月別アーカイブ / 2017年03月




私はこのブログ以外にも
ich channel
こんにちわ、家は仏教派、コーヒーは断然カフェオレ派のich(いち)です。 みなさま、まずはこちらをお聞きください。 (ちなみに、一度流した音楽はそのまま聞きながら記事を読み進められるのがおすすめです。) 素敵な音楽に、まるでどこかの有名アーティストのライブ・・・!?と聞き入ってしまう歌声。 周りの方の歓声もすごいですよね。 ・ ・ 実はこれ、海外では超有名なクリスチャンバンド。 つまり、ここで歌っている人たちは全員「クリスチャン」=キリスト教を信じている人 なのです。 キリスト教ってなんだと思いますか? キリスト教、と聞くと大抵の人は「え?なにそれ?」という反応をすることでしょう。 私も最初はそうでした。 しかし、今回一緒に旅をしているかんちゃんは、なんと生まれながらのクリスチャン。 大阪に滞在している時の毎週日曜日は礼拝に通っているということで・・・ こんな流れで、わたしも一緒に教会に連れて行ってもらうことになりました。 教会ってそもそも何? 教会とは、 宗教(特にキリスト教)の教義を説き広め、また礼拝するための、建物、または組織。 のことを指します。そのため、私たちからすれば「キリスト教を信じている人じゃないと入ってはいけない場所」と認知している人がほとんどだと思うのですが・・・ キリスト教じゃないから入ったらあかん建物ってなんやねん! おお!急に会話に入ってきた! ということで、キリスト教じゃない人(以下ノンクリスチャンと書きます)の私たちでも、気軽に立ち寄っていい場所なのだそう・・・! ま、基本的に日曜日に礼拝をするところが多いので、それ以外の曜日は空いてなかったりするんだけどね・・・ これはその教会によるそうなのですが、毎週日曜日には「礼拝」といって、クリスチャンの人たちが神様を褒め称えるということが行われるので、そのタイミングでノンクリスチャンの人が教会を訪れることも結構多いのだとか・・・! ちなみに、教会は全国各地に8000前後あるのだとか・・・! その中でもかんちゃんのこのようなチョイスから・・・👇 Q. この教会を選んだ理由? ・近辺の教会をネットで調べる ・HPがある教会を見つける ・活発そうな教会に行きたいって思う ノンクリ目線で考えても、 ・教会のホームページがある ・ネット上で活動しているのがわかる この辺りは、大切だなって思った。
www.radflumpool.com
という雑記ブログを書いています。✍🏻


そこで一度、
転職の記事を書いたことがあるんだけど、


自分の好きなことで生きていくって、
想像以上に難しくて、覚悟がいることなんだなって最近思う。


でも、自分に嘘をついてまで、この世の中にあるたくさんのしがらみに、つかまらなくていいよって、それは本当にね、すごく思う。

私が前の職場にいた時、たぶん私の代わりなんて、たくさんいるんだなって実感して生きていた。

でも、その代わりを見つけられたくなくて、
自分にしかできないことを、ずっと、必死で探してた。

誰に、求められてもいないって、
すごく悲しいから。

必死で探して、自分にしかできないことをして、周りに尊敬されて、認められたらさ、

もっと仕事って楽しくなると、そう思ってたの。本気で。



だから、身を粉にして働いて、働いて、働いて。度重なる残業に、出勤要請も全部引き受けて。 

誰かに認めてほしいって思いながら仕事して、気付いたら、自分がもうボロボロになってたなぁ。


ちょうどその頃、実家にいる両親と色々あって、毎日連絡を取り合ってた。

私のことを誰よりも愛してくれてるお父さんとお母さん。2人のためならなんだってできるっていえる、最高の家族。 

そんな家族が、傷付いて、ボロボロで、大変だった時期。

毎晩毎晩電話して、「大丈夫だよ」って励まして。

でもね、ほんとは誰よりも、
飛んでいってあげたかったんだよ。


そんな電話を100回かけるより、 
1回でもいいから、そばにいてあげたかった。


私が、そばにいるよって、 お父さんとお母さんは世界一だよって、直接言ってあげたかった。


それなのに、言えなかったんだ。

だって、明日も仕事だから。
だって、やらなきゃいけないことがあったから。


「私じゃない誰か」もできる仕事をするために、「私じゃない誰か」はできない、家族に会いに行くってことを、放棄しなきゃいけなかったの。


それが辛かった。ものすごく。



私は、私の、大好きな人達のおかげで生きてるのに。


その大好きな人達と、この愛する世界で生きていきたいって思ってるのに。




誰かの代わりのために生きてる世界の自分なんか、居なくなってもいいと思った。

だって、自分と自分の愛する人のために生きてる世界で、私は生きていきたいと思ったんだ。




_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3480.JPG





もうすぐ4月になる。
新しい門出に立つ人達がたくさんいる。

新しい世界って、きっとちょっとの期待と、たくさんの不安で成り立つ世界なんだと思う。








その世界で、誰のために生きたっていいんだけど。



でもね、わたしは、


あなたが生きていたい世界は、

多分あなたの上司や、会社のために必死で働く世界ではなくて、

あなたの大好きな人達に囲まれた、あなたのための世界だと、そう思うんです。



だから、

もしも辛くなったり

どうしようもなくなったら

いつでも誰かに甘えてね。

あなたの優しい世界の中で生きている大切な人たちに。




私はいつも、そうやって頑張るみんなの背中を、押せる存在でありたいなぁって思うんです。








🎉💗LINE@開設しました  



お悩み相談などはこちらへ😌😌
恋愛😘に関する質問も募集中です💘



_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3447.PNG


はてなブログはこちらから😉💖




  


Twitter メインに更新中 …🐦


フォロワー1700人突破!
ぜひフォローしてくださいっっ💖













よくある日常の風景に、君という存在が馴染んだのはほんとに一瞬だったのに、よくある日常の風景から、君を記憶をなくすのに、どれだけ時間がかかっただろう。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0798.JPG



初めて人と付き合った時、わたしは神様の存在を心から信じて、ありがとうって心から思ったのを覚えてます。

道端に咲く花も、チュンチュンなく小鳥も、
見えるものやすれ違う全ての人や、物に対しても、「ありがとう」って思ったし、綺麗だなって思った。

自分にも、こんな幸せって訪れるんだなぁって思った。

そういうあったかい気持ちを、これからも、これまでも、「忘れていたくない」って、そう思ったんです。


LINE@で相談を受けるようになって、やっぱりダントツに多いのは失恋のお話で、その延長には、「どうして恋愛ってこんなに辛いのだろう」という想いがあるのだと思うのですが、

辛い恋愛ばかりを経験していると、脳内では恋愛=辛いもの という概念が固定してしまって、なかなか次の1歩に踏み出せないんじゃないかなぁと思います。


もう傷つきたくない、嫌われたくない。

そういう思いがあると、なかなか、恋愛をした当時の「あったかい気持ち」みたいなものを、思い出すのが難しくなってしまうのかなぁと。


本来、「人を好きになる」という気持ちは、とても素敵なものだと思います。

でも、今の現代で、セフレ、ソフレなどの、「恋人としか受け入れられなかったこと」を、恋人じゃなくても、当たり前のようにできてしまうような関係性が流行るのは、

きっと、この「人を好きになる」あったかい気持ちを、忘れてしまった人たちがたくさんいるからかもしれない。



誰かを適当に愛してれば
美味しいところだけ確保してれば

傷つかない。
傷つけない。


でもその代わり、
本当の恋愛もそこにはないんだもんね。


そう思うと、寂しくて、
やっぱり少し、悲しくて。



毎日が楽しくて楽しくて、「幸せだ!」と心から思えていたあの頃。

「死にたくない」と何度も思ったし、将来自分がおばあちゃんになった時、隣にいてくれるのは君なのかなぁなんて思ったりしていたあの純粋な気持ちは、

あの時の純粋な「あなたを好き」という気持ちは、


紛れもなくキラキラしたものだったのに。


自分が自分でなくなってしまうほど人を好きになった経験がある人ほど、その後の寂しさや、苦しさから、抜け出せなくて、もがいてる。

そういう人たちが、きっと、沢山いるんだと思うから。


「人を好きになる」って、本来はもっと、ずっと「幸せ」なこと。

「誰かを心から愛する」って、「自分を心から愛せる」人じゃないとできないこと。


だからもっと自信を持って、
沢山恋をしてほしいし、
沢山人を好きになってほしい。

怖がらなくていいから、どうかその
「自分の好き」に自信を持ってほしい、と。

忘れられない思い出にすがって、いつまでも自分を苦しめてしまうのは、あなたがそれだけ、誰かを好きだったという証でもあるんだから。



ブログを書く、ということに対して、いろんな思いが巡る今日この頃だけど。

そんな人たちが心からまた誰かを好きになれる未来に向けて、なにかお手伝いができたらいいな、と思う気持ちはやっぱり変わらない。


あなたが、

大切な人と
大好きな人と
幸せな未来を築けますように。







これから大阪へ帰ります。✈
長いようで短かった福岡は、沢山の人に出逢えました。

いろんな人たちに出会うと、いろんな感情に出逢うことがまた増える。今回も、感謝、感謝です。






それでは、またね。





P.S.
LINE@では、皆様からの恋愛のお悩みを随時募集しております。


_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3447.PNG

ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ☺️💭

🌸Twitterはこちらから🌸











LINE@からのお悩み相談

「ichさん、恋と憧れの違いはなんだと思いますか?」


こちらの質問については、内容は違えど似たようなものをたくさん受けたので、言及させてもらいます。


恋と憧れの違い…
それは…










彼と本気で向き合ってみた最後に、残るもので判断すること


です。



ぶっちゃけ、恋か、憧れか、なんて

どっちでもいい

んですよね(笑)



その人を好きな気持ち、
その人を素敵だと思う気持ち、
その人に会いたいと思う気持ち、



それは全部、「あなたのホントの気持ち」
なんだから。


憧れから恋に発展することもあるし
恋だと思ったけど憧れだったなぁって
気付くこともあります。



付き合う人って、

自分よりすごいなって思うところがあったり
この人といたら自分は幸せになれるなぁって思えるポイントがあったりするものなんですよね。


だから、

その尊敬するポイントが最初は憧れから入ったって、なんら不思議ではないのです。



たまに、芸能人のことを本気で追いかけまわしてる人たちをみることがありますが、


誰がなんと言おうと、あれは、
彼女達からしたら、「本気の恋」なんです。



それが、手の届く存在か
届かない存在か。

違うのはそこだけで。







大切なのは、あなたが彼と

どうなりたいのか、
何を伝えたいのか、
どうしたいのか。


全てはそこですよね。


そして、それに気づいたら、



動くか、動かないか。


決めるのはあなた。
動くのもあなた。


動いても何も変わらないかもしれないし、
後悔したり、落ち込むこともあるかもしれないけれど、これだけは言えます。


動かなかったら、関係性はずっと今のまま。



あれこれ悩んだり、相手の気持ちを推測してしまうのも恋愛の醍醐味ですが、


憧れの相手であればあるほど
きっとライバルも沢山いるし
彼を狙ってる人も他にもいるのだと思います。


それなら、


動いた者勝ち

なところは、少なからずあるだろうなぁって。





気持ちは言葉にして伝えない限り、相手には何も伝わらない



ものですからね。


想ってるだけで幸せなら、憧れのまま終わらしてもいいかもしれないけどね。




どうするかは、あなた次第😌😌😌




_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0528.JPG

人は、「出逢うべくして出逢う」といつも思う。
恋に怖がって進めない私に、恋を教えてくれたのはあの人で
想いを伝えられない私に、伝える大切さを教えてくれたのはあなたで。

そうやって、少しずつ
「出逢い」と「別れ」を繰り返しながら
人は最後まで、そうやって、
自分にとって必要で、大切だと思える人たちに、
出逢っていくのかもしれないな。

そう思うと、今の感情ひとつひとつを、
大切に持っておきたいと思う。
感じること、見えること、景色、すべて。

わたしたちは忘れることも、
一生忘れないことを選ぶことも、出来る。


一度きりの人生だから。

思いっきり、恋しよう。




。゜⋆。゜⋆



まだまだお待ちしております😌💭

↑このページのトップへ