ここ数年で感心した言葉が「サブスク」
サブスクリプション、今は「予約購読」「年間購読」とかそういう意味で、定額払えば一定のサービスが受けられるというもの。
なんてことない、昔からあるやり方です。
それをまるで新しいサービスが登場したかのように毎日経済紙で取り沙汰されるわけです。
よくファッションに起こる現象ですが、今まであるモノや事柄に新しい名前が付くと新しい気がする。なんとも面白いなと。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6805.JPG