若手議員として、成人式に思う。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員 http://samurai20.jp/2014/01/seijinshiki/

全く同意できない。
派手な格好をしただけで武勇伝とは。

日本のダメだなと思うところは、人生のピークが思春期、成人式、結婚式の3回で人生を80年としたらその前半に偏っており、あとは死ぬまで消化試合。(どうでもいいが、私に思春期のピークはなかった)
問題は、中年、熟年と言われる層に参考にしたくなるようなカッコイイ生き方をしている身近な先輩がほとんど居ないこと。

だから、若者はせめて成人式ぐらい目立たなきゃ人生のピークを作れないと思っているのではないか。

上記のブログでも書かれてる。

就職もして、何もかにもを捨てて そんな彼の「最後のハレの日」が成人式だった。


なぜこの状況をおかしいと思わない?
20歳が人生最後のハレの日だなんて、あとの60年はなんなのか?

そもそも今の成人式はおかしい。昨日子供だった人間が今日から大人なんて、切り変われるはずがない。本当に大人にしたいのであれば、義務教育を終えた16歳からは大人としてちゃんと扱えばいい。4年もすれば大人の自覚も出てきて、成人式にはふさわしい人間になっているだろう。

実際は、無駄に歳だけとった「自称オトナ」達が自分らがオトナであることを主張するために下の世代をいつまでも「コドモ扱い」する。いつまでもだ。本当に大人ならば、「新人の大人」をちゃんと大人扱いするはず。それが出来ないのは、上の世代が真に大人としての自信がないからだと思う。

自分が大人だと思う人は、ぜひとも新人の大人たちが憧れるような存在になっていただきたい。

今の「不寛容」の原因には3つあると思う。

ひとつめは、情報量。ネット以前よりも情報量が格段に増え否定したくなる内容が目につくようになった。肯定する内容の場合は表立って肯定する人は少ないので、否定の数だけが積み上がっていきます。

ふたつめは、あらゆる意味で余裕が無い。時間、お金、空間など、自分の身の回りに余裕がなくては他人に寛容になどなれるはずがない。

みっつめは、我慢しなくなった。私は昔世の中が寛容だったとはあまり思っていません。ただ、自分に合わないことも我慢していた。それは、そうすることでしかコミュニティの中で生きていけなかったから。でも、その我慢するメリットが今なくなってしまった。


個人的には、今まで我慢していた人が我慢しなくなったのはいいことだと思う。だって、いままで我慢を強いる人たちは、我慢していた人たちの存在すら認めてくれなかったのだから。

自分が生きていることで、他人に負担をかけていることはもっと意識していいと思う。今まで我慢してた人たちの存在を認めて、その負担のバランスを均衡させていくことが日本の生きる道だと思うけど、潜在的な差別に気づけ無い国民性だからきっとこのまま破綻するんだろうなぁと思います。

でも、そんなダメなところが日本人のいいところだと思うので、破綻後に期待。

f:id:lisa-rec:20141219162739j:plain

大人の社会見学と称して、沖縄少年院を見学してきました。

中に入るときに、携帯電話、カメラ、タバコ等を預けます。意図的に渡さずとも、中で落としたらマズイですからね。

まず少年院の役目をスライドで紹介していただき、そのあと職能訓練の建物や体育館、運動場など見せていただきました。

沖縄の少年犯罪の特徴は全国平均と比較して初非行年齢が低く、その多くが飲酒。そして、全国的には窃盗は乗り物が一番多いそうなのですが、沖縄はお酒。妙なところで土地柄が出ています。

少年院から脱走を試みるものはほとんど居ないそうです。逆に、少年院から出たくないという者も居るそうで、なんとも考えさせられるものがあります。

非行少年を更生させる役目はしっかり果たしてるなと思いました。しかしながら、少年犯罪は「親」と「社会」の責任も大きく、少年院を出たあとのフォローがうまく出来ていないことが問題かと思います。

ちなみに、少年犯罪は総数では減少傾向、人口比では横ばいです。増えてはいません。メディアの煽りで治安が悪くなっているような印象を与えていますが、そういう「雰囲気」ではなく、しっかり実態を分析してひとつひとつ問題を解決していくことしか、世の中を良くする方法はないと思います。

↑このページのトップへ