生誕以来、「いいことも悪いことも長く続かない」と自分に言い聞かせ続けてきた。

いいときは気が引き締まるし、悪いときは救いになる。

どうやらこの言葉、万能なのかなぁと噛み締めている。

そして「いつか終わりは来る」とも言い聞かせ続けている。

続いてるときは有り難みに気がつくし、終わったときは慰めにもなる。

どちらもあたりまえだし、法則的なものだ。だけど都会で暮らしていると、あたりまえのことがどんどん分からなくなる。

便利になったくせに時間は無くなったなぁと思った。
j44_ysuMt7.jpg
ビルは高くなったけど、ひとの気は短くなった。高速道路は広くなったけど、視野は狭くなった。

お金は使うわりに得るものは少ない。ものは増えたのに自分の価値は下がっている。

専門家は増えたのに問題は増えているし、正しいひとはルールの中で優しさを失っている。

飲み過ぎ食い過ぎ吸いすぎで、笑うことは減り、よく眠れない。朝起きたときにはすでに疲れている。

読書をしなくなった分、いいねを探す時間が倍増した。神仏や先祖に祈る時間もめっきり減った。

生計を立てるやり方には詳しくなったけど生きることには安易で稚拙になった。急ぐことばかりで待つことは減った。

月まで行けるわりに隣人とはトラブルばかり。

大規模なことに挑戦しているわりに善いことは成し遂げられていない。

空気を洗浄した分、魂は汚れている。

核までコントロールできるようになったのに差別は一向に消えない。

飽食に任せて身体ばかりでかくなったくせに人格は小さい。

支配できるものは増えたのに自分の行動一つ支配できない。

そして見栄とプライドばかり肥大化して、うつ病の果てに次々とひとが死んでいる。

TwtsmEdHnF.jpg

忘れちゃいけないことがある。

今いるひとたちと多くの時間を過ごすこと。たくさんハッとすることだ。なぜならその時はもう永くは続かないのだから。

自分の近くにいるひとはいずれ遠くに行く。あなたと近くにいる僕はいずれ遠くに行く。

あなたを慕うひとにも目一杯優しく接する方がいい。彼等も大きく強くなっていずれは遠くに去って行く。

死ぬまでに一度でも多くハッとしたい。一度でも多く心震えていくことだ。

大事なひとと大事なことをしていく。限られた時間の中で。本当はそれだけでいいのだ。