_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3784.JPG

仮想通貨でめちゃ稼いだ人は、そろそろ税金について勉強しなければなりません。

確定申告は2017年の1月〜12月までに稼いだ金額に対しての税金を、翌年の3月15日までに申告し、3月末までに納付する必要があります。

ちなみに僕は今年初めて行きましたが、3月はめちゃめちゃ混んでるので、早めに申告して納付することをオススメします笑笑


さて、仮想通貨にかかる税金は《所得税》になります。
ちなみに申告は《所得税》の中の《雑所得》になります。

👇国税庁のタックスアンサーより
No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係|所得税|国税庁
www.nta.go.jp
《所得税》は累進課税になり、その中でも
《総合課税》の《累進税率》になります。

《総合課税》とは、他の所得と合計して税率を決めます。

例えばサラリーマンの方は給与所得と合算して計算します。

そして累進課税の税率は、所得の合計金額が大きければ大きいほど高くなります。

日本の累進課税税率は下記になります!

《累進税率》
〜195万円 ➡︎15%
195万円〜330万円 ➡︎20%
330万円〜695万円 ➡︎30%
695万円〜900万円 ➡︎33%
900万円〜1800万円 ➡︎43%
1800万円〜4000万円 ➡︎50%
4000万円〜 ➡︎55%

これに追加して《所得控除》というものがあります。

《所得控除》(所得税率)/(控除額)
〜195万円 ➡︎5% / 0円
195万円〜330万円 ➡︎10% / 97.500円
330万円〜695万円 ➡︎20% / 427.500円
695万円〜900万円 ➡︎23% / 636.000円
900万円〜1800万円 ➡︎33% / 1.536.000円
1800万円〜4000万円 ➡︎40% / 2.796.000円
4000万円〜 ➡︎45% / 4.796.000円



例えば、
2017年の仮想通貨の利益が300万円で給与所得が500万円だった場合。

まず給与所得の税金が
500万円 − 427.500円(所得控除)

4.572.500円になり、所得税率が20%なので

4.572.500円 × 20% =914.500円になります。

この914.500円は通常であれば、会社が源泉徴収として自動的に給与から差し引いてくれます。


さて、仮想通貨で300万円を稼いだ場合、300万円と500万円を足した800万円に対して税金がかかります。

まず、800万円の所得税率が23%で、
控除額が636.000円になります。

サラリーマンの場合、より高い税率が採用されるため追加の支払いが発生します。


まず給与所得の税金が
500万円 − 636.000円(所得控除)

4.572.500円になり、所得税率が23%なので

4.364.000円 × 23% =1.003.720円になります。

もともと差し引かれる金額が
914.500円だったので、89.220円税金が増えています。

そして仮想通貨の利益300万円にかかる税金が

300万円 − 636.000円(所得控除)

2.364.000円になり、所得税率が23%なので

2.364.000円 × 23% =543.720円になります。

ですので、89.220円と543.720円を足した
632.940円の支払いが発生します。

んーめんどくさいですね笑笑

心配な方は早めに税理士さんに相談することをオススメします。

税理士さんも親身に相談に乗ってくれます。

ギリギリだと税理士さんも忙しくなってくるので早めの相談をオススメします。

本日もお読みいただきありがとうございます。

------------------------------------------

★ブログには書けないインサイダー情報
リアルタイムな相場実況をLINE@で配信中です!
➡︎https://goo.gl/31oz2W
LINE Add Friend
goo.gl

@unj0804u(@も含めて)検索!


★Twitterも始めましたので、よろしければフォロー&リツイートよろしくお願いします!
➡︎https://mobile.twitter.com/bitcointaro
ビットコイン太郎 (@bitcointaro)さんはTwitterを利用しています
twitter.com


★ブログランキング参加しました(クリックお願いします)
➡︎https://blog.with2.net/link/?1940204