月別アーカイブ / 2017年08月

いろんな「終わってること」がある。

終わってる会社、終わってる関係、終わってる人、終わってるバンド、終わってる人生。


先日。会った「ひで坊」なんてひどい。

シャブやって人殺して刑務所入って、最近出てきたばかりらしい。


服役を終えて、罪を償ったから今は真っ当な存在なのだろうが、まぁ終わってる。ほとんどのひとがひで坊と話したら「コイツ終わってんな」という感想を抱くだろう。

「覚せい剤やめますか?人間やめますか?」の理屈で言うなれば論理的に終わってる。

でも、不思議だ。終わってても彼はわりと楽しそうだった。


エンドロールが悪くない映画のような、諦めないロスタイムのようなささやかな興奮もあるのかもしれない。

終わりは迎えているのだろうけど、終わってからの余白がそれなりに捨てたもんじゃないものってある。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0686.JPG

僕も終わっていた時期がある。

あの頃は、あらゆることを諦めてひたすら呼吸の回数を重ねていた。
世の中のすべてが気に入らなかったし、自分がどうなっても構わないと思っていた。眼前に広がる未来は真っ暗で腐りきっていた。


今はどうだろうか。終わってるつもりはないが、急に終わるかもしれない。分からない。


でも終わってからも足掻かないとなぁと思う。というより足掻いていたい。諦めると、ダサくなる。

いや、終わってる時点でクールもダサイも無いんだけど。
でも諦めるともっとダサくなるのも事実らしくて。


終わりたくないけど、どこまでいっても自分を保つか保たないかを決めるのは自分自身だ。

できる限りそこにいたいし、できる限り手を伸ばしていたい。あなたもそうだろう。

そんなひとの心臓を叩くためにステージが続いている。照明は未だ落ちず、黙りこくる様相を見せない。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0704.PNG

名古屋アップセットだった。もっと名古屋来たいなぁ。待っててくれるひとおるところには行きたいなぁ。
久しぶりの場所に行くと、果てるまでに何度会えるのかと考えてしまう。


ほとんどのひとが組織、グループ、集団に属していると思う。僕もそうだ。

集団の特性として、「何かを試しやすい集団」と「何かを試しづらい集団」がある。

これは「組織の空気」みたいなものなので、曖昧だが明確にあると思う。あらゆる面で前者が勝る。
何かを試してみて、仮に損害が出たとしても「試し」なのだから問題は無い。挑戦して実益が出なくても、「挑戦した」ということは紛れもなくキャリアになる。

「試す」には推進力がある。物事を前に進めるパワーだ。

苦難に包まれているときや、情勢がマズイときの特効薬は「試しに動くこと」だと思う。

ヤバイときに「待ち」に固まっていてもジリ貧になるのが世の常だ。「待ち」を使うときは「待ち」のリスクのデカさを背負うことだ。「待ち」は麻薬だ。

そして大切なことがひとつある。
「変化」は大変だしカロリーも使うけど、人間はそもそも「試す」のが大好きな生き物だという事実だ。

恒温動物である人間は恒常性維持機能がある。
そのせいで、環境の変化に強いストレスを感じる。

だけど、「とりあえず試す」に関しては快楽物質が出る仕組みになっている。

何でもかんでも試してきた。とにかくひたすら試して、ここまでやってきた。

個人でも集団でも「試してみる」が壁を破るキッカケになるときかある。

今、あなたが大変なら何かしらワクワクすることを試してみてほしい。きっとうまくいくぜ。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0704.PNG


ゲリラライブで京都グローリーだった。もはや関西にまで魔の手が及びだした。ていうか力を貸してくれてありがとうございます。グローリー。あしたは名古屋へ。

 



Kindle Unlimitedという新しいAmazonのサービスにハマっている。

月額1,000円以下で電子書籍が読み放題なのだ。全部が全部ではないけれど、けっこうな本が読みまくれる。


10年前の「そんなことできるわけないやん」が溢れ返っている。凄いスピードで「できるわけない」が「できる」に姿を変えている。


「本がいっぱい読めるから」という理由はあるけれど、最新サービスから貰っているものがある。



安易で大げさな言葉だけど「勇気」みたいなものだ。


「ヒント」みたいなものかと思っていた時期があるのだけど、アレはじつは「勇気」だったんじゃないかなぁと思う。


dbbcd81a.png



うまくいくか分からないことだったり、前例がなかったり、いろんな反対があったりをくぐり抜けて世の中にたどり着いたサービスがいくつかある。


を見ると未来過ぎてワクワクする。実験と完成の最中みたいなものが山のようにある。


eRaJS9O75J.42.03.png





ロックバンドだってそれは示せるんじゃないかなぁと思う。


誰かにとっての「勇気」かもしれないし、「ヒント」になるかもしれない。

一朝一夕にもできないし、楽にたどり着くものではないのだろうけど、遊びながら楽しみながらやっていった先の物事はつまらないものにはならない予感がしている。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0704.PNG

 

↑このページのトップへ