中島らもの命日らしい記事を書こう。

アル中だなぁと思う。そう、絶賛アルコール中毒なのだ。

飲みまくっているアル中ではなくて、飲んでいないアル中だ。


もう1年以上もやめているのに、酒が飲みたくて仕方ないのだ。この感覚って普通に怖い。「油断すると手を出してしまうものがある」って恐ろしい。正直、人間として比較的危ないところに位置している。


薬物中毒は精神依存から身体依存にフェーズが進むと、一生抜けられなくなるという。果たして僕はどの段階なのだろうか。


もし身体依存に片足を突っ込んでいるなら、「もう飲まない方がいいで」という段階なのかもしれない。


現状、深刻な段階なのであれば、別に全然それはそれでいい。諦める。酒だって一生やめてもかまわないのだが、単純に自分がどうなのかを知りたい。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0376.JPG



元々「適度なレベルでやめておく」ができなかった。


美味くもないのに手放せなくて、ずっと飲んでいたツケが回ってきたのだろうか。


「飲んでいないのに急遽飲みたくなる」ってなんだか業の深さを感じる。



そういえば飲みだした年齢は早かった。飲酒キャリアがわりとひどいんだった。

学生のときは、飲みたくて仕方ないとき、タオルに消毒用アルコールを吹きかけて吸い込んだりしていた。



「ほどほどに楽しむ」ができない人間は手放すしかない。中毒ってそういうものだ。減らすが通じないときは「断つ」しかない。


「なんで酒やめたの?」とたまに聞かれる。



「アル中だからだ」



という答えが一番正しい気がしてきた。「バスケットマンだからだ」みたいだ。


アル中に関して詳しいひとがいたらいろいろ教えてほしい。

ぶっ壊れるほどの強度の運動でかき消そうとしている。「性欲はスポーツで発散しなさい!」という保健の授業ぐらい無理やりなロジックだ。効果はあるけれど。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0704.PNG