月別アーカイブ / 2016年11月

Twitter_Logo_White_On_Blue

6秒動画サイト「Vine」の終了や身売りの話など、Twitterがちょっと危ないみたいだぞ、という雰囲気になっていますが、そんな折にこんなニュース。

ツイッター、日本では絶好調 独自機能で成長率が世界一:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJC25HPLJC2ULFA02K.html

Twitterっていい意味で色がついてないんですよね。

Instagramは「おしゃれ」で、フェイスブックはいまや「おじさんSNS」mixchannelは「リア充」とかイメージがあるけど、Twitterにはそういった世代や属性の色があまりないです。

そんなTwitterで、私は高校生のはるかぜちゃん(@harukazechan)や82歳のミゾイキクコさん(@kikutomatu)をフォローしているし、ボットをフォローすることもあります。


TwitterはSNSの中で一番街頭っぽいんです。そこがTwitterの唯一無二な価値だと思う。
何かに賛成してる人も、反対してる人も検索すれば見つかる。考えは違うかもしれないけど、そのふたつがTwitterという同じプラットフォームの中に存在する。ごくごく普通の日本のサラリーマンから、それこそテロリストまでいる。そこがすごい。つながってるからこそケンカも出来ます。

Twitterがなくなってしまったら。世代ごと、属性ごとに分断されてしまったら、いろんな人達を知る機会が減ってしまいます。Twitter上でよくいざこざが起こるけれど、分断されたらそういう小さなコミュニケーションすら機会がなくなり、いざこざがもっとひどくなるかもしれない。


Twitterに代わるSNSは、今後登場する可能性は低いと思います。新しいSNSには明確なターゲットがあり、どうしても属性がついてしまうから。


だから、Twitterには頑張っていただきたいのです。 

32

Voicyというアプリを見つけました。 

一般の人がオーディションに応募して、採用されるとアプリのアカウントがもらえてニュースを読むことが出来るらしいです。

私の場合、日頃ブログで書いてることを喋るといいわけですよwこれは面白い!

残念ながらオーディション終わってしまったようなので、次回応募してみたいと思います。

Voicyオフィシャルサイト
http://www.voicy.jp/

落語家立川こしら師匠の独演会に行ってきました。

jpg-large

初めての生落語だったのですが、軽妙な語り口でとても面白かったです。

ディープなIngressプレイヤーで、プログラミングも出来るというこしら師匠のフリートークはかなり攻め攻めで、ちょっと私のブログでは内容書けない感じだったので、ぜひ一度聞きに行ってください。

ちなみに上の写真は、撮影用にポーズをとってくれた落語の演目「時そば」のフリですw


落語のあとは畑亜貴さんとサンキュータツオさん「の弱り目に祟られろ!レディオ」の公開収録でした。



こちらもゲストはこしら師匠でした。(写真撮り忘れ)

かなり面白く、放送ではかなり削られるんだろうなーという話が聞けましたw


落語って見てみたいなーと思いつつも実際に行動は起こさずぐらいの温度感だった私ですが、よくよく考えてみればお笑いライブはちょいちょい見てるわけですし、落語だって笑いのエンタメなんですから、変に難しく考えずに見に行けばよかったんですよね。

ハードルが高いなぁと思ってることって、実際に体験すると単なる思い込みってことが多いですから。

↑このページのトップへ