月別アーカイブ / 2015年01月

 

 

 この話に心当たりのある人は多いんじゃないかと思う。

 

これに言及した小説家竹井10日さんのツイート

 

多分あってると思う。つまりは勉強嫌いになる方法をゲームに当てはめたらいい。

勉強に対して「どうしてこの程度も分からないの」「こんな点数じゃお母さん恥ずかしい」とか言っちゃうように、ゲームする子どもに「下手だな」「そんなプレイじゃ恥ずかしいね」などと言い続けたら、きっとゲーム嫌いになるはず。

実際は親が上手下手を判断するほどの知識もゲームへの興味もない人がほとんどだろうから、実践することはまずないだろうけど。

 

今使っている機材をテキストにまとめている最中です。

これまで数えきれないぐらいのハードもソフトも買ったけど実際に使うものはそのうちの2割程度で、使わないツールはだんだん記憶からも消えてしまう。あとから思い出して「あ、あれ使えば楽だったのに!」とか「新規に買わなくても似たの持ってたのに!」なんてこともよくあります。

効率重視で慣れたツールばっかり使って、せっかく買った新しいツールを使い込まないというのもあまりよろしくないので、ちょっと手間をかけてあまり使ってなかったツールの使いでを見出していこうかと。

テキストはのちのちTransistarサイトの方に載せる予定。

 

2000年代はヴァーチャル環境が極まってほぼPC上で完結させるような効率重視の流れだったものが2010年代は質感やフィジカルが重視されて、ハードのアナログシンセやエフェクターが続々登場、レコードも人気が出てきてるし、ハイレゾ音源も伸びてきました。

私も効率重視だったのが、もうちょっと音楽仕事でも遊んじゃっていいかなーなんて思い始めてきました。

NAMMでも面白そうな機材がいっぱい登場してたので、今年は変わった機材も取り入れてみます。


第1・第3日曜はゲーム禁止 - NHK 北海道 NEWS WEB

ファミコンが登場して30年以上経ってるというのに、未だにゲームを禁止すれば勉強してくれると思ってるところが、日本の教育機関は不勉強だなと思う。

好きなモノを禁止されて「じゃあしょうがない勉強するか」という子どもが何処にいるだろうか。勉強させる方法はいたって簡単だ。ゲームよりも勉強が面白くなればいい。

中学3年のときに塾に通ったことがあるのだが、そのときに驚いたことは塾の先生の教え方が学校に比べ格段にわかりやすく、小テストのタイミングが的確で達成感を得るサイクルが上手く回っていた。そのときに、勉強がつまらないのではなく、学校がつまらないんだということに気づいた。

もちろん、塾と同じことを学校がやれば解決だなんて簡単なことではない。しかし、まわりに沢山のヒントはある。

 

教育委員会の人間はゲームを楽しむ気持ちを知るために、まずは3DSと妖怪ウォッチでも買って、クリアしてみたらいいと思う。

その程度の「学習」もできないのであれば、まず子どもに勉強を促すことは不可能だろう。

↑このページのトップへ