先日タクシーに乗ったとき運転手さんが「ラジオかけてもいいですか?」と聞いてきた。私が「いいですよ」と答えると運転手さんは「今懐メロをかける番組やってるんです」と言ってチューニングを合わせた。

運転手さんがかかっている曲を懐かしいと言いつつ曲の説明をしてきたのだけど、私の生まれる前の曲でよく知らない。「お客さんももう少し歳をとると懐メロ好きになるよ」と言われた。

そうだろうか?

運転手さんの聴いていた懐メロは、たしかに運転手さんにとっての「懐かしいメロディ」だろう。しかし、私の生まれる前の曲なんだから、私はそれを「古い曲だな」とは思うが懐かしいとは思わない。そこになんの思い出も付随しない。

人それぞれに、思い出の「懐かしいメロディ」 はあると思う。だけど、一般的な「懐メロ」は1960〜70年代、広くとっても80年代リリースの曲。音楽というものはだいたい10代に聴いた音楽が一番好きであり、それを考えれば、それを聴く年代は決まっている。

つまり、若者が歳をとったら懐メロといわれる60〜80年代の曲が好きになるということはない。仮に好きになったとしてもそれは「懐かしいから」ではなく、純粋な楽曲の良さ故だろう。

そんなことを考えていたせいなのか、昼ごはんを食べに入った喫茶店のBGMが有線の懐メロチャンネルだった。食べ終わったあと家に帰る途中に横を通った居酒屋のBGMも懐メロだった。
同じ日、ひと仕事したあと散歩に出るといつも通る商店街の中で聞こえる音楽も懐メロ。 商店街を抜けたあとに見かけた焼き鳥屋のBGMも懐メロ。

ここまで来ると怖くなる。皆過去を生きているのか?もう人生は10。20の頃聴いた音楽を反芻するだけなのか?懐メロは忘れた頃に聴くから懐かしいのではないのか?

こうも巷に溢れる懐メロに「懐かしい」とは違う別の意図を感じる。

正直、今は懐メロは聴きたくない。

Kindleアンリミテッドで『千歳くんはラムネ瓶のなか』を読んでいるのだけど、1巻のストーリーの流れにリア充の高校生の主人公が不登校になった典型的なオタクをリア充にしていくというくだりがあります。

前に見た、主人公がリア充ヒロインの元でリア充を目指す、アニメ『弱キャラ友崎くん』 と共通する感じ。

少し前に私への質問で「陽キャになったら何がしたいですか?」というのがありました。 

で、考えてみました。その際に考えるの前提として「中高生に”陽キャ・リア充として”もどれたら」ということだと思います。今40過ぎて陽キャもへったくれもないですから。

しかし、私の生まれ育った場所の中学、高校でいう「リア充」は思い返してみても全然そうなりたいと思えるような環境ではなかったのです。なんというか全体として知性と人間性が全然足りない感じ。
そんなんなら、放課後に毎日通っていたゲーセン仲間のほうが面白い人が多くむしろその場所ではすでに私は「リア充」で「陽キャ」だったのです。

 『千歳くんはラムネ瓶のなか』『弱キャラ友崎くん』 に存在する「リア充」「陽キャ」という世界は、そこに知性と人間性があるのです。あれが私の時代の中高だったらそりゃなりたかったでしょう。ある意味そういうまともに会話が成立する世界という部分がファンタジーなんですよね。

今の時代、それも偏差値高めの都会の学校だったらそういう世界もあるかもしれませんね。


シン・ウルトラマン見てきました。よかったです。
特に音楽。これまでのウルトラマンの音楽を中心としながら、世界観をしっかり作り上げていました。これは昔の曲使えばそれでOKというような簡単なものではないです。シン・ゴジラの時もでしたが、これは庵野秀明さんの映像・音楽の理解度の高さによるものでしょう。
 

予告のあったシン・仮面ライダーも楽しみです。

それだけ良かったので、気になったのが他のアニメ映画の予告。どれもこれも似たりよったりというか、いかにも映画のトレーラームービーのような音楽でその作品ならではのサウンドではないです。ハリウッド映画がそういうのばっかりなのはしょうがないですが、日本のアニメ作品までハリウッド映画のマネをする必要はないと思います。そこがすごくもったいない。 

実写の邦画ではそういうサウンドにはならないので、アニメは制作側が海外を意識してるからじゃないか という気がしますが、それなら逆じゃないでしょうか。

予告なので実は本編と関係ない音楽を当ててる可能性もあるのですが、それはそれで音楽の力を軽視してると思います。

日本の映像コンテンツは十分に面白いです。他国のことなんかきにせず、自信をもって作って欲しいです。

↑このページのトップへ