故か連想で桂正和さんの「ウイングマン」を思い出し電子書籍で購入。読み返したのは多分30年ぶり。

私がウイングマンと出会ったのは小学4年の頃、友達の家に遊びに行ったときに見かけた週刊少年ジャンプ。
当時周りでは「キン肉マン」「北斗の拳」が人気だったが、私が衝撃を受けたのは「きまぐれオレンジ☆ロード」と「ウイングマン」でした。
うちの近くにタイミングよく「貸し漫画屋」がオープンしてて、そこで全巻借りて読み、好きすぎてその後本屋で購入。
ウイングマンに惹かれた理由はもちろん話の面白さやキャラの魅力もあるのだけど、もうひとつ、巻を追うごとに絵が上手くなってゆくことでした。
初めてジャンプで見たウイングマンは終盤で、貸し漫画屋で借りた1巻の絵を見たとき、正直少しガッカリしました。
しかし、そこから話が進むにつれ絵柄がどんどん魅力的になっていくのです。
Kg4wYbHNXr.jpg
1巻のあおいさん

XwjHYqG7ro.jpg
DKzQLZtUMB.jpg
最終13巻のあおいさん。このコマ載せるか凄い悩んだけど、私が一番衝撃を受けたコマはこれなので…
この頃にはのちの「電影少女」の絵へ変わりゆく片鱗が見えます。

その頃から私は絵柄がどんどん変わる漫画家が好きなんです。

モノづくりはごちゃごちゃ悩まず、作りながら考えて変えていけばいいんだと教えてもらった気がするのです。
私が過度の完璧主義に陥らずに済んだのは、多分このマンガのおかげです。

そんな私の原点「ウイングマン」に戻ってきたわけですが、当時ジャンプに出会うまでにも他コロコロボンボン等マンガを見なかったはずはないのに全然覚えていなくて「ウイングマン」は鮮明に覚えてるのは、よっぽどの衝撃をだったんだな、と今になって思います。

↑このページのトップへ