気が付くとMacを使い始めてから8年ほどになるのですが、Windowsから移行の際感動したのが、仮想環境。

VM Ware Fusionというアプリを使うと、MacBookの中にまるまるWindows OSをひとつのアプリケーションとして起動することが出来るのです。

そういうことができることは知ってはいたけど、当時まだエミュレーションは動作が重いと思い込んでいたので、実際動作が軽快でまったく普通のWindowsマシンと遜色なかったことには心底驚きました。

そのおかげで、WindowsにしかないアプリもMac上でそのまま使えるので移行がとてもスムーズでした。

一応その逆の、Windows上でMacOSを動かすこともやれば出来るみたいなのですが、今のところその旨味はそれほどないっぽいです。

 

最近ではそれほどMac上の仮想Win環境を使う必要も無くなって、ここ数年はつかっていませんでしたが、今日は2年ほど前のデータを掘り起こそうとHDDから仮想環境のWindowsイメージファイルをMacにコピーして、最新のVM Ware Fusionで起動してみました。

 

すると、今もちゃんと当時のWindowsの環境がそのまま起動するのです。

 

WindowsってOSが入ったHDDだけ引っこ抜いて残していても、あとから別の筐体に移植してもちゃんと動かないし、動くまでの手間も大変。

それが仮想環境ではイメージファイルさえ残しておけばいいのです。ものすごく有り難い。

 

できることならすべてのOSを仮想環境で動かしたいものです。