僕は都民だ。首都に住んでいる。「東京さ言ったら都会なんだろ?」とお思いかもしれないが、東京にもいろいろある。

昨日、白丸駅というところに行ってきた。

一日の乗降者数が都内最低の秘境駅だ。もちろん無人。でも都内は都内だ。

新宿から西武新宿線に乗り込み終電の拝島を目指した。平日の昼ということもあり、車内はガラガラ。

途中、玉川上水駅があって少し感動。
ここで大宰が死んだのかと思うと、時を越えた気分になる。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0727.JPG

青梅線に乗り換えて奥多摩線に乗り換える。何故かドアの開閉がボタン式だった。自分で開けて自分で閉める。何故だろう。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0728.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0729.JPG
到着。新宿から二時間かからないぐらいだろうか。

屋久島やキュランダなどいろいろ見てきたが、ポイントはここが都内だということだ。都内でコレはすごい。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0732.JPG
駅には人間もいないし、乗り越し精算が出来ない。

ICカードの残高が無かったら後日自己申告らしい。チャージしといて正解だった。

奥には自殺志願者へ向けたスパイシーなメッセージでお出迎えだ。
どうでもいいが、「気づいていのちの大切さ」の心に響かない感じには改善の余地がある。

降りて歩くも、とにかくひとがいない。
いろんな秘境に行ったし、山も登ったがここまでひとがいない場所に行ったことは無かった。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0733.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0735.JPG
これ多摩川なのだ。
小田急沿線や京王沿線に住んでいるひとからしたら衝撃だろう。

汚くない緑だった。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0736.JPG
地獄への入り口みたいなトンネル。真ん中だけ洞窟のままだった。理由は知りたくもない。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0737.JPG
民家が一応あるが、ひとの気配はしない。
左に映ってるパイプみたいなのがカッコよかった。巨大な配管とかカッコいいよね。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0738.JPG
東京都と書いてある。MIYAKOの定義が難しくなってくる看板。歩いて奥多摩駅を目指す。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0739.JPG
到着。終電だけあって、栄えている。

「気が晴れぬ。新宿からできるだけ遠くに行きたい」と思ったのだが、いい遠さだった。座標軸の距離以上に都会との距離を感じられた。

都会で生きるのが嫌になったら白丸で生きるというやり方もある。
「振り下ろさない手段」を持ってると持ってないとでは、心の余裕がずいぶん違う。

国連での核保有国の発言が通りやすいのと同じだ。「最後の手段」が自分の「最初の手段」を押し上げてくれたりもする。