月別アーカイブ / 2016年11月

LINEBLOGリニューアルのアカウント移行の失敗でブログの更新ができなくなってしまっていたのですが、運営に連絡して復活です。LINEBLOG運営の皆様ありがとうございます。

結構大きなリニューアルで、今まで出来たことが出来なくなってることが多々あり若干の戸惑いはありますが、いずれどうにかなるだろうということで期待しております。 個人的にはLINEBLOGの見た目のシンプルさはとても気に入ってるので。

最近良く見る「ポリティカル・コレクトネス」についての記事を追っかけてたのだけど、とても良いまとめ記事がありました。

それ、本気で聞いてます? 僕に「ポリティカル・コレクトネス」の話をさせたら長くなりますよ?
http://blog.wktk.co.jp/ja/entry/2016/11/12/political-correctness

「右翼」「左翼」という概念にさらに「逆右翼」「逆左翼」という概念を追加することで、私の中の違和感をかなり整理することが出来ました。


自分自身を把握することはとても難しく、ものごとが上手く行かない理由の多くは自分の能力・性格・思想に合わない行動をとることだと考えています。


「自分はポリコレ思想を持ってる。」
「思想的に右翼(左翼)である。」

これがもし勘違いだったら。 

しかもこれ、殆どの人は勘違いを自覚できないし、気づいても修正は難しいです。 今までの自分を否定してしまうから。

その勘違いのベースには無自覚な欲望があります。

人間の欲望の前には、崇高な思想もかんたんに捻じ曲げられてしまう。

なんとも無力感。 

18歳ぐらいのころゲーセンで知り合った、5つ年上の男性がいました。

18歳の私から見て5歳年上というのは結構な大先輩です。 この方は今までにいろんなことを経験してきて、知識もあると言ってました。

私が同人サークルを立ち上げたときには「長老的立場でアドバイスをしてあげる」と言ってくれました。右も左も分からない私にとって、とても心強く思いました。 

実際に本を制作したり即売会に出たり動き始めたとき、この方からアドバイスというよりも横槍が入りはじめました。言ってることに一貫性がなく、「いいからこうしろ」「このぐらいも知らないのか」こちらが具体的な説明を求めると「君にはまだわからない」そして最終的には「自分で考えろ」と。


あくまでこのサークルの主催は私であり、サークルから抜けてもらうように話しました。


この方は激怒し、それからしばらくの間いろんな形で攻撃されることとなりました。 


今だから分かるんですけど、この方「わかってる」ように見せかけていて、本質的はなんにもわかってなかったんです。中身空っぽ。ただ、人に取り入るコミュニケーション能力だけ異常に高いのです。

こういう、若さや無知、人情につけ込む「わかってる人」って世の中にたくさんいます。
理解力や経験は年齢と比例しません。業界人だからとか年上だからといって簡単に信用しないように。 



そんなことを最近炎上していた某件を見て思うのでした。

↑このページのトップへ