東條チカ先生がマンガ教室に通うマンガ。
読んだ感じ、ちゃんとした先生が教えてくださっている。
東京だと、こういう教室の先生は第一線で活躍してて実績がある人が多くて安心できます。

しかしこれが、地方になるとニセモノが混じってくるのです。
以前うち所属のボーカリストをボーカルレッスンに通わせようと、とあるボーカル教室の体験に行かせたのですが、まず本人以外はダメだと教室に入れてくれませんでした。私がお金出してるのに。
ほかにも生徒に受付の仕事させてたり、先生がやたらプロの世界の厳しさを語ったり怪しさ満載だったのでここはやめました。

でも、わからない人はこういうニセモノの先生に引っかかってしまうんですよね。地方にだと東京のようにホンモノが近くにいないから、ニセモノがニセモノだとバレにくい。

個人的にも、専門学校でゲームサウンドの講師をするのは、ゲームサウンドの現役の間だけと決めてます。
そうでないと、教えてる内容が今に即しているという自信が持てないからです。

先生選びは慎重に。下手するとお金払って間違ったことをを教えられかねませんので。