月別アーカイブ / 2016年08月



twitterで見かけた「懐かしファミコン物語」というファミコンマンガ雑誌をコンビニで見かけたので買ってみました。

内容はファミコン時代のマンガだったりファミコン世代の今のマンガだったり、作者自身の昔話だったり。

で、読んで思ったのですが、やっぱり幼少時に満足に遊ばせてくれなかった反動がおとなになって現れるんだなと作者達のエピソードを読んでて思いましたw


コンビニで売ってるんで、懐かしがりたい方はぜひ。

ここ1週間ほどポッ拳を毎日1時間はネット対戦してるのだけど、確実に判断速度が上がってきてます。

そのおかげで、ひさしぶりやったスト5も判断が早くなり上手くなっているという副作用がありました。
それだけでなく、日頃の仕事の判断も早くなった気がします。

思えば、秒単位の瞬間的な判断の連続って日頃ないですよね。


昔DSの脳トレをやってたときは特に脳が活性化したという実感はありませんでしたが、 格ゲはかなり効く(※個人の感想です)ので、このまま続けます。


なにより面白いから。ポッ拳。 

FullSizeRender 3

新しいゲームはとにかくすぐ遊びたいタチでして。

それで、システムを読まずに始めたポッ拳は初っ端ボロ負けで勝率20%台スタート。

ちょいちょい攻略記事など読みつつ、戦い方がなんとなくわかってきました。

しかし勝率35%ぐらいからさっぱり勝てなくて、まずは明らかに対戦の足かせになってる液晶テレビの表示遅延をどうにかしたいなと思い立つ。

PS3のウル4で使ってた低遅延液晶モニタは別の作業用PCに繋いでしまったので、どうしようかなーと考えてたのですが、よくよく見たらWiiUのGamePadの液晶ってまんまゲーム画像が表示されてるじゃないですか。

でもGamePadで操作するのはキツいなぁと思ったんですが、別にGamePadで操作せずに、GamePadの画面見ながらポッ拳パッドで操作すれば良いんじゃね?と気づくのです。

なんでこんな簡単なことに今まで気づかなかったのでしょう?先入観って怖いですね。


というわけで、当然低遅延であろうGamePadの画面を見て対戦を始めてから、勝率がみるみる伸びました。案外画面が小さいのも気にならないです。3DS LL感覚。

今は勝率40%台にのり、現在41.65%。

PS3ウル4のときもでしたが、液晶の遅延減らすだけで勝率5%は変わります。(当社比)


3Dが苦手なんで相変わらずフィールドフェイズの距離感がつかめませんが、それでも楽しみ方がわかってきました。

とりあえず、勝率50%を目指したいところ。

↑このページのトップへ