中学生が作った映画の予告編のような動画がスゴイという記事を見かけました。

YOUTUBEにあったその動画は確かに良く出来ていました。

だけどこの「中学生が」という部分がひっかかります。つまり、一般的には中学生には出来ないという認識があるわけですから。

でも、中学生にもなればそれなりに能力を発揮する人が現れる頃です。私が中学生の頃はBASICというプログラム言語で音楽を作っていましたし、マイコンベーシックマガジンのというプログラムを扱ったパソコン誌で中学生の投稿者はザラにいましたし、むしろ普通という感覚でした。

自慢したいわけではないのです。

そんなことが出来たのは、その環境を与えてくれた親がいてくれたからです。まだパソコンなんて世に浸透していない頃に購入を助けてくれて、パソコンを使うことの邪魔をしないでいてくれた。そんな親は褒め称えたいですし、親は自慢したいです。

 
 件の動画を作った中学生も、多分親がその制作環境を援助してくれたんじゃないでしょうか?

ある程度の能力と興味があれば、あとは環境さえ与えれば誰でも伸びると思います。
逆に言うとどんなに可能性があっても、環境がなければその可能性に気づくことすら無く人生を終えるかもしれません。 

これは才能以上に格差の問題です。親の知性と経済力によって決まるのですから。