月別アーカイブ / 2017年01月

C2rR7Z8UcAAvdP1.jpg-large.jpeg

21日はうち主催のライブイベント「マジコネ!」でした。

そこで弊社所属アーティスト聖奈(@sena_lisarec)の初ステージでした。 
人前で歌うことがほぼ初めてでとても緊張していましたが、しっかり歌ってくれました。



C2xIRQSUAAANJJa.jpg-large.jpeg

22日はGirls Fes OKiNAWA Vol.8でした。
聖奈はオープニングアクトで、100人以上のお客様の前で歌いました。
マジコネ!が20人ほどだったので、翌日いきなり100人超えはかなりの緊張だったようですが、お客様も暖かく迎えてくれました。

GFOは出演者のレベルが凄く高くて良い刺激となりました。7歳の女の子もしっかりプロ意識があるんですよ。 

来月も有り難いことにライブが決まっています。
これから一歩一歩着実に成長していくことでしょう。私もしっかり支えていきたいと思います。 

C2xY-TEVIAEGsfE.jpg-large.jpeg
 

明日は約一年ぶりとなる女性ボーカルのライブイベント「マジコネ!」です。


「新生」なので、新しいこと色々です。コンセプトの見直しもありますが、なにより初めての出演者がたくさんいます。それもイベント出演自体が初めて。

うちの聖奈も、人前で初めての出演となります。

そして、急遽オープニングアクトで国際通りにあるアニソンカフェキャンディのキャストさんが出演することになりました。



私達の役目として、「初めてのステージを用意する 」というのがあります。
「初めて」というのは何かと大変です。でも何をするにしても「初めて」を避けることは出来ません。
プロの歌手になりたい。まずは人前で歌を歌ってみたい。目的に違いはあれ、まずやってみること。やってみないことには自分に向いてるか不向きかもわかりません。向いてると思えば続ければいいし、向いてないと思えばやめたらいい。厳しいようですが、そんな判断のきっかけとしても考えています。

お時間ある方ぜひ見に来てください。

C1o4h62UkAARcuk.jpg-large.jpeg

夜は人狼ゲームのイベント「猫々狼」です。
これも新しい試みです。こちらもぜひ。

マジコネ!オフィシャルサイト
http://magicone.asia


周りで面倒な人の話を聞く。まず最優先に考えるべきは「面倒な人の視界から消えるまで距離を置く」が一番良い方法だと思います。

相手が悪いのに自分の方が動かないといけないのは嫌だと思うことも多いでしょうけど、ストレスと面倒に使う時間を考えれば早く動いたほうがお得です。


そんなことを最近話してたらタイムリーな記事。

【エンタがビタミン♪】カズレーザー、世界のテロ事件に持論「“話の通じない人間”との関係性は、絶対に越えられない」 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12512875/
「そういう“話が通じない人”にはどうしたら良いのか」と辛坊が訊ねた。すると「それは絶対的に距離をとるしかない、ひたすら距離をとるしかない」と答え、理解し合えることなど夢物語だとしている。

全面的に同意。

たとえ共通の言語を使う人であろうとも、話の通じない人は徹底的に通じません。話すだけ無駄です。

そういう話の通じない人に限って「話せばわかる」と言います。
話の通じない人が「話せばわかる」 と言うのだから、もうどうしようもない。もちろんこの「話せばわかる」は「お前が私の話をわかれ」という意味です。話の通じない人に、聞く姿勢は1ミリもありません。

こういう話の通じないタイプの特徴として「勝ち負けにこだわる」というのがあります。
たとえ自分の考えに間違いがあると気づいたとしても、意見を変えたら「負け」だと思うから意地でも変えませんし、謝ることは絶対にしません。(逆に”誠意なく”すぐ謝るタイプもいます)

面倒になったから距離を置こうとしたときに、相手から「逃げるのか」と言われたら1000000%話の通じない人なので、躊躇なく距離を置きましょう。これは最重要です。テストに出ます。まさに「逃げるが勝ち」です。

逆に「話してもわからないこともある」と互いに認識していれば、揉めません。「話が合わないね」ですむからです。こっちの意見を無理に通す気は無いし、相手も同様。


私はこれからも「話があわないね」と言える人たちと仲良くしていきたいと思います。

↑このページのトップへ