月別アーカイブ / 2019年08月

K4pVdAa3WF.jpg
最近マンガ雑誌「デザート」に掲載されてるマンガ懸賞の入賞作の評を読むのが趣味です。
入賞してる人はちゃんと描き続けてる人で、ペンネームをちょくちょく見かけるから名前を覚えちゃいます。
批評する編集者さんも絵柄やコマ割り、テーマの絞り方など具体的に欠点を指摘したり成長を褒めてくれてたりと、毎号見る面白さがあります。
その懸賞で見たペンネームを読み切りで掲載されるとなんだか「頑張ったんだな!」と、私も嬉しくなるのです。

デザートの懸賞、30代40代で入賞してる方も結構いるんです。きっと10年以上描きづつけてる方たちです。

目標も成長速度も人それぞれ。ひとつの職で一生を終えるような時代じゃないし、仕事しながらマンガ家を目指すのもいいんじゃないかなと。 

4H3IiHacxN.jpg
この前買った大量のマンガ雑誌をちまちま読んでいます。しかし上の「デザート」は約1000ページあって鈍器ですね。kindleで良かったです。

好きなのは少女マンガ寄りで恋愛モノも割と好きなんですが、ふと私は学生時代に恋愛マンガのような経験をしたかったのか考えてみたんです。
結論としては、当時好きなゲームやマンガに時間もお金を全て費やしたことに充分満足しています笑

ただ、吹奏楽部に入らなことだけがちょっとだけ心残り。入ってたらそれはそれで楽しかったんじゃないかなと。

Ovew7RVAlD.jpg
災害や戦争後の廃退した世界を描く作品は数多くありますが、20世紀に読んでたときはファンタジーでしたが、21世紀の今になって妙にリアリティを感じてイヤですね。
むしろ学園モノの方がよっぽどファンタジー。

↑このページのトップへ