副業禁止である学校教師が、7年間の同人活動で利益175万円出してだとしてニュースになってました。
7年間で50冊以上同人誌を出してたそうです。年間7冊以上、2ヶ月に一冊以上、教師をやりながら作ってたというのは驚異的です。めちゃくちゃ有能です。
同人活動の利益云々は置いといて、この副業禁止基本的には重大な人権侵害だと私は思います。
というのも、その副業禁止の職に着いたら、辞めない限りの生涯の収入はその職に決められてしまうからです。ならば、副業禁止なんかしなくてもいいだけの額を企業は提示しなければ釣り合いません。
昔、副業禁止が問題にならなかったのは、単純にその収入が副業なんて考える必要のない額だったからでしょう。
副業が解禁されると副業をあてにして企業がさらに給与を下げるからダメだという話もありますが、そもそもそんなことする企業はすでに終わってる会社ですから辞めたほうがいいです。

問題は企業の方ではなく、縛られたがっている雇われる側です。もう縛られることで対価を得る時代は終わったのです。