月別アーカイブ / 2019年08月

いろいろYOUTUBE漁っててふと思い出したこと。

初めて音楽を聴いて泣いた曲というのがあるんですよ。 これがいわゆる「泣ける曲」じゃないんです。



うる星やつらのエンディング『宇宙は大ヘンだ!』この曲が初めて音楽を聴いて謎の感動で泣いた曲なんです。

調べてみたら、うる星やつらの放送は1981年10月14日スタートなので、私が5歳か6歳の頃だと思います。見た場所が母方のおばあちゃんの家だったのでよく覚えています。

今でもそれがなぜ泣けるのか未だわからないのですが、私の楽曲のメジャーセブンスコード使いまくりの影響はうる星やつらのOPとEDというのは間違いないです。


ちなみに2回目に泣けた曲がコブラのOPで、またしてもアニメかつなぜ泣けるかわからない曲。確か小4ぐらい。



もう、この頃すでに作る楽曲の方向性がある程度固まってるんですよね…三つ子の魂百まで的な。

EBNao3kVUAACYxD.jpeg


メルブラAA PS2版が10周年でしたが、私が音楽を担当している魔神少女シリーズも8月6日で5周年です。遊んでくれてる皆様ありがとうございます!

「メルブラ」と「魔神少女」で時代的に大きく変わったなと思うのが物理メディアが主流ではなくなったことです。

魔神少女シリーズはすべてDL販売です。

メルブラ初代はWindows版で、ゲームのデータはDVDで販売していました。
最終版のアクトレスアゲインはDL販売が可能になった今だからこそSTEAMで手に入れることができます。この「可能」というのも、技術的なことよりもユーザー側の意識としてダウンロードがここ5年ぐらいで定着した感があります。

そして魔神少女のコンテンツとしての楽しみ方がSNSの時代ならではの、個人間のネットでの活発な交流や2次創作が今って感じがします。

NAN-Aさんはそんな時代の掴み方がとても上手いなと思います。

新作もこれから控えておりますし、まだ遊んだことない方はぜひ。私的には今だからこそ3DSを引っ張り出すのが面白いかなと。

http://insidesystem.heteml.jp/top/

716h3ybHpQL._SY500_.jpg
メルティブラッド アクトレスアゲインPS2版が発売から10年だそうです。
あっと言う間だった気もしますが、10年あれば世界は激変するんですよね。

私がファミコン手に入れたのが確か小学4年で、それから10年足らずでプレイステーションが発売されました。

今から10年前はみんな「ケータイ」を使ってました。iPhoneは一部のマニアだけが使ってて、docomoの偉い人が「あんなもの売れない」って言ってました。

こんなにも世の中が変わってしまうぐらいの時間がたっても、今も変わらずメルブラを遊んでくれてる皆様、ありがとうございます。

最近メルブラ知った方も、WindowsならSTEAMで遊べますのでよろしくお願いいたします。 


https://store.steampowered.com/app/411370/Melty_Blood_Actress_Again_Current_Code/ 

↑このページのトップへ