何かしらの表現者は、これからの時代その表現のことだけ考えて生きていくことはもう無理だなと思います。
小説家、スポーツ選手、声優、作曲家などある程度有名になった人は、折々にスタンスを表明しなくてはならないシーンにぶつかり、それから逃れられないのです。
昔は、作品と作者の人間性は切り離すべきという考え方が主流だったと思いますが、今は人間性も問われます。過去の情報もデジタル化したことで劣化せず遡りやすくなりました。
なりたい職業になるというのも相当複雑になってます。声優になるには声優学校を経由すると遠回りになるでしょう。
歌手になるならYouTuber、ライバーになるのは必須です。逆にYouTuberになりたいのなら歌手を経由したほうが早道かもしれません。正直者はバカを見ます。
セルフプロデュースという概念は「キャラ」という言葉で若者に浸透し、「キャラ」を乗りこなせない者はその世界観を拒否することもできずレッテルとして他者からキャラ付けされます。
とにかく考えることが多すぎます。こんなんみんな理解できます?
そりゃ病みますよ現代。好きなことも嫌いになりそう。