このツイートのコメントに多かったのが

「こんなのゲーセンじゃない(意訳)」

気持ちはわかります。私も古き良き時代のゲーセンがゲームの原体験なので。

しかし、その「原体験」は世代ごとにあります。じぶんの世代が正しく、今のゲーセンはゲーセンじゃないというのはちと違うと思います。

ゲーセンだって時代に合わせてかわってゆく必要があります。その努力の結果が業績に業績に表れてきたのなら、とても喜ばしいことだと思います。

ゼビウスのBGMが店内に響いていた時代。
スト2で盛り上がった時代。

その時代は帰ってきません。時間は止まってくれません。

「今」だって20年後振り返れば、とても大切な時間だったと気づくでしょう。

人が受け入れるかどうかとは無関係に、無慈悲に変化は起こりつづけるんです。

過去は綺麗にアーカイブ(思い出)にして、今は今で楽しめるようにしたいなと、私は思います。


Nintendo SwitchのリズムゲームVOEZの追加パッチで魔神少女「碧い陽炎」に続き魔神少女2「異世界の約束」もコラボです!

前回同様VOEZ用にアレンジしておりますのでぜひお楽しみくださいませ。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0322.JPG

先程、CD「らいおん」注文頂いた皆様にメールお送りしました。
11月10日から11月25日に発売を再延期させいてただきました。大変申し訳ありません。

音楽作り初めてもう20年ぐらいになるのに、未だに制作に迷いや悩みが現れるということに、驚きとともに人間としての成長のしなさ加減に参ります。
しかしそんな悩みは注文してくれたみなさんにはまったく関係ないことであり、ただただ私の甘えとしか言いようがありません。

メールに書いた通り、ご注文頂いた方には3日に一度程度進捗と制作についての考えをまとめたメールを送らせていただきます。これ自体が「私の悩み聞いて」という甘えそのものなんですが、このCDを欲しいと思ってくれる人にしかきっと伝わらないと思うのです。

過去から未来まで、色々考えながら作ります。
よろしくお願いいたします。

↑このページのトップへ