外国と比較して日本人は幸福度が低いと言われますが、理由は単純で「自分の選択権を簡単に他人に渡す」からだと思います。
他人に選択権を渡した人は、そのかわり何らかの「保証」を得ようとします。その保証とは「終身雇用」や「結婚」だったりするわけですが、誰もが知ってる通りそれらの保証はとっくの昔に崩壊しています。

それなのに「保証されたい」という気持ちは変えられず、なんど裏切られても「こんどこそ」と国や企業を信じ続けた結果が今の日本です。

私は国の衰退やブラック企業の蔓延る原因はそんな弱い国民性だと思います。

それが、今年は変わってきたんじゃないかなと。

自分の行動ひとつで未来は変えられる。個々にもっとわがままに生きていけばいいんです。個人が「国」や「会社」の心配をする必要は一切ありません。
それは偉い人がどうにかするべき仕事であり、そのために高いギャラを取っているんです。

2020年代は「個人の反撃」の時代になるんじゃないかなと思ってます。
個人は案外弱くないです。「選択権」を取り戻し、皆が自由にわがままに生きてもなんの問題もないと気づいたとき、日本は良い方向に変わっていけるでしょう。